車齢約30年のロードスターをGTスタイルにカスタム!!

1989年がデビューイヤーのNA6CEロードスターは、旧車として扱われてもおかしくない年式。とはいっても、まだまだカスタムやチューニングベースに活用される“ネオクラシック”としても人気が続いている。
もともとはマツダ・MX-5としてアメリカ市場への投入を前提にした設計は、日本人に馴染みの薄いオープンボディが特徴。派生モデルではなく純粋にオープンを前提にしたライトウエイトスポーツは、当時の日本車としても稀な存在であったことは間違いない。しかし日本導入と同時に多くのファンが飛びつき、ライトウエイトスポーツ復権の起爆剤となったのだ。
そんな初代ロードスター(1990年式)をGTスタイルでまとめあげているのがTEAM KSK所属のイガスさんの愛車。

NA6CEにはDOHC4気筒1600㏄と、軽量なボディに合わせた小排気量エンジンが搭載されている。サラッと街乗りする程度ならこのエンジンでも十分に楽しめるが、休日にワインディングを楽しみたいとなると少々役不足…そう感じたイガスさんが手に入れたのは、カリフォルニアのジャクソンレーシング製スーパーチャージャーキットだ。
そのおかげでノーマルでは120ps程度の最高出力は、一気に150psにまでアップ。スーパーチャージャー特有の低回転から湧き出るパワーとトルクは、小排気量のロードスターをさらに扱いやすくしてくれたという。
運転席からON/OFF操作ができるため、普段は燃費を重視してOFF、いざという時は過給ONでパフォーマンスアップが楽しめるという仕組みもお気に入りのポイントだ。

パフォーマンスアップだけでなく、スタイリングもスポーツカーらしくハードにチューニング済み。特にボディカラーは、知人の板金屋さんにわがまま言い放題の調色をお願いして作り上げたオリジナルレッド。マツダのソウルレッドをイメージしながらパールやメタリック量をさらに増量するなど、2度と同じ色は作れないだろうというのが難点ながら、塗り上がりの満足度は格別である。
また、スーパーチャージャーの搭載によって熱量が増えたエンジンのクーリングは、リトラクタブルヘッドライトを半開きにセットすることで、走行風を取り入れる工夫も行なわれている。
加えて純正ではウインカーレンズが納められる部分も、小型ウインカーに交換することでエアダクトとして活用。スタイリングを重視しながら機能性もアップしているのは見どころといえるだろう。

オールペンに合わせて仕上げたボディは、ファイバー製のフロントフェンダーを利用して18ミリ、リアは汎用フェンダーをパテ埋め成形することで55ミリのワイドボディ化が行なわれている。
もちろんこのフェンダーに合わせるホイールもイチオシのアイテム。超絶深リムを目指したセッティングはフロント8.5J、リア9.0Jのマイナスオフセットをチョイス。リムが深いだけに突起を気にすることなくスパイクナットが装着できるのも、こだわりポイントのひとつというわけだ。
ちなみにワイドボディの造形も流行のスタンス狙いではなく、GTスタイルをイメージ。リップやカナード、GTウイングの組み合わせもコンセプトに合わせた仕上げなのだ。

値段が手頃だったのが購入のキッカケだったというが、気がつけばカスタム費用は3ケタ万円以上投入。さらには走行距離14万kmを数え、古いクルマ特有の整備費もかさむなど“手軽に楽しむ”という当初の目論見とは少々(!?)アテが外れたというイガスさん。とはいっても、このクルマにしかない雰囲気や楽しみがあるだけに、今後も手間暇かけて付き合っていくとのことだ。

[ガズー編集部]