大谷資料館

石の町「大谷」の歴史を今に伝える資料館。面積2万平方m、深さ30mの空間に広がる地下採掘場跡は、神秘的で、さながら地下神殿を思わせる。採掘場跡は、戦争中は地下工場として、戦後は政府米の貯蔵庫として利用されていたが、現在ではコンサートや展覧会などが開催されるほか、映画やビデオの撮影も行われている。展示コーナーでは、古くから外壁や石蔵などに利用されてきた大谷石と、採掘の方法や道具について、詳しく学ぶことができる。

住所 栃木県宇都宮市大谷町909
電話 028-652-1232
営業時間 4月~11月/9:00~17:00、12月~3月/9:30~16:30(入館はいずれも閉館30分前まで)
定休日 4月~11月/無休、12月~3月/毎週火曜 ※いずれも臨時休館あり
提供 るるぶDATA
i-TAKイベント情報
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
掲載されている情報の画像、文章等の無断転載を禁止します。
http://web.map-m.com/service/gazoo/mapterms.html
URL http://www.oya909.co.jp/
アクセス方法 JR「宇都宮駅」から「大谷・立岩行」のバス約30分「資料館入口」~徒歩5分、または東武宇都宮線「東武宇都宮駅」から「大谷・立岩行」のバス約20分「資料館入口」~徒歩5分
駐車場について 有/350台

おすすめスポット​