キーワードは「スライドドア」と「かわいい」!販売の現場で聞いた軽自動車のトレンド

維持費の安さや燃費、利便性など、さまざまな面から人気を誇る軽自動車。しかし、ひとくちに軽自動車と言ってもいろいろなモデルが存在します。では、2019年の今、どんなトレンドがあるのでしょうか? 群馬県伊勢崎市で新車・中古販売、車検、点検など請け負っている有限会社町田モーターサイクルの代表 町田浩和さんに、自動車販売店の目線で軽自動車のトレンドを解説してもらいました。

「スライドドア」が選ぶ決め手になっている

町田モーターサイクルのある群馬県伊勢崎市をはじめ、公共交通機関が充実していない地域では、とにかく幅広い年齢層がクルマに乗ります。そこで選ばれるのが軽自動車です。家族で2台目以降のクルマを購入する場合、軽自動車が選ばれる傾向が強くありますが、その中でもトレンドはあるそう。

「2018年の軽自動車販売台数は、ホンダ N-BOXが1位、スズキ・スペーシアが2位でした。共通するのは、スライドドアを持つ点です」(町田さん)

スライドドア車が人気である背景には、 “幅広い年齢層”が乗るクルマであることが影響しているようです。

「小さいお子様がいる方はもちろん、高齢の方にもスライドドア車は人気です。開けたときにスペースを取らず、電動で開閉できるスライドドアの安全性や利便性は、どの層の方にも高く評価されています。高齢者の方は、お孫さんの乗り降りを考えて選ぶ方も多いですね。以前はワゴンRが人気でしたが、今はスライドドアのスペーシアを見て『このクルマにしたい』というケースが増えていますね」(町田さん)

町田さんによると、昔はスライドドア車というと「商用車」のイメージが強く、特に女性は敬遠する人が多かったそうです。しかし、N-BOXなどミニバンのようなデザインや質感を持つクルマの登場により、ネガティブなイメージをもなくなったと言います。

デザインが“かわいい”ことも大切

スライドドアのほかには、「かわいいデザイン」のクルマの人気も高いとか。

「わかりやすい例で言うと、ダイハツ・ムーヴキャンバスです。2016年に発売された同車は、パステル系の2トーンボディカラーを採用するなど、女性を意識したデザインで “かわいい軽自動車”というイメージ戦略をしてきました。スズキ・ハスラーもその傾向が強いクルマです。当社では購入者の約8割が女性ですね」(町田さん)

かわいい軽自動車といえば、スズキ・アルト ラパンもありますが、今はスライドドアを持つムーヴキャンバスやSUVのハスラーの方が人気は高いと言います。スペーシアも、パステル系のボディカラーでかわいい雰囲気です。

そのほか、軽自動車では昨年20年ぶりにフルモデルチェンジされたスズキ・ジムニーも気になるところ。しかし、このクルマの購入層はやはり少々違うよう。

「20年ぶりの新型のため、以前からのジムニーファンが求めることが多いですね。軽自動車としての人気というより、ジムニーそのものに注目されているといった方がいいでしょう。軽自動車のジムニーだけでなく、1.5Lエンジンを搭載するジムニー シエラの人気が高いことも、それを裏付けます」(町田さん)

この3月には新型の日産・デイズと三菱ekワゴンも発表され、ますます注目度の高まる軽自動車の市場は、これからどうのように動いていくのでしょうか? ますます目が離せなくなりそうです。

▼町田モーターサイクル
https://www.arena-machida.net/

(取材・文:斎藤雅道 編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 家電ライターのクルマ選び <第1回 コンパクトカー/軽自動車編>
    家電ライターのクルマ選び <第1回 コンパクトカー/軽自動車編>
  • 100万円台から買える? デビューに最適なお手軽「軽キャンパー」
    100万円台から買える? デビューに最適なお手軽「軽キャンパー」
  • クルマ選びの参考に! 小さな子どもがいるファミリーに、おすすめのクルマは?
    クルマ選びの参考に! 小さな子どもがいるファミリーに、おすすめのクルマは?
  • これぞ男の夢! 著名なジムニーフリークが建てた「尾上茂のジムニー歴史館・JIMNY MUSEUM ONOUE SHIGERU」
    これぞ男の夢! 著名なジムニーフリークが建てた「尾上茂のジムニー歴史館・JIMNY MUSEUM ONOUE SHIGERU」
  • どんなクルマが人気? 地元の自動車業者に「北関東のクルマ事情」を聞いた
    どんなクルマが人気? 地元の自動車業者に「北関東のクルマ事情」を聞いた

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ