いにしえの歴史や文化を伝える、古都飛鳥文化祭へドライブ 奈良県明日香村

西名阪自動車道大和郡山ICから奈良県明日香村の国営飛鳥歴史公園、石舞台まで車で約60分。国営飛鳥歴史公園ほか明日香村各所では、「古都飛鳥文化祭」が2017年10月14~15日に開催される。はるか1400年前に史上初の都が置かれていた、その歴史的風土と人々の心が築き上げた文化と誇りを伝える催しだ。八雲琴や南無手踊りなど、独自の伝統文化が披露される。万葉朗唱や和太鼓の特別ライブもあり、夜には花火も打ち上げられる。古都の香りを感じる、秋のお祭りへ行ってみよう。
祭り会場のひとつ、石舞台地区のほど近くにあるのが「café ことだま」。明日香村の新鮮な食材で作るランチが好評で、ティータイムにはスイーツも楽しめる。築200年弱の元酒蔵をリノベーションした趣ある空間で、秋の午後を過ごしてみたい。

2015年に始まった「古都飛鳥文化祭」。100年続く祭りを目指すという。

2017年は9~11月に開催される「第32回国民文化祭・なら2017」の一環として行われる。

村内を練り歩く山車。2日間開催される祭りは、両日とも花火が打ち上がり、フィナーレに彩りを添える。

岡地区にある「café ことだま」は、石舞台古墳から徒歩圏内。

人気の「ことだまランチ」1620円。毎朝仕入れる明日香村産の野菜や食材を使った料理が並ぶ。

■古都飛鳥文化祭
開催日:2017年10月14日(土)~15日(日)
主なプログラム(予定):
・八雲琴・南無手踊りなど、明日香村独自の伝統文化の披露
・万葉朗唱や講演会など、万葉文化を通じた交流
・明日香村を中心に活躍する、劇団「時空」による歴史劇
・農産物収穫祭
・山車の村内練り歩き
・明日香村を拠点に国内外で活躍する、和太鼓「倭」のコンサート
場所:国営飛鳥歴史公園石舞台地区あすか風舞台ほか明日香村内各所
TEL:0744-54-4577(明日香村地域振興公社)

■café ことだま
明日香村に惚れ込んだ夫妻が移住して開いたお店。食事は「ことだまランチ」の1種類のみ。数量限定で売り切れとなる場合があるため、必ず電話で確認と予約を。
住所:奈良県高市郡明日香村岡1223
TEL:0744-54-4010
営業時間:10~17時、土・日曜、祝日~18時。【ランチタイム】11~14時(ラストオーダー)、【ティータイム】14時~閉店30分前(ラストオーダー)
定休日:火曜・第3水曜(祝日の場合は要問合わせ)※不定休、夏季・冬期休業あり
駐車場:あり(15台/無料)※駐車場入口が狭くなっています。出入庫の際には十分ご注意ください。
URL:http://www.cafe-kotodama.com