ジャガー初のEV「I-PACE」に大接近…最終形が見えてきた

ジャガー I-PACE スクープ写真
ジャガー初のEVとなる『I-PACE』生産型プロトタイプに、これまでで最も接近して撮影することに成功した。生産型パーツと思われるヘッドライトのLEDウィンカーが点灯する様子も初めて捉えている。前後にはカモフラージュが施されているが、その全貌が徐々に見えてきた。

スタイリングは、2016年にロサンゼルスモーターショーで公開されたコンセプトほぼそのまま。ハッチバックとスポーツクーペ、そしてSUVが融合したような低くワイドなシルエットが特徴だ。むき出しのフロントグリル部から覗く電気系パーツは、このクルマがガソリン車ではないことを主張している。また左フロントフェンダー部には給電口が設けられるようだ。

ボディサイズは、上位クラスの『F-PACE』より50mm全長が短く、全高は90mm低い。全幅は40mmタイトとやはりかなりのコンパクト感だが、ホイールベースは115mmも長く、そのフットスペースはBMW『7シリーズ』をも凌ぐという。

パワーユニットは既に公式発表されている通り。ジャガー・ランドローバー製の90kWリチウムイオンバッテリーを搭載し、最高出力は400ps、最大トルクは700Nm(71.4kgf・m)だ。また0.29のCD値により0-96km/h加速はおよそ4秒のパフォーマンスを発揮する。また、1回のフル充電で350km~400kmの航続が可能だ。

生産型は2018年にも公開予定で、オーストリアのマグナ・シュタイア工場で生産を開始する。また2018年シーズンよりフォーミュラEのサポートレースとして、I-PACEのワンメイクレースがおこなわれることが明かされている。I-PACEのパフォーマンスを目の当たりにすることができる日は近い。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス