東北の春を満喫!武家屋敷を彩るシダレザクラと田沢湖へドライブ 秋田県仙北市

​​​​​​​​​​​​​​​​​​みちのくの小京都とも呼ばれる、秋田県仙北市の角館。江戸時代以降、佐竹北家の城下町として栄え、武家屋敷群が残る「内町(うちまち)」は、母屋や門、蔵構えなど江戸末期の武家の生活空間が残されている。春は角館が最も華やぐ季節で、通りの黒塀に垂れ下がるシダレザクラが映え、日本各地から観光客が訪れる。毎年4月20日~5月5日は「角館の桜まつり」が開催されにぎわう。
「たつこ姫伝説」で知られる田沢湖は、角館から車で30分ほど。永遠の美と若さを求めて泉の水を飲み湖に住む龍になったと伝えられる、ブロンズのたつこ像がシンボルだ。田沢湖畔にはソメイヨシノが咲き、例年5月上旬から中旬に見頃となる。青く輝く湖の周囲は道路が整備され、ドライブに最適。東北の遅い春を満喫しよう。

角館樺細工伝承館前のシダレザクラ。全部で450本ほどあるシダレザクラのうち、162本が国の天然記念物に指定されている。

角館樺細工伝承館前のシダレザクラ。全部で450本ほどあるシダレザクラのうち、162本が国の天然記念物に指定されている。

こちらは一般公開されている石黒家前。桜並木の桜のほとんどは、エドヒガンザクラの変種だという。

田沢湖畔では桜、ソメイヨシノが咲く。例年5月上旬から中旬にかけて開花。

田沢湖畔では桜、ソメイヨシノが咲く。例年5月上旬から中旬にかけて開花。

田沢湖を周遊する遊覧船も人気。毎年4月26日から11月5日まで運航する。

■角館の武家屋敷群
角館の武家屋敷群は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。内町のほか、町の南には「田町武家屋敷通り」もある。
場所:秋田県仙北市角館町東勝楽丁~表町上丁
TEL:0187-54-2700(角館観光協会)/0187-43-3352(角館の観光行事実行委員会/仙北市観光課内)
アクセス:東北自動車道大曲ICから車で約40分
駐車場:あり(桜まつり期間中は臨時の駐車場あり)
URL:http://kakunodate-kanko.jp/sakura-kakunodate.html

■田沢湖
周囲約20㎞、ほぼ丸い形の湖。水深423.4mは日本一の深さを誇る。夏は一部の区域で遊泳も可能。
住所:秋田県仙北市田沢湖潟字搓湖
TEL:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」 )
アクセス:東北自動車道盛岡ICから車で約60分
駐車場:あり
URL:http://www.city.semboku.akita.jp/sightseeing/spot/04_tazawako.html
●遊覧船
運航期間:毎年4月26日~11月5日(悪天候の場合は運休)
TEL:0187-43-0274(田沢湖レストハウス)
発着所:田沢湖レストハウス前(秋田県仙北市田沢湖田沢字春山148)
出発時刻:白浜発9~15時(2時間に1隻運航)。7月20日~8月20日は9~16時(毎時1隻運航)。
運賃:白浜から1周1200円、白浜~潟尻750円、潟尻~白浜510円(子どもは半額、10円未満切り捨て)
アクセス:東北自動車道盛岡ICから車で約50分
駐車場:あり
URL:https://ugokotsu.co.jp/tazawa/yuransen

※記事内のデータは2018年3月現在のものです。掲載後に料金、営業時間、定休日、メニュー等の内容が変更になることや、臨時休業等で利用できない場合があります。
 また、各種データを含めた掲載内容の正確性には万全を期しておりますが、おでかけの際には電話等で事前に確認・予約されることをお勧めいたします。