【お台場旧車天国2018 愛車紹介】車検取得のために元オーナーを探した苦節7年、レアな“当時モノ”カラーの2代目サンバー

最近では家電を購入する際にもインターネット通販を利用するひとが増えているが、少し前には量販店全盛の時代があり、さらにさかのぼると個人商店による街の電器屋さんが家電購入の窓口となっていた。当時、そのような街の電器屋さんの看板としての役割を果たしていたのが、ひと目でどこの家電メーカーかがわかるよう宣伝広告を兼ねたカラーリングが施された営業車だ。

『ナショナル電設資材』という名前が入ったこの2代目サンバー(K55)を現在所有しているのは、電材屋さんとはまったく関係のない職業に就く40代のオーナー。趣味でガレージに自己所有するサンバーは、車検なしの部品取り用も合わせて10台以上もあるというほどのマニアだが、手に入れた数々のサンバーのなかでも、とくに乗るまでに苦労したのがこの1台だったという。

「最初はネットオークションを通じてこのクルマを購入しました。不動車になって手放されてから、だれも修理できず走れないままオーナーがめぐりめぐったようで、車検に必要な書類も一切ない状態で出品されていました。でも、このサンバーは当時の電器屋さんでよく知られている水色・白・赤の『ナショナルカラー』ではなく、これまで見たことがない珍しいカラーだったので、どうしても欲しいと思ったんです」とオーナー。

「新規車検登録に必要な書類が揃っていない状態だったのですが、どうしても車検をとって乗りたかったので、このクルマの書類を手に入れようと必死になりました。まずは出品者に話を聞くとリサイクルショップから手に入れたものだとわかり、そこでも話を聞くと一度、無線屋に渡っていたらしいと言われました。そこで目星を付けた地域の無線屋さんを聞いて回ったところ、ようやく最初のオーナーの電材屋さんを見つけることができました」
そしてオーナーにサンバーを手に入れた経緯と、再び車検をとって乗りたい意思を伝えると快く協力してもらうことができ、必要書類を用意。パーツも揃えて修理も完了したことで晴れて車検を取得できたのだという。同様にそのままのカラーリングで乗ることについても承諾をもらったが、屋号だけはオーナーが当時の名前のまま営業を続けていたため『松下電材』と書き変えている。
こうして、晴れてナンバーを取得することができたときには、最初にネットオークションで車体を購入してから7年間もの歳月が経過していた。

直列2気筒の360ccエンジンを積み、RRのレイアウトは初代と同じ。こちらはエンジンのある最後部の高さのままフラットに荷台が設計された高床タイプとなっている。サンバーといえば、積載量を増すためエンジン位置の荷台高さは変えずにホイールベース部分の荷台をひざの高さまで下げた『バスタブ』形状の低床タイプもポピュラーだが、おそらく電材屋での用途にはフラットな高床タイプのほうが使い勝手が良かったのだろう。

トラック仕様だが荷物がむき出しにならないように、オーダーメイドのホロも装着されている。荷台を見せていただくと、サンバーに乗って息子と一緒に楽しむというキャンプ道具一式が積まれていた。そもそも、オーナーがサンバーを好きになったのは、子供が生まれていっしょにトミカを集めだしたときに買った、スバルリミテッドのサンバーをとても気に入ったのがキッカケだったという。

イベント会場にもいっしょに訪れていた11才と9才になる男の子は、どちらもお父さんの影響でクルマ好き。この日の会場で一番気に入ったクルマは「初代のクチビルサンバー!」とのことだが、父の2代目サンバーももちろん大好き。休日の楽しみのひとつはサンバーだけが10台以上もある父のガレージで過ごすこと。このサンバーに装着されているホイールカバーを磨くのを手伝うなど、すでにクルマ好きへのエリートコースを邁進しているようだ。

(テキスト:長谷川実路 / 写真:堤 晋一)

[ガズー編集部]

「お台場旧車天国2018 @お台場」の記事

  • 【お台場旧車天国2018 愛車紹介】31年間乗っても愛情を持ち続けられる魅力あるデザインの いすゞ・ピアッツァJR120型
    【お台場旧車天国2018 愛車紹介】31年間乗っても愛情を持ち続けられる魅力あるデザインの いすゞ・ピアッツァJR120型
  • 【お台場旧車天国2018 愛車紹介】18才の若者を魅了する軽自動車ベースのRV、スバル・ドミンゴの持つポテンシャル
    【お台場旧車天国2018 愛車紹介】18才の若者を魅了する軽自動車ベースのRV、スバル・ドミンゴの持つポテンシャル
  • 【お台場旧車天国2018 愛車紹介】時間とお金はすべてクルマのために 21才大学生のフィアット・X1/9オーナー
    【お台場旧車天国2018 愛車紹介】時間とお金はすべてクルマのために 21才大学生のフィアット・X1/9オーナー
  • 【お台場旧車天国2018 愛車紹介】車検取得のために元オーナーを探した苦節7年 、レアな“当事モノ”カラーの2代目サンバー
    【お台場旧車天国2018 愛車紹介】車検取得のために元オーナーを探した苦節7年 、レアな“当事モノ”カラーの2代目サンバー
  • 【お台場旧車天国2018 愛車紹介】4ドアセダンの受注生産ラリー競技ベース車両はクルマ好き家族の理想のファミリーカーだった。ニッサン・ブルーバードSSS-R
    【お台場旧車天国2018 愛車紹介】4ドアセダンの受注生産ラリー競技ベース車両はクルマ好き家族の理想のファミリーカーだった。ニッサン・ブルーバードSSS-R

あわせて読みたい「スバル車」の記事

  • 軽トラ女子、ママになる。離島でのファミリーカー選びについて聞いてみた
    軽トラ女子、ママになる。離島でのファミリーカー選びについて聞いてみた
  • オーナー自ら8年の歳月を掛けてレストア。一生モノの愛車、スバル レックス GSR(K21型)
    オーナー自ら8年の歳月を掛けてレストア。一生モノの愛車、スバル レックス GSR(K21型)
  • 機械遺産に選ばれたてんとう虫、家族に愛されるスバル360(K111型)
    機械遺産に選ばれたてんとう虫、家族に愛されるスバル360(K111型)
  • 「SUBARU」へ社名変更! 「富士重工業」の歴史をたどる
    「SUBARU」へ社名変更! 「富士重工業」の歴史をたどる

あわせて読みたい「クルマイベント・オフ会」の記事

  • ファン感謝デー特集2018
    ファン感謝デー特集2018
  • “ハチロク”ファンのためのイベント「Fuji 86 Style with BRZ 2018」
    “ハチロク”ファンのためのイベント「Fuji 86 Style with BRZ 2018」
  • 数百台のフェラーリが富士スピードウェイに集結!【フェラーリ・レーシング・デイズ 富士2018】
    数百台のフェラーリが富士スピードウェイに集結!【フェラーリ・レーシング・デイズ 富士2018】
  • チューニングカーからF1マシンまで70台が大集結!「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」
    チューニングカーからF1マシンまで70台が大集結!「モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ」
  • 最新チューニングカーを見て聞いて運転できる「HKS PREMIUM DAY in FSW 2018」
    最新チューニングカーを見て聞いて運転できる「HKS PREMIUM DAY in FSW 2018」
  • 【スピード×サウンドトロフィー2017】有名チューニングカーや貴重な旧車が「つくば」を走る!
    【スピード×サウンドトロフィー2017】有名チューニングカーや貴重な旧車が「つくば」を走る!
  • 本物のWRカーもやってきた!「スバル・インプレッサ 誕生25周年ミーティング」
    本物のWRカーもやってきた!「スバル・インプレッサ 誕生25周年ミーティング」
  • クルマで集まる「芋煮会」で感じた、クルマオフ会のメリット・デメリット
    クルマで集まる「芋煮会」で感じた、クルマオフ会のメリット・デメリット
  • 右も左も3代目ハリアーだけ! ハリアーオフ会レポート
    右も左も3代目ハリアーだけ! ハリアーオフ会レポート
  • 初の雨天開催!「オーテック・オーナーズ・グループ 湘南里帰りミーティング」イベントレポ
    初の雨天開催!「オーテック・オーナーズ・グループ 湘南里帰りミーティング」イベントレポ
  • とんがり系女子大集合! とんがりガールズゆるりオフ会レポ
    とんがり系女子大集合! とんがりガールズゆるりオフ会レポ
  • ドライブウェイ開業! 86S伊吹山初走りイベントレポ
    ドライブウェイ開業! 86S伊吹山初走りイベントレポ
  • RX-7誕生40周年!「RX-7 40th Anniversary at FUJI SPEEDWAY」 イベントフォトレポート
    RX-7誕生40周年!「RX-7 40th Anniversary at FUJI SPEEDWAY」 イベントフォトレポート
  • 史上最多の800台のランドクルーザーが集まる「LCM」
    史上最多の800台のランドクルーザーが集まる「LCM」

愛車広場トップ

  • 愛車広場トップへ
    愛車広場トップへ