BMWイセッタ・・・リアエンジン・リアドライブの名車特集

今回ピックアップするのは、いまやすっかり少なくなった「エンジンを一番後ろに積むクルマ」。軽自動車からスポーツカーまで、代表的なリアエンジン・リアドライブのモデルを紹介します。

BMWイセッタ

戦後のヨーロッパに雨後のたけのこのごとく生まれ、庶民の足として活躍した超小型車。マイクロカー、あるいはその姿からバブルカーなどと呼ばれたその種のモデルのうち、最も成功した例が1955年にデビューしたBMWイセッタである。

イタリアのイソが開発した三輪乗用車のイセッタをBMWがライセンス生産したものだが、本家よりもはるかに生産台数が多く知名度も高いため、BMW版がオリジナルと思われることも少なくない。

全長2.3m未満のフレーム付きボディーの最大の特徴は、ステアリングホイールおよびシャフトを付けたまま、まるで冷蔵庫の扉のように開く車体前面の1枚ドア。イソがもともと冷蔵庫のメーカーだったことが関係しているのかもしれない。

リアに積まれたパワーユニットは、オリジナルの空冷2ストローク236cc単気筒に代えて、BMWの二輪車用の空冷4ストローク245cc単気筒を採用。1956年にはバブルウィンドウと呼ばれたオリジナルのボディースタイルから、生産性を高めるべくパネル構成を単純化して、スライド式サイドウィンドウを備えた仕様に移行し、エンジンを298ccに増強したモデルも加わった。1962年までに16万台以上が造られ、イセッタとそれから発展した小型車のほかは大型高級車しか持たなかったBMWの屋台骨を支えた。

[ガズー編集部]

リアエンジン・リアドライブの名車特集

  • 第1話 スバル360
    第1話 スバル360
  • フィアット500・・・リアエンジン・リアドライブの名車特集
    第2話 フィアット500
  • 第3話 三菱500
    第3話 三菱500
  • 第4話 BMWイセッタ
    第4話 BMWイセッタ
  • 第5話 マツダ キャロル
    第5話 マツダ キャロル
  • 第6話 シボレー コルベア
    第6話 シボレー コルベア
  • 第7話 スズキ フロンテ
    第7話 スズキ フロンテ

BMWシリーズ特集

  • 【BMW X4 新型試乗】一瞬でこんなに気持ちを熱くする音はない…岩貞るみこ
    【BMW X4 新型試乗】一瞬でこんなに気持ちを熱くする音はない…岩貞るみこ
  • 【BMW X7 新型 海外試乗】BMWの走りが担保できるのはここまでかもしれない…九島辰也
    【BMW X7 新型 海外試乗】BMWの走りが担保できるのはここまでかもしれない…九島辰也
  • 【BMW 3シリーズ 新型試乗】ボディ剛性の高さとこのフットワーク、ぐうの音も出ない…岩貞るみこ
    【BMW 3シリーズ 新型試乗】ボディ剛性の高さとこのフットワーク、ぐうの音も出ない…岩貞るみこ

カタログ

  • BMW イセッタ
    BMW イセッタ

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ