自宅をリフォームするよりお得!? 夢の大型キャンピングカー&トレーラー

予算や置き場所、機動性など現実的な問題を一切考えないなら、大型のキャンピングカーは非常に魅力的です。それはまさに走るホテル。大型のベッドを兼ね備えていたり、シャワールームを搭載していたりするモデルも珍しくありません。キャンピングカーショーで見かけた大型キャンピングカーやけん引するトレーラーを紹介しましょう。

普通免許(中型)で運転できるフルコン・バスコンも

日本ではキャブコンやバンコンがキャンピングカーの主流ですが、海外では、さらに一回り大きな「フルコン」と呼ばれるキャンピングカーが主流。これはいわば観光バスをそのままキャンピングカーにしたようなものです。

居室は非常に広く、まるでホテルのような空間をそのままで移動できます。バスサイズの大型のフルコンの場合は大型免許が必要になりますが、マイクロバスサイズのセミフルコン(バスコン)なら、普通免許(中型)を持っていれば運転が可能なんです。

メーカーによると、キャブコンに様々なオプションパーツを取り付けた場合と価格はそれほど変わらないのがセミフルコン(バスコン)の魅力。

乗用車のように小回りが利かないため、山道やキャンプ地など、一部移動が制限される部分もありますが居住性を重視するなら、セミフルコン(バスコン)を選択肢として考えるのも楽しそうです。

中型マイクロバスなら機動性も良く、乗り心地も上々です。
中型マイクロバスなら機動性も良く、乗り心地も上々です。

RVグランモービルの「Le-Seyde for You」はトヨタのコースターをベースとしたバスコン。展示されていたモデルは大型ボディながらあえて就寝人数を2人にしぼったことで快適な空間を演出しています。

居室には広いキッチンとシングルベッドが2つ、確保されていました。
居室には広いキッチンとシングルベッドが2つ、確保されていました。

本体価格は約1298万円。一見すると高価ですが、電子レンジや冷蔵庫、家庭用エアコンなど、様々な装備が標準搭載されているのが魅力です。これならどこに行っても家に過ごしているのと変わらない生活ができそうです。

家庭用エアコンを装備しており快適に過ごせます。
家庭用エアコンを装備しており快適に過ごせます。

実はお得で使い勝手がいい? けん引トレーラー

大型キャンピングカーのもう一つの選択肢が、乗用車で引っ張って使うトレーラータイプです。トレーラー自体にはエンジンなどを搭載しないため、本体の大きさがそのまま居室の大きさになります。けん引する車の方でたくさんの荷物を運びながら、快適な空間で生活できるのがトレーラーならではの魅力です。

さらに750kg以下のトレーラーなら、けん引免許不要で運転ができます。バックでの車庫入れに慣れが必要な点や、高速料金が2台分かかるといったハードルもありますが、旅行先でトレーラーを設置した後は、けん引してきた乗用車で移動して観光を楽しむといったことも可能です。ゆったりとした居室で休みたいけど、機動性も重視したい人におすすめです。

普通免許でけん引ができるコンパクトなトレーラー。この自転車の積載できます。
普通免許でけん引ができるコンパクトなトレーラー。このように自転車の積載ができます。

プロライト「プロライトEco Travel Trailer」はけん引免許のいらない750kg以下のカナダ製トレーラーです。展示されていたモデルは室内にキッチンと、対面式のダイネット(食事をしたり寛いだりするダイニングスペース)を用意。ダイネット部分を可動させることで、2人分の寝室スペースが確保できます。実際に入ってみると、外から見ている以上の広さが感じられました。本体価格は約251万円。今乗っている乗用車で引っ張るだけでキャンピングカーライフが簡単にスタートできるというわけです。

居室内には大型のキッチンと、ベンチシートを装備。
居室内には大型のキッチンと、ベンチシートを装備。

カシーテキサスの「Rodeo mini」も同じくけん引免許のいらないコンパクトなトレーラー。室内はアメリカンテイスト溢れるキッチンとダブルベッドになるダイネット、さらにソファ兼二段ベッドも兼ね備えており、コンパクトながら4人の就寝に対応できます。

バスタブを上下に合わせたような構造になっており性が高いのが特徴。
バスタブを上下に合わせたような構造になっています。

さらにもう一つのレイアウトプランではソファ兼二段ベッドがなくなる代わりに、シャワーとトイレを装備。小型ながら完全な1つの部屋として移動できます。

本体価格は280万円から。エアコンなども装備するラグジュアリーモデルも用意しています。

二口コンロ付きのきちんとダブルベッドにもなるベンチが用意されています。
二口コンロ付きのキッチンとダブルベッドにもなるベンチが用意されています。

定住向け? さらに大型タイプのトレーラーも

アメリカの映画などではまるでホテルのような大きなキャンピングカーが多く登場します。あれらは旅行のために移動するというタイプではなく、季節ごとに複数の拠点を移動して生活するために使う、いわばモーターホームです。とはいえ、けん引免許があれば引っ張っていろいろな所に行けるのも事実。

全長9.25mのまさに大型トレーラー。けん引する車を合わせると15mクラスの長さとは
全長9.25mのまさに大型トレーラー。けん引する車を合わせると15mクラスの長さとは

実際に5mクラスのトレーラーを使っている方にお話を伺ったところ、「路線バスが走っている道なら問題なく走れますよ」とのこと。事前に駐める場所などは確認しておく必要はありますが、自宅を運びながら日本中を旅するといった使い方ができます。

マンションのキッチンとほとんど変わらない大型のキッチンを完備。オーブンも装備している。
マンションのキッチンとほとんど変わらない大型のキッチンを完備。オーブンも装備している。

今回は数多くの大型トレーラーの中で、ウィネベーゴ「Minnie Plus」を体験させてもらいました。このモデルは設置後に、内部空間が広がる居室が広がるタイプ。キャンピングカーによくあるダイネットのレベルではなく、マンションのLDKと変わらない広さを実現しています。

シャワールームとトイレが別々についているのも大型トレーラーだからこそ。
シャワールームとトイレが別々についているのも大型トレーラーだからこそ。
クイーンサイズのベッドでは大の字になって眠れる。
クイーンサイズのベッドでは大の字になって眠れる。

さらに、シャワーとトイレも完備。夫婦の寝室にはクイーンサイズのベッドが用意されています。トレーラーの本体価格は約842万円から。これなら意外と安いかもと思ってしまいます。

一見するとハードルが高そうなトレーラータイプや大型キャンピングカーですが、一部屋と考えたら実は安い買い物なのです。実際に「自宅をリフォームする代わりにキャンピングカーを買った」という人の話を聞いたことがあります。これらトレーラータイプなら、自宅駐車場に置いている時も自分の部屋として使うなんてこともできそうです。

(取材・文:コヤマタカヒロ 編集:ミノシマタカコ+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • キャンピングカーの定番。使い勝手に優れた新型「バンコン&キャブコン」
    キャンピングカーの定番。使い勝手に優れた新型「バンコン&キャブコン」
  • 100万円台から買える? デビューに最適なお手軽「軽キャンパー」
    100万円台から買える? デビューに最適なお手軽「軽キャンパー」
  • クルマと暮らすその先を提案。「カートラジャパン」で都会の車中泊体験
    クルマと暮らすその先を提案。「カートラジャパン」で都会の車中泊体験
  • エアベッドにルーフネット……「車中泊好き」がお勧めする快適グッズはこれだ!
    エアベッドにルーフネット……「車中泊好き」がお勧めする快適グッズはこれだ!
  • 会場で体感。クルマ好きが「アウトドアデイ ジャパン」を心から楽しめる理由
    会場で体感。クルマ好きが「アウトドアデイ ジャパン」を心から楽しめる理由
  • クルマは「仮設部屋」! モバイル避難所という考え
    クルマは「仮設部屋」! モバイル避難所という考え
  • ユーザーに聞いた。なぜハイエースは「仕事車」として愛されるのか?
    ユーザーに聞いた。なぜハイエースは「仕事車」として愛されるのか?

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ