三菱エクリプス クロス、米国仕様に新開発コネクト採用【ロサンゼルスモーターショー2017】

三菱エクリプス クロスの米国仕様車
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは11月28日、『エクリプスクロス』の米国仕様車に新開発コネクテッドカーサービスを採用すると発表した。実車は11月29日(日本時間11月30日未明)、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2017で初公開される。

三菱自動車は従来、コンパクトSUVの『RVR』とミッドサイズSUV『アウトランダー』、『アウトランダーPHEV』というクロスオーバーSUVをラインアップ。ここに新たに追加された新型コンパクトSUVが、エクリプスクロス。SUVラインナップを強化する。

その米国仕様車には、三菱自動車として初となる新開発のコネクテッドカーサービス「ミツビシ・コネクト・セーフガード&リモートサービス」を採用。万一のトラブルが起きた際、車内のボタン操作でコールセンターに繋がり、緊急サポートセンターやロードサイドアシスタントのサポートが利用可能。

さらに、「セーフガードサービスパッケージ」には、自動衝突通知、SOS緊急支援、情報アシスタンス、ロードサイドアシスタンス、盗難車両アシスタンス、アラーム通知などが含まれる。「リモートサービスパッケージ」では、アプリから車内の温度設定などのリモート操作が可能。リモートドアロック/アンロック、リモートホーン、リモートライトなども含まれる。

マイ・ミツビシ・コネクト・アプリは、AndroidとAppleの両方に対応。一度ダウンロードして登録すれば、ユーザーはモバイルデバイスから、セーフガードサービスパッケージとリモートサービスパッケージの両方にアクセスできる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス