スバル インプレッサ に2018年型、最新「スターリンク」採用【ロサンゼルスモーターショー2017】

スバル・インプレッサ の2018年モデル(ロサンゼルスモーターショー2017)
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』の2018年モデルを初公開した。

インプレッサの2018年モデルの大きな特徴のひとつが、車載コネクティビティの「スターリンク」の最新版の採用。タッチパネルを核にしたマルチメディアシステムは、スマートフォンとの連携やiPodコントロール、ブルートゥースに対応。また、SOS緊急アシスタンスをはじめ、自動衝突警告、ロードサイドアシスタンス、メンテナンス通知などが導入された。

さらに、セーフティプラス&セキュリティプラスパッケージも設定。盗難車追跡サービスをはじめ、セキュリティアラーム作動通知、クラクションやヘッドライトの遠隔操作機能などが装備される。

インプレッサの米国仕様車には、直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載。2018年モデルでは、最大出力が152hpと、従来の148hpから4hpパワーアップ。トランスミッションはグレードに応じて、5速MTまたはリニアトロニックCVTを用意している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス