パーソナルモビリティ ILY-Ai で「非日常の演出」…アイシン精機が実証実験へ

アイシン精機 ILY-Ai
アイシン精機は、パーソナルモビリティ「ILY-Ai」の実証実験を、2017年11月13日から2018年3月30日まで、ラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)で実施すると発表した。

ILY-Aiは、乗車モード「ビークル」、立ち乗りスタイル「スクーター」、便利に荷物を運搬できる「カート」、使った後はコンパクトに収納できる「キャリー」の、4つのスタイルに変形できる未来のパーソナルモビリティ。アイシン精機が2020年の実用化をめざし開発を進めている。

今回の実証実験は、複合型リゾート「ラグーナテンボス」にて、ILY-Aiの試乗体験会やガイドツアーなどのイベントを取り入れていくことも検討。パーソナルモビリティならではの特徴を活かし、園内の「非日常空間の演出」に貢献しながら、車両の評価、試験を進める予定だ。

11月13日から始めた第1期実証実験では、開発者がILY-Aiに乗って園内を移動・巡回。来場者を対象とした実証実験に向け、走行性能や信頼性の評価を行っている。そして2018年1月からは、第2期としてラグーナテンボスの指定エリア内で、一般来場者を対象に試乗体験会を実施。ユーザーからの声を開発に取り入れ、性能や信頼性の向上をめざす。さらに第3期では、園内でILY-Aiを用いたガイドツアーを行って、あらゆるユーザーにILY-Aiを体感してもらう計画を進めている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス