オペル ザフィーラ

2000年4月~2002年7月 (平成12年4月~平成14年7月)

2000年11月発売(平成12年11月発売)

オペルが初めて手がけたミニバンがザフィーラ。プラットフォームはアストラのものを共用し、機能性と走行性をうまく両立したサイズのミニバンに仕上がっている。99年4月に本国デビューを果たしているモデルのうち、日本に導入されるのは上位グレードのCDXのみ。搭載される可変インテークマニホールドシステムを備える1.8L直4DOHCのECOTECエンジンは、2001年モデルから出力が高められ、125馬力を発生している。サスペンションはフロント/マクファーソンストラット、リヤ/トレーリングアームにガス封入式のショックアブソーバを採用。ニュートラル・コントロール・システム付3モード4ATを介して、前輪を駆動する。2-3-2の計7人乗員となるキャビンは、フレックス7システムとよばれるもの。フロア下に収納できるサードシートや、ダブルフォールディングの6対4分割式セカンドシートを採用するなど、様々なシートアレンジが可能となっている。安全機構として、デュアル&サイドエアバッグ、トラクションコントロール、EBFD付きABS、テンショナー付きシートベルト、アクティブヘッドレスト、FPSなどが標準で装備される。セキュリティにはイモビライザー、盗難防止装置付きセンターロッキングシステムなどを装着。右ハンドルのみの設定となる。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
CDX GF-XM181 1795cc 5 4AT FF 7名 11.8km/L 2,890,000円

2000年4月発売(平成12年4月発売)

オペルが初めて手がけたミニバンがザフィーラ。プラットフォームはアストラのものを共用し、機能性と走行性をうまく両立したサイズのミニバンに仕上がっている。99年4月に本国デビューを果たしているモデルのうち、日本に導入されるのは上位グレードのCDXのみ。搭載されるECOTECエンジンは、可変インテークマニホールドシステムを備える1.8L直4DOHCで、115馬力を発生。サスペンションはフロント/マクファーソンストラット、リヤ/トレーリングアームにガス封入式のショックアブソーバを採用。ニュートラル・コントロール・システム付3モード4ATが組み合わされる。2-3-2の計7人乗員となるキャビンは、フレックス7システムとよばれるもの。フロア下に収納できるサードシートや、ダブルフォールディングの6対4分割式セカンドシートを採用するなど、様々なシートアレンジが可能となっている。安全機構として、デュアル&サイドエアバッグ、トラクションコントロール、EBFD付きABS、プリテンショナー付きシートベルト、アクティブヘッドレスト、FPSなどが標準で装備される。右ハンドルのみの設定。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
CDX GF-XM180 1795cc 5 4AT FF 7名 10.6km/L 2,883,000円

燃費表示はWLTCモード、10・15モード又は10モード、JC08モードのいずれかに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

価格は販売当時のメーカー希望小売価格で参考価格です。消費税率は価格情報登録または更新時点の税率です。

販売期間中に消費税率が変更された車種で、消費税率変更前の価格が表示される場合があります。

実際の販売価格につきましては、販売店におたずねください。

2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。

2004年3月以前に発売されたモデルの価格は、消費税込価格と消費税抜価格が混在しています。

どちらの価格であるかは、グレード詳細画面にてご確認ください。

保険料、税金(除く消費税)、登録料、リサイクル料金などの諸費用は別途必要となります。

カタログトップへ戻る