いすゞ・ビッグホーン…生き物の名前が付いたクルマ特集

大自然の中を駆ける動物や、大空を舞う鳥、そして海洋生物――今回は、そうした“生き物”の名前を車名に冠した世界の名車をピックアップ。どんなクルマだったのか、週替わりで紹介します。

いすゞ・ビッグホーン

北アメリカおよびシベリア北東部の険しい山岳地帯に住むオオツノヒツジを指す英語であるビッグホーン(bighorn)。これを車名に冠したのは、1981年に登場した国産SUVの草分け的存在となるモデル。ベースとなったのは小型4WDピックアップのロデオで、当初はロデオ ビッグホーンと称していた。

セパレートフレームに載る、初代レンジローバーに似た雰囲気のボディーは、メタルトップのショートとロング、ソフトトップのショートの3種で、いずれも2ドア+テールゲート。エンジンは2リッター直4ガソリンと2.2リッター直4ディーゼルで、すべて4ナンバーの商用車登録だった。

その後2.2リッターおよび直噴2.8リッターの直4ディーゼルターボや5ナンバー登録のワゴン、4ドアモデル、イルムシャー仕様などを加え、内容もブラッシュアップ。だが、半年ほど後に登場した三菱パジェロをはじめとするライバルに比べると地味な存在だった。

誕生から10年後の1991年にフルモデルチェンジされ、従来どおりロング(4ドア)とショート(2ドア)が用意されたボディーは全車3ナンバーサイズに。エンジンは3.2リッターV6ガソリンと3.1リッター直4のディーゼルターボで、イルムシャーとハンドリング・バイ・ロータスを中心にグレードを構成。車種追加と改良を繰り返しながら作り続けられたが、2002年に販売終了。いすゞは国内のSUV市場から撤退した。

[ガズー編集部]

生き物の名前が付いたクルマ特集

  • 第1話 日産レパード
    第1話 日産レパード
  • 第2話 トヨタ・ターセル
    第2話 トヨタ・ターセル
  • 第3話 三菱コルト
    第3話 三菱コルト
  • 第4話 スバル・レオーネ
    第4話 スバル・レオーネ
  • 第5話 いすゞ・ビッグホーン
    第5話 いすゞ・ビッグホーン
  • 第6話 日産ガゼール
    第6話 日産ガゼール

カタログ

  • いすゞ ビッグホーン
    いすゞ ビッグホーン

いすゞの愛車紹介

  • 意のままに操るクルマと暮らせる喜び。いすゞ・ベレット 1800GT(PR95型)
    意のままに操るクルマと暮らせる喜び。いすゞ・ベレット 1800GT(PR95型)
  • 即断即決で手に入れた「アガリの1台」、いすゞ・117クーペXC(PA95型)と楽しむ旧車ライフ
    即断即決で手に入れた「アガリの1台」、いすゞ・117クーペXC(PA95型)と楽しむ旧車ライフ
  • 幼少期に「カッコワルイ」と思っていたクルマが忘れられない存在に…。いすゞ・117クーペXC(PA95型)
    幼少期に「カッコワルイ」と思っていたクルマが忘れられない存在に…。いすゞ・117クーペXC(PA95型)
  • 極上フォトジェニック ~いすゞ117クーペ(1950年式)~
    極上フォトジェニック ~いすゞ117クーペ(1950年式)~
  • いつか別れが訪れる、その日まで。幼少期の記憶を内包したいすゞ ・117クーペ XC
    いつか別れが訪れる、その日まで。幼少期の記憶を内包したいすゞ ・117クーペ XC
  • 「街の遊撃手」は、21世紀も健在だ!1989年式いすゞ ジェミニ イルムシャー(JT190型)
    「街の遊撃手」は、21世紀も健在だ!1989年式いすゞ ジェミニ イルムシャー(JT190型)

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップ