タカタなど5社、シートベルトやエアバッグの価格カルテルで制裁金…欧州委

タカタのエアバッグ
欧州委員会は11月22日、タカタなど日本の自動車部品メーカーを含む5社に対して、価格カルテルの制裁金として3400万ユーロ(約45億円)を課すと発表した。

制裁金を課せられるのは、タカタ、東海理化、豊田合成、丸高の日本の4社に、スウェーデンのオートリブを加えた5社。5社は、自動車向けシートベルト、エアバッグ、ステアリングホイールなどの価格に関して、カルテルを結んでいたとされる。

欧州委員会の調査によって、判明した違法行為は4件。トヨタへのシートベルトの販売(2004~2010年)、トヨタへのエアバッグの販売(2006~2010年)、スズキへのシートベルトの販売(2008~2010年)、ホンダへのシートベルト、エアバッグ、ステアリングホイールの販売(2006~2010年)。

なお、5社のサプライヤーはすべて、カルテルへの関与を認め、この問題を解決することに同意している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス