ダイハツ、スマアシIIIの普及促進…ウェイク と ハイゼット キャディー にも搭載

ダイハツ ウェイク
ダイハツは、軽乗用車『ウェイク』および軽商用車『ハイゼット キャディー』を一部改良し、11月30日から販売を開始した。

2014年11月発売のウェイクは、見晴らしの良さや軽最大の室内空間を実現したパッケージングに加え、レジャーに最適な仕様や装備が特長。またハイゼット キャディーは、「人の働きやすさ」にこだわった新ジャンル軽商用車として2016年6月に発売。高い静粛性と使い勝手、低燃費が特長となっている。

今回の一部改良では、車両だけでなく歩行者も認識し作動する衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を両モデルに搭載するとともに、リヤコーナーセンサーを採用。政府が交通事故対策の一環として普及啓発している「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当することとなった。

さらにウェイクには、4か所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全性能を向上。ハイゼット キャディーは、車速感応式間欠フロントワイパー、セキュリティアラームを全車標準装備とした。

価格はウェイクが135万円から184万1400円。ハイゼット キャディーは価格を見直し、112万3200円から147万9600円と、購入しやすい設定とした。

ダイハツは2016年11月、『タント』に最新の衝突回避支援システムであるスマートアシストIIIを初搭載。以降、『ミライース』『ムーヴ』『ムーヴキャンバス』『キャスト』など、主力車種へ積極的に搭載を進めている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス