知床峠、羅臼岳を望む 知床半島ドライブルート

半島から広大な平野、神秘の湖摩周湖へと変化ある景観が最高​

知床斜里を起点に知床半島のウトロと羅臼を結ぶ山岳道路の知床横断道路を走る。中間地点の知床峠は羅臼岳を間近に望む展望ポイント。峠を下った羅臼側には秘湯気分満点の日帰り温泉や野生動物ウォッチングで人気のクルーズ船、展望台もあるので、多方面から知床の自然を楽しめる。羅臼から国道335号を南下して内陸へ。開陽台展望台に向かう北19号道路はミルクロードとよばれ、道の両側に牧場や牧草地が広がる。ここから道道150号を北西に進んだ清里峠には裏摩周展望台があり、峠を越えると神の子池へと続く。後は道道1115号、国道391号などを走り継いで女満別空港へ。

ルートマップ:約6時間(約251km)

S:知床斜里駅

約53km 道道92号、国道334号(知床国道) 約1時間12分

1:知床峠

スポット情報
半島のウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路は、全長27kmの曲がりくねった峠道。知床峠はその道路の再頂部、真正面に羅臼岳、眼下に深緑の大樹海、彼方には根室海峡と、そこに浮かぶ国後島を望む大パノラマが楽しめる。知床横断道路は日本で最も開通期間が短い国道で、11月初旬~4月下旬は通行不能となる。

スポット情報はこちら

約17.5km 国道334号(知床横断道路) 約26分

2:道の駅知床・らうす

スポット情報
観光宿泊案内所と展望スペースがある知床らうす交流センターをはじめ、レストランや物産販売所があるらうす深層館、羅臼漁業協同組合直営店海鮮工房が隣接している。特に海産物グルメが充実している。

スポット情報はこちら

約71km 国道335号、国道244号(野付国道)、道道975号、北19号(ミルクロード) 約1時間30分

3:開陽台展望台

スポット情報
標高270mの小高い丘の上にある展望台。眼下に広がる緑の根釧原野は、はるか彼方で地平線にとけこみ地球の丸みに沿って緩やかな弧を描く。根室海峡、知床連山、そして北方領土の島影も霞む雄大な風景を望めるほか、北海道遺産に認定された格子状防風林も見ることができる。レストランや売店もある。

スポット情報はこちら

約35.5km 道道150号 約55分

4:裏摩周展望台

スポット情報
世界屈指の透明度を誇る摩周湖は、濃いブルーの水が神秘的な湖。湖畔には3つの展望台が設けられ、湖の北東に位置するのがここ。ほかの展望台より標高が低いため、湖面をより間近で眺められる。

スポット情報はこちら

約11.5km 道道150号、道道1115号 約25分

5:神の子池

スポット情報
摩周湖から北に約5km、原生林の中にある透き通った水が神秘的な周囲220mの小さな池。摩周湖(アイヌ語でカムイト=神の湖)の湧水からできているためこの名が付いた。周囲の緑を映し出す湖水の透明度は、底に倒れる木々まで見えるほど。

スポット情報はこちら

約62.5km 道道1115、道道805号、国道391号(小清水国道)、道道246号、国道334号、道道249号 約1時間35分

6:女満別空港

ベストシーズン

羅臼のエゾバフンウニの旬は1~6月。

4~10月にはクジラ・イルカ・バードウォッチングのクルーズ船が羅臼から出航。6~9月にイシイルカやマッコウクジラの発見率が高い。所要2時間30分なので、他の行程をしっかり考えよう。

標高738mの知床峠では、9月上旬から10月中旬にかけて紅葉で彩られた美しい景色を一望できる。

1~4月には羅臼から流氷とバードウォッチングがおもしろい流氷クルーズが人気。

ドライブ情報

  • 知床横断道路の知床峠と羅臼間はカーブが多いので注意。
  • 知床峠を境に天候が変わりやすくなる。雨や濃霧ではライトの点灯を。
  • 悪天候による臨時通行止めが行われることもあるので事前確認を。

問合せ先情報

  • 知床斜里町観光協会 0152-22-2125
  • 知床羅臼町観光協会 0153-87-3360
  • なかしべつ観光協会 0153-73-3111
  • きよさと観光協会0152-25-4111

Copyright (C) 2013 JTB Publishing, Inc. All Rights Reserved./ 2013 JTB Central Japan Corp. All Rights Reserved. 
※取材時の情報のため、内容が変更になっている場合があります。お出かけ前にはご確認いただけますようお願いいたします。