青海島、角島を巡る 山口の観光におすすめのドライブルート

海と空と大地が織りなす、壮大な風景に感動!

長門市は童謡詩人・金子みすゞの故郷。長門市で金子みすゞ記念館と湯本温泉を訪ね、さらに海沿いの道を走って下関を目指す、風光明媚な島々を巡り、壮大な大自然を体感するロングドライブコース。最初は美祢ICから国道316号でホタル舞う古湯、湯本温泉へ。共同湯の恩湯で美肌の湯を楽しんだ後は、金子みすゞ記念館で優しさに満ちたみすゞワールドに浸る。そして響灘沿いの道をひた走る半島ドライブへ。青海島では観光汽船に乗船して“海のアルプス”とも呼ばれる絶景を海から楽しもう。角島と本州をつなぐ角島大橋は、眺めても渡っても心に残る絶景の橋。宿泊プランをたてて余裕を持って走りたい。

ルートマップ:約4時間30分 (約152km)

S:美祢IC

約24km 国道316号 約48分

1:楊貴妃浪漫の宿玉仙閣

スポット情報

長門湯本温泉の玉仙閣で、日帰り入浴が可能だ。中国の西安で発掘された遺跡に基づき、楊貴妃が入っていた風呂を再現した名物風呂「貴妃湯」がある。深さ1.2mで立ったまま入れるのが特徴で女性用。男性用の「仙楽湯」「太子湯」には、ジェットバスや寝湯も設けられている。楊貴妃伝説が残る地のため、館内には楊貴妃に関する美術品や調度品が展示されている。食事処「仙楽」では、自慢の季節料理が楽しめる。

スポット情報はこちら

約9km 国道316号、一般道 約21分

2:金子みすゞ記念館

スポット情報

金子みすゞの実家跡に「金子文英堂」を再現し、当時のみすゞの生活をうかがうことができる。本館では、みすゞの作品と生涯を中心に展示し、みすゞの世界の魅力を分かりやすく紹介している。

スポット情報はこちら

約6km 一般道 約15分

3:青海島

スポット情報

青海大橋で仙崎とつながる、周囲約40kmの島。島全体が天然記念物に指定され、特に北側の海岸は日本海の荒波に浸食された海食洞窟や断崖、奇岩が多く見られ、「海上アルプス」の別名もある。南西部に位置する青海湖は周囲4km、日本海と幅20~30mの砂州で隔てられた、山口県最大の淡水湖だ。砂州には松林が広がり、波の橋立とよばれている。青海島観光船(電話:0837-26-0834)の基本のコースで島めぐりをすることができる。乗船2200円。

スポット情報はこちら

約23km 国道191号 約51分

4:千畳敷

スポット情報

標高333mの高台に広がる草原。眼下に紺碧の日本海を見下ろし、果てしなく広がる海と空の360度一大パノラマが展開する。軽食喫茶・カフェカントリーキッチン(時間:11~17時、定休日:木曜、冬季は平日不定休、電話:0837-37-3824)があり、ここからの眺めは絶景。キャンプ場も併設している。周辺には風力発電の風車も見られる。

スポット情報はこちら

約36km 地方道、国道191号、県道276号 約55分

5:角島

スポット情報

日本海に浮かぶ山口県西端の島。周囲約17km。海岸線の美しさはすばらしく、沈む夕日も絶景。古くから牧畜が盛んで、牛がのんびり草を食む放牧風景も見ることができる。西側の夢崎には、明治9年(1876)に英国人技師R.H.ブラントンの設計で立てられた御影石製の角島灯台と角島灯台記念館が立つ。しおかぜの里角島(電話:083-786-0700)では特産品を販売。夏になると、夢崎ではハマユウが開花する。

スポット情報はこちら

約54km 国道191号 約80分

6:下関IC

ベストシーズン

青海島さくらの里では約1000本のソメイヨシノが斜面をピンクに染める。

湯本温泉の音信川では初夏にゲンジボタルが幻想的な風景を見せる。

ドライブ情報

  • 国道191号は渋滞ポイントがほとんどない快適なドライブルート。
  • 角島大橋の入口に駐車場、売店、トイレ、展望台あり。島内の道路はほぼ一本道で、中央付近の「しおかぜの里角島」は食事も評判の休憩ポイント。

問合せ先情報

  • 長門市観光課 0837-23-1137
  • 長門市観光コンベンション協会 0837-22-8404

Copyright (C) 2017 JTB Publishing, Inc. All Rights Reserved.
※取材時の情報のため、内容が変更になっている場合があります。お出かけ前にはご確認いただけますようお願いいたします。