板井原集落

茅葺き屋根の民家など日本の山村集落の原風景が残る山間の隠れ里。かつて人々は細々と山仕事や野良仕事を営み、近代には養蚕や炭焼きで栄えた。養蚕の最盛期には蚕室に本蔵、味噌蔵などを持つ屋敷を構えた家もあったが、1967年にトンネルが開通して人々は生活の本拠を便利な市街地へ移した。しかし、近年、自然と調和したこの集落が貴重な文化遺産として注目され、復元・保存・活用され、新しい「ムラづくり」が始まっている。

住所 鳥取県八頭郡智頭町市瀬
電話 0858-76-1111
営業時間
定休日
提供 るるぶDATA
i-TAKイベント情報
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
掲載されている情報の画像、文章等の無断転載を禁止します。
http://web.map-m.com/service/gazoo/mapterms.html
URL
アクセス方法 JR因美線「智頭駅」から車約10分
駐車場について 有/15台

おすすめスポット​