お値段70万円以上!東京トヨペットオリジナルのアルファード専用アフターパーツ「AERO TRANSBOARD」

クルマをカッコよくドレスアップしたり使い勝手を高めたり、さまざまな用途で選ばれるアフターパーツ。では、その“金額の上限”を皆さんはどのようにお考えだろうか?

たとえば、カーナビならば30万円でも高機能なハイグレードモデルを選べるし、アルミホイールとタイヤのセットも、車種にもよるが国産車用なら50万円も出せばかなりの高級品が手に入る。では、70万円を超えるパーツなら?

エアロパーツと一体化した電動格納式ステップ

東京トヨペットがアルファード専用に開発し、6月に発売を開始した「AERO TRANSBOARD(エアロトランスボード)」は、スライドドアの開閉にあわせて昇降用のステップが出現するというもの。

昇降用のステップは、固定式のものから電動格納式のものまで数多く見ることができるが、この商品の新しいところは、ステップをエアロパーツの一部として設計しており、格納時はステップがまったく目立たないことにある。

驚くのはその価格で、取付費込みで734,400円! 軽自動車のベースグレードが買えてしまう価格なのである。アフターパーツとしてはかなりの高額であるといえるのではないか?

電動格納式でありながらフロントバンパー、サイドステップ、リアバンパーへと繋がるエアロに完全に溶け込む設計。それでいて、強度を確保しながら電動スライドドアと連動で動作する。この内容を考えれば金額も納得はいくものの、絶対値としてどうなのだろう。しかし、東京トヨペットの広報の方にお話をうかがうと、この金額であっても需要は多いという。

「クルマと別のパーツとして考えると金額に驚くかもしれませんが、この商品をご購入いただいているユーザー様はみなさん新車時に装着されております。HYBRID Executive Loungeの約736万円に1割増で、AERO TRANSBOARD仕様というグレードとしてお考えいただいている形です。これまでのミニバン需要のファミリー層ではなく、最近目立ってきた法人ユーザー様を中心にAERO TRANSBOARDの装着車が増えてきています。これらの法人ユーザー様はリース契約として購入される方が多く、商品価格そのものよりも月々のリース料で考える方が大半です。たとえば、36回リースで2万円アップ程度なら装着しようとお考えいただいていますね」

資料を見せていただくと、その言葉を裏付けるかのようにAERO TRANSBOARDを装着したアルファードはすべてExecutive Loungeというグレードであった。つまり、法人ユースでも社長専用車や取締役専用車という位置づけのモデルなのだ。

「アルファード自体も先代から役員専用に購入される法人ユーザー様が増えてきており、現行モデルにあるExecutive Loungeや注文生産車のRoyal Loungeなどは、法人需要から生まれたモデルと言えます。そういったモデルの後席に乗られる方々には、現行モデルが先代に比べてかなり低床になっているとはいっても、ややご不便を感じる場合も多かったようで、昇降用のステップの要望は多かったのです」

既納車にも装着可能!

このAERO TRANSBOARDは新車装着だけではなく、東京トヨペットの取り扱う中古車にも同じ金額で取り付けが可能なほか、すでにお手持ちのH30W型アルファードにも取り付けられるとのこと。ただし東京トヨペットのみの取扱商品であるために、既納車については東京トヨペットの店舗で取り付けの申し込みをする必要がある。

実際にこのAERO TRANSBOARDを装着したアルファードを見てみたいという方は、葛西ショールームと蒲田店に展示車両があるので、ぜひ実車に触れてみてもらいたい。金額はともかく、あると便利なパーツであることは間違いない。

(取材・文・写真:松永和浩 編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

関連リンク

関連記事

  • 東南アジアでアルファードやヴェルファイアが人気のワケ
    東南アジアでアルファードやヴェルファイアが人気のワケ
  • スライドドア車が増えている今こそ知っておきたい、そのメリットと最新事情
    スライドドア車が増えている今こそ知っておきたい、そのメリットと最新事情