【VW ティグアン 試乗】SUVは“流行り”ではなく“実用品”、VWらしさ光る…島崎七生人

VWティグアンTSI Highline
およそ8年ぶりのフルモデルチェンジ。ところがコンセプトをガラリと変えるどころか、いかにも先代の進化形だとわかる姿カタチなのがVWらしい。SUVを“流行り”ではなく“実用品”と捉えている証拠、だ。

実車は先代に対し全長(+70mm)、全幅(+30mm)、ホイールベース(+70mm)を拡大した。室内に乗り込むと、とくに後席で、『ゴルフ・オールトラック』+40mmのホイールベースの恩恵を受けたのを実感する。見晴らしのいい着座高はそのままに、前後方向のゆとりが増し、着座姿勢自体もゆったりとしたものになった。一方で最小回転半径は5.4m(ー0.3m)と小さくなり、狭い場所での取り回しは先代同等の印象。片側15mmずつの計算になるボディ幅の拡大もまったく気にならない。

ラゲッジスペースは145リットル容量が拡大したそうだが、床面からトノカバーまでの余裕が大きく、さらに床板の下には同じ面積のまま深いサブトランクがある。

試乗車は「TSI ハイライン」で、標準のデジタルメータークラスターほか、レザーシート(オプション)などを装備し、上級車の趣。さらに「Car-Net」と呼ぶ、モバイルオンラインサービスの利用を可能にした機能も標準で搭載した。レーダーセンサーによる歩行者検知機能を盛り込んだプリクラッシュブレーキシステムなど、安全支援機能も手厚い。

今回の試乗コースは都内だった。流れた幹線道路、路地、アップダウンなど限られた時間だったが、1.4リットルターボ+6速DSGは「ドライビングプロファイル」の“ノーマル”でも十分にスムースな走りをみせた。他方で“スポーツ”を試すとエンジン回転をより高く使い息の長い加速が味わえ、これは遠出、高速走行時に有効なはず。ステアリングフィールのなめらかさや、18インチタイヤ(銘柄はピレリ・スコーピオン・ヴェルデだった)ながらゆったりとカドの立たない乗り味など、走りの快適性も最新のVWらしい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

(レスポンス 島崎七生人)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road