オペル アスコナ

1975年1月~1981年1月

70年代初頭、カデットとレコルトの間にはカデット・ベースのオリンピアがあったが、それに代わる独自設計のボディを備えた新車種として70年10月にデビューした2/4ドア5座セダン。コークボトルラインをはじめとする、本家GMに倣ったアメリカン・スタイリングから脱した、ウエストラインが低くウィンドー面積の大きい、シンプルかつモダーンなボディは、ネオオペル・ラインともいうべきものだった。ただしシャシーおよびメカニカルコンポーネンツはひと足先に発表されたスペシャルティーカーのマンタと共通で、従来のオペル各車同様、極めてコンベンショナルであった。ボディは2/4ドアセダンのほかボヤージュと呼ばれる3ドアワゴンもある。当初のパワーユニットは直4のみで、60PSと68PSの2種のチューンがあった。足回りはカデットやレコルトと同様の前ウィッシュボーン/コイルの独立、後ろ4リンク/コイルのリジッド、ブレーキはディスク/ドラムでサーボが備わった。71年には直4SOHC1897cc・90PSユニットが加わり、翌72年にはカデット用の直4OHV1196cc・60PSを載せた廉価版もラインナップされた。74年にはボヤージュの装備を簡素化したワゴンが、オペル伝統のキャラバンの名で追加された。75年8月にはマンタと同時にモデルチェンジを受け、2世代目に移行した。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
(名称なし) - 1897cc 4 4速MT フロア FR 5 - -

燃費表示はWLTCモード、10・15モード又は10モード、JC08モードのいずれかに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

価格は販売当時のメーカー希望小売価格で参考価格です。消費税率は価格情報登録または更新時点の税率です。

販売期間中に消費税率が変更された車種で、消費税率変更前の価格が表示される場合があります。

実際の販売価格につきましては、販売店におたずねください。

2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。

2004年3月以前に発売されたモデルの価格は、消費税込価格と消費税抜価格が混在しています。

どちらの価格であるかは、グレード詳細画面にてご確認ください。

保険料、税金(除く消費税)、登録料、リサイクル料金などの諸費用は別途必要となります。

カタログトップへ戻る