ZMPの自動走行宅配ロボット、ゆうパックを運ぶ…日本郵便の実証実験に参画

ZMPの宅配ロボット キャリロデリバリー
ZMPは、日本郵便が福島県南相馬市で12月21日に実施する「配送ロボットの物流分野への活用実現に向けた実証実験」に参画。自動走行宅配ロボット「キャリロデリバリー」を使った実証実験を実施する。

ZMPは、自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術を応用した宅配ロボット「キャリロデリバリー」を開発。物流のラストワンマイルの課題解消や、日々の買い物を手助けすることを目指し、実証実験を進めている。宅配ボックスを搭載したキャリロデリバリーは、周囲環境を360度認識しながら最大時速6kmで自動走行し、荷物を目的地へ届けることができ、遠隔監視や遠隔操作にも対応する。

今回の実証実験では、ローソン、東北日立と連携し、郵便局、コンビニエンスストア、住宅に見立てた拠点間をキャリロデリバリーがゆうパック等や日用品を宅配。ZMPは、実証実験に参画することで、ユーザニーズを把握し、サービス提供へ向けた開発を加速していく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス