日産 リーフ 新型、米国製第一号車がラインオフ

米国テネシー州スマーナ工場からラインオフした新型日産リーフの米国製第一号車
日産自動車の北米部門は12月4日、米国テネシー州スマーナ工場において、新型『リーフ』の米国製の第一号車がラインオフした、と発表した。

新型リーフは先代(初代)モデル同様、世界3拠点で生産を行う。日本の神奈川県追浜工場、米国テネシー州のスマーナ工場、英国のサンダーランド工場だ。このうち、海外工場となる米国テネシー州のスマーナ工場で、新型リーフの生産を開始。北米での新型の発売に備える。

また、新型リーフのバッテリーに関しても、引き続き世界3拠点で生産する予定。日本の神奈川県座間工場、米国テネシー州のスマーナ工場、英国のサンダーランド工場となる。

12月4日、米国テネシー州のスマーナ工場から、新型リーフの米国製の第一号車がラインオフ。2018年1月から、米国での納車が開始される予定。スマーナ工場では2013年、リーフの現地生産を開始。日本からの輸入分も含めて2011年以降、米国では11万4550台以上のリーフを販売している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス