ポルシェ911・・・リアエンジン・リアドライブの名車特集

今回ピックアップするのは、いまやすっかり少なくなった「エンジンを一番後ろに積むクルマ」。軽自動車からスポーツカーまで、代表的なリアエンジン・リアドライブのモデルを紹介します。

ポルシェ911

1963年の誕生以来、半世紀以上にわたって進化を続け、実力、人気ともに衰えることを知らない奇跡のスポーツカー。最初期の901型から数えて、2018年に登場した最新の992型は8代目となるが、リアエンドに積まれた水平対向6気筒エンジンで後輪を駆動する基本レイアウトは不変である。

デビューから55年の時を経た今も、ひと目見て911とわかるプロポーションが保たれているボディーは、901と992を比べると約36cm長く、約24cm幅広くなった。水平対向6気筒エンジンは自然吸気の空冷2リッターから水冷3リッターターボとなり、最高出力は130psから450psへと3倍以上も強力になっている。各種装備の充実については、語るまでもないだろう。いっぽうで車重がおよそ4割の増加に抑えられているのは、技術の進化を如実に物語っている。

1970年代にはポルシェ自身が911の未来図を描けず、フェードアウトさせようとしたこともあったものの、市場の人気がそれを許さなかった。その後もトレードマークのひとつだった空冷エンジンから水冷への転換など、存続に関わるいくつかの山を乗り越えてきた911。唯一無二のRRスポーツカーとして、その存在は今や絶対的なものとなっている。

[ガズー編集部]
 

リアエンジン・リアドライブの名車特集

  • 第1話 スバル360
    第1話 スバル360
  • フィアット500・・・リアエンジン・リアドライブの名車特集
    第2話 フィアット500
  • 第3話 三菱500
    第3話 三菱500
  • 第4話 BMWイセッタ
    第4話 BMWイセッタ
  • 第5話 マツダ キャロル
    第5話 マツダ キャロル
  • 第6話 シボレー コルベア
    第6話 シボレー コルベア
  • 第7話 スズキ フロンテ
    第7話 スズキ フロンテ
  • 第8話 ヒルマン インプ
    第8話 ヒルマン インプ
  • 第9話 日野 コンテッサ
    第9話 日野 コンテッサ
  • 第10話 メッサーシュミット KR175/KR200
    第10話 メッサーシュミット KR175/KR200
  • 第11話 ポルシェ911
    第11話 ポルシェ911
  • 第12話 スバル・サンバー
    第12話 スバル・サンバー
  • 第13話 アルピーヌA610ターボ
    第13話 アルピーヌA610ターボ
  • 第14話 フォルクスワーゲン・カルマンギア
    第14話 フォルクスワーゲン・カルマンギア

あわせて読みたいポルシェ 911の関連記事

  • 日本で唯一となるメアリー・ステュアート型のフォルムを纏った1970年式ポルシェ911S
    日本で唯一となるメアリー・ステュアート型のフォルムを纏った1970年式ポルシェ911S
  • 総生産台数844台。極めてレアな1989年式ポルシェ・911ターボ カブリオレ(930型)を溺愛する50歳のオーナー
    総生産台数844台。極めてレアな1989年式ポルシェ・911ターボ カブリオレ(930型)を溺愛する50歳のオーナー
  • 【ポルシェ 911 海外試乗】レーシー度を増しつつも、一般道ではフラットライド…九島辰也
    【ポルシェ 911 海外試乗】レーシー度を増しつつも、一般道ではフラットライド…九島辰也
  • ポルシェ伝統の「RS」のネーミングを受け継ぐ911のミニカー「1/18スケール ポルシェ 911(991) GT3 RS」
    ポルシェ伝統の「RS」のネーミングを受け継ぐ911のミニカー「1/18スケール ポルシェ 911(991) GT3 RS」
  • 無敵のポルシェ(1970年)
    無敵のポルシェ(1970年)
  • <カーオブザセンチェリー>ポルシェ911(1963年)
    <カーオブザセンチェリー>ポルシェ911(1963年)
  • 【ミュージアム探訪】ポルシェミュージアム(前編)
    【ミュージアム探訪】ポルシェミュージアム(前編)
  • 【車のエンブレムに込められた思いをたどる】紋章 ~明確化される歴史やルーツ~
    【車のエンブレムに込められた思いをたどる】紋章 ~明確化される歴史やルーツ~

カタログ

  • ポルシェ 911
    ポルシェ 911

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ