EVハイパーカー、リマックが新型のティザーイメージを公表 3月ワールドプレミア

リマックの新型ハイパーカーのティザーイメージ
クロアチアのリマック・アウトモビリ社は12月1日、新型ハイパーカーのティザーイメージを公式サイトで公開した。

リマック・アウトモビリ社は2011年、世界初のEVスーパーカーを標榜する『コンセプトワン』を発表。2ドア、2シーターのスーパーカーで、EV市場に参入した。

コンセプトワンは、前後アクスルにそれぞれ2個ずつ、合計4個のモーターを搭載し、4輪を駆動するシステム。最新モデルでは、モーターのパワーを136hp引き上げ、最大出力を1224hpとした。

これにより、0~100km/h加速は0.1秒短縮され2.5秒に。最高速は355km/h(リミッター作動)という優れたパフォーマンスを備えている。

今回、公開された新型ハイパーカーのティザーイメージは、流麗なシルエットが特徴。リマック・アウトモビリ社は、「2018年3月、ジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアを行う」と発表している。



(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス