マーコス 3リッター

1981年1月~1993年1月

マーコスは'72年に倒産するが、その倒産を前に会社を離れていた創業者ジェム・マーシュが、'81年に再び自ら興した会社を建て直し、まずは3リッターと称するクーペから生産を再開した。ボディの起源はボルボ製ユニットを搭載した'64年のオリジナル1800に架装された、デニス・アダムスのデザインによるクーペまで遡るが、さすがにかつての木製モノコックは生産性に無理があると判断したのか、'69年秋以降の箱型形状の鋼管スペースフレームが再生産用には選択された。サスペンションはフロントがウィッシュボーンによる独立、リアがラジアスアームとパナールロッドによるライブアクスルである。エンジンは、この時期の英国製バックヤードビルダーが挙って使用したフォード・グラナダやカプリ用のV6・2.8リッターが選ばれた。'90年頃まで生産されたが、キットフォームが多かったので詳細は不明である。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
クーペ - 2792cc 2 5速MT フロア FR 2 - -

燃費表示はWLTCモード、10・15モード又は10モード、JC08モードのいずれかに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

価格は販売当時のメーカー希望小売価格で参考価格です。消費税率は価格情報登録または更新時点の税率です。

販売期間中に消費税率が変更された車種で、消費税率変更前の価格が表示される場合があります。

実際の販売価格につきましては、販売店におたずねください。

2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。

2004年3月以前に発売されたモデルの価格は、消費税込価格と消費税抜価格が混在しています。

どちらの価格であるかは、グレード詳細画面にてご確認ください。

保険料、税金(除く消費税)、登録料、リサイクル料金などの諸費用は別途必要となります。

カタログトップへ戻る