松下村塾

幕末期に吉田松陰が主宰した私塾。塾は天保13年(1842年)、松陰の叔父・玉木文之進が自邸にて開設、後に松陰の外伯父にあたる久保五郎左衛門が継ぎ、安政4年(1857年)、28歳の松陰がこれを継ぎ主宰した。塾では身分の区別なく学ぶことができ、幕末維新期に活躍し、近代日本の原動力となった数多くの逸材が輩出された。門下生には久坂玄瑞、吉田稔麿、高杉晋作などがいるが、この塾に通っていたのは主に近所の青年たち。外観は瓦ぶきの家で、講義室だった8畳の部屋には松陰の像と机が置かれている。ユネスコ認定の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」に含まれる。

住所 山口県萩市椿東椎原1537
電話 0838-22-4643
営業時間 外部見学は自由
定休日 無休
提供 るるぶDATA
i-TAKイベント情報
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
掲載されている情報の画像、文章等の無断転載を禁止します。
http://web.map-m.com/service/gazoo/mapterms.html
URL http://hagishi.com/search/detail.php?d=100009
アクセス方法 JR山陰本線「東萩駅」から徒歩15分または萩循環まぁーるバス東回り「松陰神社前」すぐ
駐車場について 有/120台

おすすめスポット​