フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

2007年9月~2014年1月 (平成19年9月~平成26年1月)

2013年4月発売(平成25年4月発売)

ワールドスタンダードモデル「ゴルフ」のステーションワゴンとなる「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。ラインアップは、1.2L 直列4気筒SOHC IC付ターボ(105馬力)エンジン搭載の「TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー」、1.4L 直列4気筒DOHC IC付ターボ+スーパーチャージャーエンジン(160馬力)搭載の上級モデル、「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」の2グレード。「TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー」のみに、Start/Stopシステム(アイドリングストップシステム)を搭載する。ボディカラーは、キャンディホワイトを含む全5色を設定。全車右ハンドルのみの設定。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSIコンフォートラインプレミアムエディション DBA-1KCTH 1389cc 5 7AT FF 5名 15.9km/L 3,250,000円
TSIトレンドラインブルーモーションテクノロジー DBA-1KCBZ 1197cc 5 7AT FF 5名 19.0km/L 2,790,000円

2012年3月発売(平成24年3月発売)

ワールドスタンダードモデル「ゴルフ」のステーションワゴンとなる「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。ラインアップは、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン プレミアムエディション」、上級「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」の2グレード。パワートレインは、TSIトレンドラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHC IC付ターボ(122馬力)、TSIコンフォートラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHCツインチャージャー(IC付ターボ+スーパーチャージャー)エンジン(160馬力)2種。今回、エントリーモデルとして人気の高い「TSIトレンドライン プレミアム エディション」をベースに、「TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を設定。エンジンを従来の1.4L TSIエンジンから、1.2L TSIエンジン(105馬力)に変更。Start/Stopシステム(アイドリングストップシステム)&ブレーキエネルギー回生システムを搭載する。これに伴い、10・15モード燃費は16.4km/Lから18.4km/Lへと約12%向上し、ゴルフ ヴァリアントとして過去最高の低燃費を実現した。装備では、オートライトシステム、レインセンサー、自動防眩ルームミラーを新たに採用。ボディカラーは、キャンディホワイトを含む全5色を設定。全車右ハンドルのみの設定。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSIトレンドラインブルーモーションテクノロジー DBA-1KCBZ 1197cc 5 7AT FF 5名 18.4km/L 2,790,000円

2011年8月発売(平成23年8月発売)

ワールドスタンダードモデル「ゴルフ」のステーションワゴンとなる「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。今回、装備を充実させモデル名を変更し、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン プレミアムエディション」、上級「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」の2グレードとした。パワートレインは、TSIトレンドラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHC IC付ターボ(122馬力)、TSIコンフォートラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHCツインチャージャー(IC付ターボ+スーパーチャージャー)エンジン(160馬力)2種。7速DSGが組み合わされる。インテリアでは、本革ステアリング&シフトノブが装備されるほか、「TSIトレンドライン プレミアムエディション」では12V電源ソケット(ラゲッジルーム内1個) 、フロントグリル、サイドウインドーにクロームモールを追加し、コンフォートシート+シートバックポケット(フロント両席)が追加装備された。「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」では、クロームルーフレール、エアインテークにクロームモール、アルカンターラ&ファブリックシート(フロント両席をスポーツシートに変更)、マルチファンクションインジケーター(一部機能追加)を追加装備している。またどちらも16インチアルミを標準装備。全車右ハンドルのみの設定。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSIトレンドラインプレミアムエディション DBA-1KCAX 1389cc 5 7AT FF 5名 16.4km/L 2,790,000円
TSIコンフォートラインプレミアムエディション DBA-1KCAV 1389cc 5 7AT FF 5名 16.0km/L 3,250,000円

2011年3月発売(平成23年3月発売)

ワールドスタンダードモデル「ゴルフ」のステーションワゴンとなる「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。ラインアップは、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン」、上級「TSIコンフォートライン」、スポーツモデル「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。パワートレインは、TSIトレンドラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHCターボ(122馬力)、TSIコンフォートラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHCツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)エンジン(160馬力)、2.0TSIスポーツラインに搭載される2L 直列4気筒DOHCターボエンジン(200馬力)の3種。1.4Lには7速DSG、2Lには6速DSGが組み合わされる。インテリアでは、本革ステアリング&シフトノブが装備されるほか、2.0TSIスポーツラインにはレザーシート、オーディオコントロール付本革ステアリングやパドルシフトが装備される。全車右ハンドルのみの設定。今回、全グレードの一部カラー変更を行った。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI トレンドライン DBA-1KCAX 1389cc 5 7AT FF 5名 16.4km/L 2,750,000円
TSI コンフォートライン DBA-1KCAV 1389cc 5 7AT FF 5名 16.0km/L 3,250,000円
2.0TSI スポーツライン ABA-1KCCZ 1984cc 5 6AT FF 5名 12.2km/L 3,830,000円

2010年9月発売(平成22年9月発売)

ワールドスタンダードモデル「ゴルフ」のステーションワゴンとなる「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。ラインアップは、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン」、上級「TSIコンフォートライン」、スポーツモデル「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。パワートレインは、TSIトレンドラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHCターボ(122馬力)、TSIコンフォートラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHCツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)エンジン(160馬力)、2L 直列4気筒DOHCターボエンジン(200馬力)の3種。1.4Lには7速DSG、2Lには6速DSGが組み合わされる。ECUプログラムの改良等により、ゴルフ「TSIハイライン」とゴルフヴァリアント「TSIコンフォートライン」が搭載する1.4L TSIツインチャージャーエンジンは、今回新たに平成17年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)をクリアする国内向けの改良を実施。ダウンサイジングエンジンと、燃費性能にも優れた一瞬で変速を可能とする高効率なトランスミッション「DSG」により、燃費は10・15モードで16.0km/Lと向上した。全モデル右ハンドルの設定。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI コンフォートライン DBA-1KCAV 1389cc 5 7AT FF 5名 16.0km/L 3,250,000円

2010年2月発売(平成22年2月発売)

ゴルフワゴンの後継車種として誕生した「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。4世代目となるゴルフヴァリアントは、ゴルフVIに準じて内外装のデザインを一新した。ラインアップは、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン」、上級「TSIコンフォートライン」、スポーツモデル「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。パワートレインは、TSIトレンドラインに搭載される1.4L直列4気筒DOHCターボ(122馬力)、TSIコンフォートラインに搭載される1.4L直列4気筒DOHCツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)エンジン(160馬力)、2L直列4気筒DOHCターボエンジン(200馬力)の3種。1.4Lには7速DSG、2Lには6速DSGが組み合わされる。エクステリアでは、フロントデザインを一新したほか、TSIコンフォートラインと2.0TSIスポーツラインにキセノンヘッドライトやフロントフォグランプを採用したほか、全車に電動パノラマスライディングルーフをオプション設定した。インテリアでは、本革ステアリング&シフトノブが装備されるほか、2.0TSIスポーツラインにはレザーシート、オーディオコントロール付本革ステアリングやパドルシフトが装備される。全車右ハンドルのみの設定。今回、TSIトレンドラインは、平成17年度排出ガス基準75%低減レベルを取得した。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI トレンドライン DBA-1KCAX 1389cc 5 7AT FF 5名 16.4km/L 2,750,000円

2009年11月発売(平成21年11月発売)

ゴルフワゴンの後継車種として誕生した「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。4世代目となる新型ゴルフヴァリアントは、ゴルフVIに準じて内外装のデザインを一新した。ラインアップは、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン」、上級「TSIコンフォートライン」、スポーツモデル「2.0TSIスポーツライン」の3グレード。パワートレインは、TSIトレンドラインに搭載される1.4L直列4気筒DOHCターボ(122馬力)、TSIコンフォートラインに搭載される1.4L直列4気筒DOHCツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)エンジン(160馬力)、2L直列4気筒DOHCターボエンジン(200馬力)の3種。1.4Lには7速DSG、2Lには6速DSGが組み合わされる。エクステリアでは、フロントデザインを一新したほか、TSIコンフォートラインと2.0TSIスポーツラインにキセノンヘッドライトやフロントフォグランプを採用したほか、全車に電動パノラマスライディングルーフをオプション設定した。インテリアでは、本革ステアリング&シフトノブが装備されるほか、2.0TSIスポーツラインにはレザーシート、オーディオコントロール付本革ステアリングやパドルシフトが装備される。全車右ハンドルのみの設定。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI トレンドライン ABA-1KCAX 1389cc 5 7AT FF 5名 16.8km/L 2,720,000円
TSI コンフォートライン ABA-1KCAV 1389cc 5 7AT FF 5名 16.2km/L 3,220,000円
2.0TSI スポーツライン ABA-1KCCZ 1984cc 5 6AT FF 5名 12.2km/L 3,830,000円

2009年1月発売(平成21年1月発売)

2世代目ゴルフワゴンの後継車種として誕生した「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。1,785mmのワイドなボディに、直列4気筒2Lターボと、1.4Lターボ/1.4Lスーパーチャージャー+ターボの全て直噴3ユニットを用意する。ゴルフGTIと同じ200psの2L TSIターボエンジンを搭載する「2.0TSIスポーツライン」は、6速DSGを組み合わせるトップモデル。バイキセノンヘッドランプ、ダークティンテッドガラス、スポーツシートやスポーツサスペンション+17インチアルミを備える。160psの1.4L TSIターボ+スーパーチャージャーエンジンを搭載する「TSIコンフォートライン」は、高効率な乾式クラッチの7速DSGを初めて組み合わせ、10・15モード燃費は従来の14.0km/Lから15.0km/Lへと約7%向上させた。また、AM/FM CDプレーヤーのデザインを一新すると共に機能の強化を図り、オーディオ外部入力端子を追加、様々な音楽ソースによる再生を可能とした。エントリーモデルとなる「TSIトレンドライン」は、1.4Lターボと7速DSGを組み合わせる。開放感あふれる電動パノラマスライディングルーフや、RNS 510(HDDナビ、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、地デジTV受信、マルチファンクションステアリング連動オーディオコントロール、ボイスコントロールなど)をオプション装着で用意する。全車右ハンドルのみの設定。2009年(平成21年)1月1日から希望小売価格(税込)を見直し、新価格を適用。ここ数年にわたる原材料費の上昇によるもの。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI トレンドライン ABA-1KCAX 1389cc 5 7AT FF 5名 15.2km/L 2,640,000円
TSI コンフォートライン ABA-1KCAV 1389cc 5 7AT FF 5名 15.0km/L 3,080,000円
2.0TSI スポーツライン ABA-1KCAW 1984cc 5 6AT FF 5名 11.8km/L 3,470,000円

2008年9月発売(平成20年9月発売)

2世代目ゴルフワゴンの後継車種として誕生した「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。1,785mmのワイドなボディに、直列4気筒2Lターボと、1.4Lターボ/1.4Lスーパーチャージャー+ターボの全て直噴3ユニットを用意する。ゴルフGTIと同じ200psの2L TSIターボエンジンを搭載する「2.0TSIスポーツライン」は、6速DSGを組み合わせるトップモデル。バイキセノンヘッドランプ、ダークティンテッドガラス、スポーツシートやスポーツサスペンション+17インチアルミを備える。160psの1.4L TSIターボ+スーパーチャージャーエンジンを搭載する「TSIコンフォートライン」は、高効率な乾式クラッチの7速DSGを初めて組み合わせ、10・15モード燃費は従来の14.0km/Lから15.0km/Lへと約7%向上させた。また、AM/FM CDプレーヤーのデザインを一新すると共に機能の強化を図り、オーディオ外部入力端子を追加、様々な音楽ソースによる再生を可能とした。エントリーモデルとなる「TSIトレンドライン」は、1.4Lターボと7速DSGを組み合わせる。開放感あふれる電動パノラマスライディングルーフや、RNS 510(HDDナビ、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、地デジTV受信、マルチファンクションステアリング連動オーディオコントロール、ボイスコントロールなど)をオプション装着で用意する。右ハンドルのみ。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI コンフォートライン ABA-1KCAV 1389cc 5 7AT FF 5名 15.0km/L 3,020,000円

2008年8月発売(平成20年8月発売)

2世代目ゴルフワゴンの後継車種として誕生した「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。1,785mmのワイドなボディに、ゴルフGT TSI同様170psの1.4L TSIターボ+スーパーチャージャーエンジンを搭載する「TSIコンフォートライン」、そしてゴルフGTIと同じ200psの2L TSIターボエンジンを搭載する「2.0TSIスポーツライン」、そして122psの1.4L TSIターボエンジンの「TSIトレンドライン」を新設定した。エントリーモデルとなるトレンドラインは、ゴルフのそれと同じ小排気量1.4Lで、直噴FSIテクノロジーに小型ターボチャージャーを組み合わせ、これにフォルクスワーゲン独自の新世代トランスミッション「7速DSG」を組み合わせることで、ワゴンタイプのゴルフとして過去最高の15.2km/l(10・15モード燃費)の低燃費を達成するとともに、2L 自然吸気エンジンに匹敵する高トルク特性を合わせて実現する。ESP(横滑り防止装置)や8つのエアバッグ等豊富な安全装備と、セミオートエアコン、新世代オーディオ等、十分な快適装備を採用。またゴルフヴァリアントの専用装備である電動パノラマスライディングルーフ(147千円)もオプションで選択可能となる。タイヤサイズは幅広な205/55R16を採用した。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI トレンドライン ABA-1KCAX 1389cc 5 7AT FF 5名 15.2km/L 2,590,000円

2008年1月発売(平成20年1月発売)

2000年2月から販売した、2世代目ゴルフワゴンの後継車種として導入される「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。1,785mmのワイドなボディに、ゴルフGT TSI同様、170psの1.4L TSIターボ+スーパーチャージャーエンジンを搭載する「TSIコンフォートライン」、そしてゴルフGTIと同じ200psの2L TSIターボチャージャーエンジンを搭載する「2.0TSIスポーツライン」の2モデルを設定する。これら2種類の直噴過給エンジンには6速DSGが組み合わされ、高出力と低燃費という相反する要素を高い次元で両立する。DSG(ダイレクト・シフト・ギヤボックス)は、マニュアルのトランスミッションを進化させクラッチ操作とギアシフトを電子制御したもので、2組のトランスミッションユニットを並列に組み込む。シフトチェンジは変速時のタイムラグがなくきわめてスムーズ。5世代目のゴルフハッチバックをベースに、全長を300mm以上延長したボディは、ダブルフォールディング式を採用した後席を折りたたむことにより出現する、フラットでスクエアなラゲージルームに生かされる。リヤネットパーティション、ラゲージネット、リヤスライディングカバーなどの装備をもつ。専用装備として、フォルクスワーゲン初の電動パノラマスライディングルーフを設定。従来比約3倍もの採光面積を持つ前後2分割式のガラスルーフとなる。また両モデル標準装備として、8つのエアバッグや、不安定な状況に陥るおそれがある場合にブレーキやエンジン出力を統合的に制御するESP(エレクトロニックスタビリゼーションプログラム)、上級「2.0TSIスポーツライン」には、スポーツサスや225/45R17タイヤ、フロントスポーツシート、パドルシフト、更にバイキセノンヘッドライト等のスポーティな装備を採用する。2008年(平成20年)1月から、一部モデルのメーカー希望小売価格を見直し、新価格を適用した。原油価格の高騰による輸送費の上昇および、長らく高止まりし続けるユーロの影響などによるもの。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI コンフォートライン ABA-1KBLG 1389cc 5 6AT FF 5名 14.0km/L 2,990,000円
2.0TSI スポーツライン ABA-1KAXX 1984cc 5 6AT FF 5名 11.2km/L 3,400,000円

2007年9月発売(平成19年9月発売)

2000年2月から販売した、2世代目ゴルフワゴンの後継車種として導入される「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。1,785mmのワイドなボディに、ゴルフGT TSI同様、170psの1.4L TSIターボ+スーパーチャージャーエンジンを搭載する「TSIコンフォートライン」、そしてゴルフGTIと同じ200psの2L TSIターボチャージャーエンジンを搭載する「2.0TSIスポーツライン」の2モデルを設定する。これら2種類の直噴過給エンジンには6速DSGが組み合わされ、高出力と低燃費という相反する要素を高い次元で両立する。DSG(ダイレクト・シフト・ギヤボックス)は、マニュアルのトランスミッションを進化させクラッチ操作とギアシフトを電子制御したもので、2組のトランスミッションユニットを並列に組み込む。シフトチェンジは変速時のタイムラグがなくきわめてスムーズ。5世代目のゴルフハッチバックをベースに、全長を300mm以上延長したボディは、ダブルフォールディング式を採用した後席を折りたたむことにより出現する、フラットでスクエアなラゲージルームに生かされる。リヤネットパーティション、ラゲージネット、リヤスライディングカバーなどの装備をもつ。専用装備として、フォルクスワーゲン初の電動パノラマスライディングルーフを設定。従来比約3倍もの採光面積を持つ前後2分割式のガラスルーフとなる。また両モデル標準装備として、8つのエアバッグや、不安定な状況に陥るおそれがある場合にブレーキやエンジン出力を統合的に制御するESP(エレクトロニックスタビリゼーションプログラム)、上級「2.0TSIスポーツライン」には、スポーツサスや225/45R17タイヤ、フロントスポーツシート、パドルシフト、更にバイキセノンヘッドライト等のスポーティな装備を採用する。

全文を表示する

閉じる

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
TSI コンフォートライン ABA-1KBLG 1389cc 5 6AT FF 5名 14.0km/L 2,960,000円
2.0TSI スポーツライン ABA-1KAXX 1984cc 5 6AT FF 5名 11.2km/L 3,350,000円

燃費表示はWLTCモード、10・15モード又は10モード、JC08モードのいずれかに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

価格は販売当時のメーカー希望小売価格で参考価格です。消費税率は価格情報登録または更新時点の税率です。

販売期間中に消費税率が変更された車種で、消費税率変更前の価格が表示される場合があります。

実際の販売価格につきましては、販売店におたずねください。

2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示(内税)となります。

2004年3月以前に発売されたモデルの価格は、消費税込価格と消費税抜価格が混在しています。

どちらの価格であるかは、グレード詳細画面にてご確認ください。

保険料、税金(除く消費税)、登録料、リサイクル料金などの諸費用は別途必要となります。

カタログトップへ戻る