熊本・天草 天草パールラインを走るシーサイドドライブルート

​​​キリシタン文化が息づく島を爽快シーサイドドライブ​​​​

大小120の島々からなる天草を、天草パールライン、ロザリオライン、サンセットラインと、海沿いの絶景ドライブルートを走る。天草パールラインには天草の島々をつなぐ5つの橋、天草五橋があり、ここからの光景は、宮城県の松島、長崎県の九十九島と並んで日本三大松島のひとつといわれる。まずは宇土半島の三角西港で歴史ある港の風景を楽しんだら、天草五橋1号橋を渡って大矢野へ。島の中ほどにある天草四郎メモリアルホールはキリシタンの歴史や文化を紹介する。天草五橋2~5号橋を渡りつぐと上島。道中絶景ポイントが連なる。下島から海は天草灘となり、広がりを増すオーシャンビューの海岸線を妙見浦など名所に立ち寄りながら美しい2つの天主堂を訪ねよう。豊かな海がもたらす海鮮グルメも楽しみ。

ルートマップ:約4時間40分(約245km)

S:松橋IC

約30km 国道218号、県道181号、国道266号、国道57号 約40分

1:三角西港

スポット情報
平成27年(2015)7月に世界文化遺産に登録された三角西港は、明治20年(1887)に開港。長さ756mにも及ぶ石積みの埠頭や水路など、当時の最新技術を駆使して造られた港は、宮城・福井の港と並ぶ「明治三大築港」と呼ばれ、国内外の貿易拠点として賑わった。築港当時の姿を完璧に残している日本で唯一の港湾施設である。

スポット情報はこちら

約10km 国道57号、国道266号 約15分

2:天草四郎メモリアルホール

スポット情報
島原の戦いで天草四郎とともに、信仰の戦いにすべてを捧げた民衆の姿を伝えるテーマ館。迫力ある映像による、島原の戦いのイメージビデオは必見。南蛮船の模型やジオラマも展示され、当時の歴史的背景を分かりやすく解説している。2階の瞑想ホールでは、光と音に包まれてくつろげる。所要45分。

スポット情報はこちら

約27km 国道266号、国道324号 約40分

3:道の駅有明 リップルランド

スポット情報
物産館では干しダコや天草のウニといった海産物、レストランでは名物のタコ料理を提供。自慢は軟らかく炊いたタコを揚げたタコ天丼980円やタコカレー850円、たこめしセット(うどんまたはそば)850円など。有明温泉さざ波の湯もあり、すぐ前の四郎ケ浜ビーチは人気の海水浴場。

スポット情報はこちら

約58km 国道324号、国道389号 約80分

4:妙見浦

スポット情報
天草西海岸の代表的な景勝地で、国指定の名勝・天然記念物。西海岸沿いの国道389号は天草西海岸サンセットラインとよばれるドライブコースで、夕陽が美しいことで知られる。

スポット情報はこちら

約9km 国道389号、一般道 約15分

5:大江教会

スポット情報
昭和8年(1933)、フランス人宣教師ガルニエ神父が建立したロマネスク様式の教会。内部はステンドグラスを通して神秘的な光が差し込んでいる。

スポット情報はこちら

約6km 一般道、国道389号、一般道 約10分

6:崎津教会

スポット情報
長崎の建築家・鉄川与助により昭和9年(1934)によって建てられたゴシック様式の教会。内部は国内でも数少ない畳敷きとなっている。

スポット情報はこちら

約105km 一般道、国道389号、国道266号、国道324号、松島道路、国道266号、県道181号、国道218号 約80分

7:松橋IC

ベストシーズン

4月上旬、天草のあちこちで桜が満開に。桜の咲く頃に旬を迎える真鯛は「さくら鯛」とも呼ばれ、天草の春の味覚だ。海沿いドライブにも最適な気候。

きれいなビーチが各所にあり海水浴が楽しめる。ただしシーズン中は混雑覚悟で。

特産品のウニやタコは一年を通して楽しめるが秋からはアワビや伊勢エビが旬を迎える。

2~3月、大江天主堂近くの西平椿公園では、約2万本のヤブツバキが海を見下ろす斜面一面に咲く。

ドライブ情報

  • 天草五橋は片側一車線でGWや夏休みなどハイシーズンは渋滞でノロノロ運転必至。計画にはゆとりをもって。
  • 下島の西海岸を走る国道389号は夕日がきれいなことで有名なので、下島内での往路と復路を逆にしてサンセットドライブを楽しむのもおすすめ。

問合せ先情報

  • 天草市商工観光課 0969-23-1111
  • あまくさ四郎観光協会 0964-56-5602
  • 天草宝島観光協会0969-22-2243

Copyright (C) 2017 JTB Publishing, Inc. All Rights Reserved.
※取材時の情報のため、内容が変更になっている場合があります。お出かけ前にはご確認いただけますようお願いいたします。