トヨタ パブリカ

1963年1月~1969年1月

通産省(当時)が提案した「国民車構想」から生まれたトヨタ初の大衆車がパブリカで、700ccエンジンを載せた2ドアセダンとして1961年6月に誕生。1963年7月にデラックスを加えて販売を伸ばし、同年10月には初のオープンモデル、コンバーティブルを新設した。その後は1964年9月の一部変更を経て、1966年4月からはボディ前後を大きく改変し、エンジンを800ccに拡大したのがここに紹介した後期型モデル。そのエンジンは独特の空冷水平対向2気筒OHVであり、セダン用シングルキャブの2U-B型36psに対してコンバーティブル用は、トヨタ・スポーツ800と同じツインキャブの2U型45psを載せていた。4速フロアシフトを介して最高速度は125km/h。1966年12月にはソフトトップを特殊樹脂製の脱着式ハードトップと替えた「ディタッチャブルトップ」を新設したが、これを機にコンバーティブルも、計器盤をタコメーターを含む丸形3連に改め、前席を完全セパレート式に改善。1967年9月、今度は45psエンジンを搭載したセダン・スーパーを加えた(最高速度は130km/h)。なお、1967年4月(完全セパレートシート、フルシンクロ化等)と、1968年2月(2U-C型40psの120km/hに。フロアシフト追加、ブラックグリル化等)にはノーマルセダンに一部変更を実施。大衆車の定番たる地位を確保したのち1969年4月発売で、水冷エンジンも加えた2世代目に進化した。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
コンバーティブル - 790cc 2 4速MT フロア FR 4 - -

燃費表示はWLTCモード、10・15モード又は10モード、JC08モードのいずれかに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

価格は販売当時のメーカー希望小売価格で参考価格です。消費税率は価格情報登録または更新時点の税率です。

販売期間中に消費税率が変更された車種で、消費税率変更前の価格が表示される場合があります。

実際の販売価格につきましては、販売店におたずねください。

2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。

2004年3月以前に発売されたモデルの価格は、消費税込価格と消費税抜価格が混在しています。

どちらの価格であるかは、グレード詳細画面にてご確認ください。

保険料、税金(除く消費税)、登録料、リサイクル料金などの諸費用は別途必要となります。

カタログトップへ戻る