【西日本GR走行会 愛車紹介】バイクからS660へとマシンを変更、全開サーキット走行でストレス発散!!

コンパクトボディに小排気量エンジンを搭載、簡素な装備でリーズナブルな価格を実現することで多くの国民から親しまれてきた軽自動車。
時代とともにボディサイズや排気量は拡大され、現代の軽自動車は小型車を凌ぐほどの豪華さを持つものも少なくない。また、2シーターミッドシップやターボエンジンというパッケージングで、スポーツ性を追求したエポックメイキングなモデルも誕生するなど、多様性に富んだ発展を遂げている。
そんな軽自動車界のピュアスポーツ、ホンダ・S660でサーキット走行を楽しんでいるのがオーナーの楠川さんだ。

以前はバイクで岡山国際サーキットを走っていたという楠川さん。乗っていたのはYZF-R6という総排気量600ccのヤマハのスポーツバイク。ちょうどS660と同等の排気量のマシンだ。
その当時からこのS660は通勤の足として活用していたものの、サーキットはバイクで楽しむ場所であり、クルマで走ることなど一切考えていなかったという。
さらに「チューニングはサーキットを速く走るために必要な手段」と考えていたこともあり、S660はダウンサスで車高を調整する程度のスタイルで長らく乗っていたのだという。
ところが、会社の移転によって通勤手段を電車に変更しなければならなくなったことをキッカケに、状況は一変する。
毎日の通勤で楽しんでいたドライブの機会が失われてしまい、フラストレーションは溜まる一方。ちょうどその頃、通っていたショップで走行会に誘われたのは「まさに運命だった」とのこと。愛車になかなか乗れずに溜め込んでいたストレスを発散するべく、S660でのサーキットデビューを飾ったというわけだ。

前述のようにもともとバイクで岡山国際サーキットを走っていた経験はある。しかも2輪と4輪の違いはあれど、総排気量600ccクラスの車体はそれほど違いがない……なんて思ったのは大きな間違いだった。
体感するスピード感は圧倒的にバイクの方が高いが、裏を返せば同等のスピード領域でもクルマの方が安心感が高い。しかしコーナリング時などは車体と一体化することで感覚的にクリアできるバイクとは異なり、ブレーキとハンドル操作で車体を曲げなければならない。
どちらも技術と慣れが必要ではあるが、2輪よりも安心感が高く、これまでとは違った新たな刺激も受けたことから、S660でのサーキット走行にドップリと浸かりはじめたというわけだ。

ダウンサスによる車高調整など基本的には街乗り時から引き続き変更は行われていないが、サーキットを走り始めるとタイムへの欲求が生まれてくるもの。
そこで新たにHKS・GT100Rタービンキットを導入し、エンジンのパフォーマンスアップを実現。続いて軽量化のためのファイバー製ボンネットへの交換やエアロパーツの装着、リアウイングをかさ上げするステーの追加など、徐々にステップアップを積み重ねてきた。

さらにサーキットを走るためのアイテムとしてこの春に導入したのがAiMのデータロガー。バイク時代の仲間が最新モデルを輸入するのと合わせて、日本発売を前にして手に入れたという代物だ。
しかし、軽自動車規格のないイタリアでは当然ながらS660も輸出されていないため、解析ソフトウエアは皆無。残念ながら現在はGセンサーとGPS機能のみが活用できている程度なんだとか。
アクセルやブレーキング、ブーストの立ち上がりといった車体情報から多角的な視点で自分の走りを見直して…と活用できるかどうかは今後の解析ソフトのデリバリー次第とのこと。ちょっと導入するのが早すぎたのは、失敗とまでいわないが反省点のひとつだという。

「サーキットを楽しみ尽くすには、まだまだいろんな階段を登らなければいけないんですよね。クルマのセッティングはもちろん自分自身のドライビングスキルとか。こういったハードルを一つ一つ超えていくことが2輪、4輪関係なく楽しいんです。これまでずっと2輪でしたが、また1からスタートすることで新たな楽しみが増えちゃいましたよ」
もしも乗っていた愛車が軽自動車のS660ではなかったら、ここまで気軽にサーキット走行を楽しむことはできなかったはず。アクセルをおもいっきり踏めるちょうどいいパワーとサイズの愛機で、この日もストレス発散にいそしむ楠川さんであった。

[ガズー編集部]

「西日本GR走行会 @岡山国際サーキット」の記事

  • 【西日本GR走行会 愛車紹介】ディーラーメカニックが初愛車として選んだのはシビックキラーを目指すAE111レビン
    【西日本GR走行会 愛車紹介】ディーラーメカニックが初愛車として選んだのはシビックキラーを目指すAE111レビン
  • 【西日本GR走行会 愛車紹介】初めての愛車は86レーシング!21才が導き出した選択と将来の夢
    【西日本GR走行会 愛車紹介】初めての愛車は86レーシング!21才が導き出した選択と将来の夢
  • 【西日本GR走行会 愛車紹介】バイクからS660へとマシンを変更、全開サーキット走行でストレス発散!!
    【西日本GR走行会 愛車紹介】バイクからS660へとマシンを変更、全開サーキット走行でストレス発散!!
  • 【西日本GR走行会 愛車紹介】男気溢れるM2&86オーナーがサーキット未経験の後輩へ楽しさをお裾分け
    【西日本GR走行会 愛車紹介】男気溢れるM2&86オーナーがサーキット未経験の後輩へ楽しさをお裾分け
  • 【西日本GR走行会 愛車紹介】ハイブリッドだってサーキットを楽しめる!オールマイティを目指すアクアオーナーのこだわり
    【西日本GR走行会 愛車紹介】ハイブリッドだってサーキットを楽しめる!オールマイティを目指すアクアオーナーのこだわり

カタログ

  • ホンダ S660
    ホンダ S660

あわせて読みたい「S660」の記事

  • 【試乗記】ホンダS660モデューロX(MR/6MT)
    【試乗記】ホンダS660モデューロX(MR/6MT)
  • 【試乗記】ホンダS660モデューロX(MR/6MT)
    【試乗記】ホンダS660モデューロX(MR/6MT)

あわせて読みたい「クルマイベント・オフ会」の記事

  • “ハチロク”ファンのためのイベント「Fuji 86 Style with BRZ 2018」
    “ハチロク”ファンのためのイベント「Fuji 86 Style with BRZ 2018」
  • 数百台のフェラーリが富士スピードウェイに集結!【フェラーリ・レーシング・デイズ 富士2018】
    数百台のフェラーリが富士スピードウェイに集結!【フェラーリ・レーシング・デイズ 富士2018】
  • チューニングカーからF1マシンまで70台が大集結!「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」
    チューニングカーからF1マシンまで70台が大集結!「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」
  • 最新チューニングカーを見て聞いて運転できる「HKS PREMIUM DAY in FSW 2018」
    最新チューニングカーを見て聞いて運転できる「HKS PREMIUM DAY in FSW 2018」
  • 【スピード×サウンドトロフィー2017】有名チューニングカーや貴重な旧車が「つくば」を走る!
    【スピード×サウンドトロフィー2017】有名チューニングカーや貴重な旧車が「つくば」を走る!
  • 本物のWRカーもやってきた!「スバル・インプレッサ 誕生25周年ミーティング」
    本物のWRカーもやってきた!「スバル・インプレッサ 誕生25周年ミーティング」
  • クルマで集まる「芋煮会」で感じた、クルマオフ会のメリット・デメリット
    クルマで集まる「芋煮会」で感じた、クルマオフ会のメリット・デメリット
  • 右も左も3代目ハリアーだけ! ハリアーオフ会レポート
    右も左も3代目ハリアーだけ! ハリアーオフ会レポート
  • 初の雨天開催!「オーテック・オーナーズ・グループ 湘南里帰りミーティング」イベントレポ
    初の雨天開催!「オーテック・オーナーズ・グループ 湘南里帰りミーティング」イベントレポ
  • とんがり系女子大集合! とんがりガールズゆるりオフ会レポ
    とんがり系女子大集合! とんがりガールズゆるりオフ会レポ
  • ドライブウェイ開業! 86S伊吹山初走りイベントレポ
    ドライブウェイ開業! 86S伊吹山初走りイベントレポ
  • RX-7誕生40周年!「RX-7 40th Anniversary at FUJI SPEEDWAY」 イベントフォトレポート
    RX-7誕生40周年!「RX-7 40th Anniversary at FUJI SPEEDWAY」 イベントフォトレポート
  • 史上最多の800台のランドクルーザーが集まる「LCM」
    史上最多の800台のランドクルーザーが集まる「LCM」
  • GAZOO愛車広場 出張撮影会 in秩父(2018.11.23)
    GAZOO愛車広場 出張撮影会 in秩父(2018.11.23)
  • ファン感謝デー特集2018(トヨタ/ホンダ/日産/マツダ)
    ファン感謝デー特集2018(トヨタ/ホンダ/日産/マツダ)
  • 東京オートサロン2019特集
    東京オートサロン2019特集

愛車広場トップ

  • 愛車広場トップへ
    愛車広場トップへ