スバルの3列シートSUV アセント、アイサイトが全車標準【ロサンゼルスモーターショー2017】

スバル・アセント(ロサンゼルスモーターショー2017)
SUBARU(スバル)は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2017で初公開した新型3列シートSUV、『アセント』に「アイサイト」を全車標準装備すると発表した。

アセントの全グレードに標準装備されるアイサイトには、プリクラッシュブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、ふらつき警報などが含まれる。レーンチェンジアシストとリアクロストラフィックアラートによるブラインドスポット検出も可能。フロントガラスのヘッドアップディスプレイには、アイサイトシステムの警告のほか、車両に関するシステムステータス情報が表示される。

最上級グレードの「ツーリング」には、フロントグリルのカメラを使用して、マルチファンクションディスプレイに車両のフロント180度ビューを表示する新開発のフロントビューモニターを採用。リアゲートガラスの上に配置されたカメラが捉えた車両後方の視界を表示するスマートリアビューミラーも装備する。この装置は、リアシートの乗員や荷物が後方視界を遮っても、後方の視界を確保してくれる。

ステアリングレスポンシブルヘッドライトは、「リミテッド」とツーリンググレードに標準。ハイビームアシストは、先行車や対向車を検知すると、ハイビームが自動的にロービームに切り替わる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス