クルマ離れ世代のクルマ好き22歳男子の野望 ―70スープラが欲しい!― Vol.7

みなさま、こんにちは!暖かい年の瀬を迎えておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
70スープラオーナーとなって数か月のナナマルくんですが、仕事に追われお休みの日に嫁車に乗ることを束の間の歓びとする、何とも社会人らしい雰囲気を漂わせるようになりました。良いことです。ローンを返さないといけませんからね。たくましくあれと思います。

なかなか時間をかけてクルマを触る暇がないらしく、“忙しい忙しい”を連発しておりますが、そこは出来たうちの嫁(?)でございます。“私と仕事とどっちが大事なの!?”などと言うことは一切ありません。何と都合の良い嫁でしょう。“都合の良い”という言葉は、女子の嫌う言葉、不用意に使うと大変なことになりますね、すみません。でも仕事の疲れを癒す良い嫁のようです(笑)。短いながらも時間を作り、乗っては少しでもピカピカにしてあげているとか。

最近の一番の遠出は、箱根デートだった模様。たぶんドヤ顔で送りつけてきたと思われるLINEの写真が上記の写真です。私が激務の時でしたので、まあうらやましいこと。息子が嫁側についてしまうのは仕方ないです。今から予行練習です。

こうして、クルマとの思い出がこれから先も増えていくのでしょう。思い出はきっと私よりも遥かに多くなりそうですね。やっぱり若いうちに免許を取得して、たくさんクルマに乗って欲しいですね。思い出の行動範囲も広くなりますからね。

さて、これまで嫁車にしてあげた事のおさらいとしてお話しをすると、以前も書きましたがドレスアップより性能を重視して来たそうです。お金が無いとも言いますが…。外装は、購入当初と変わりがなく、大きな変化は、タイヤとマフラー交換でしょうか。ちなみに、私が首に巻くマフラーの話をしていた際に、ナナマルくんは硬い方のマフラーの話をしていたという家庭内の親子すれ違い話は、我が家では冬の風物詩となっております。

下記は、寝ても覚めても70スープラの証拠写真です。

(焼肉に行った際に、ストローを使用して、純正マフラーとそうではないモノについて熱く語るナナマルくん)

(解像度が低いので見づらいですが、友人に撮ってもらったという、70スープラへの愛情があり余り過ぎて、よくわからない行動に出た写真)

今後時間をかけてやりたいことは、車高調、そしてもっとグリップ力をあげたいのでタイヤをまた変えたい、ブレーキ系(スリット入りローター、ブレーキパッド、ステンメッシュホース)、吸気系(サクション、ターボパイプ)、排気系(等長エキマニ)、タービンアウトレット、フロントパイプ、点火系(プラグ7番か8番)などを検討中とのことです。

最近は、近くのショップを紹介してくださったり、過去にオーナーだった方からありがたくまた懐かしいお話を「筆者」が伺う機会が増えましたが、私ではお話になりません…。ナナマルくん、お正月にお休みをいただけるとの事なので、いつも行っては居るようですが、大黒へと思っております。

1月2日夜、午後8時くらいに大黒パーキングエリア。お正月は、みなさまのんびりですよね。誰も来ない?であろうこの時期を敢えて選択(笑)。その時の状況にもよりますが、そんな一年のスタートをしてみようかと考え中です。

まさか我が家のクルマが、3台になるとは思わなかった年初でしたが、これからもクルマの思い出作り、筆者も頑張ります!ナナマルくんの反響の大きさに非常にびっくりした一年でしたが、みなさま良いお年をクルマと共にお迎えください! それでは、また!

[ガズー編集部]