オーナーと同じ1969年生まれのヨタハチ。後期限定ブルメタカラーにカメラマンも感嘆

2019年3月17日(日)にウッディパル余呉(滋賀県長浜市余呉町)にて開催した「GAZOO愛車広場 出張撮影会 in長浜」では、参加台数約100台、近畿地方を中心に様々な愛車のオーナーさんたちにお集まりいただきました。
今回は、撮影会に参加された愛車の中から、撮影を担当していたカメラマンたちの総意で選ばれた1台、トヨタ・スポーツ800(UP15)をご紹介します。

愛車プロフィール

<車種>
トヨタ・スポーツ800(UP15)

<年代>
60年代(69年式)

<オーナー>
40代男性 兵庫県在住

<愛車とのエピソード>
たまたま旧車ショップで見かけたヨタハチが気になり、その後生まれ年と同じ69年式を探しはじめたというオーナーさん。5年前にフルレストア済みの車両を購入したものの、キャブの調子が今ひとつだったため、約2年をかけてベストな状態へと仕上げ直したという。今では気負うことなくどこにでも乗っていけるコンディションで、TOYOTA GAZOO Racing FESTIVALなどではオーナーズクラブの兵庫県代表としてパレードに参加するなど、ヨタハチを通じた世界の広がりも楽しみのひとつだという。

69年式からはバックランプが装着されているため、夜間のバック時などはこの年式がいちばん安全なのだとか。またオーバーライダーの形状など、豊富な特徴もこだわりのひとつ。

オーナー同士のコミュニティから補修パーツなどを入手できることもあり、年代こそ古くても今も変わらず乗り続けることが可能だとか。内外装レストア済みだけに各部のコンディションも抜群。

購入後約2年をかけて完調まで引き上げたエンジンも、各部オーバーホールによって絶好調。小排気量でも車重が軽いため、燃費は20km/Lと現代の省燃費車並みというのは自慢のポイント。

コンパクトボディにラウンドフォルムはこの時代の最先端。ボディカラーも69年式のみに設定されていたもので、イベントなどでほかにあまり見かけないのも愛着が深まる理由のひとつ。

[ガズー編集部]

時代を振り返る

  • 60年代以前の名車・旧車・自動車史
    60年代以前の名車・旧車・自動車史

トヨタ・スポーツ800の記事

  • カタログ「トヨタ・スポーツ800」
    カタログ「トヨタ・スポーツ800」
  • 【GAZOO愛車広場 出張撮影会】ドライブの足として現役で活躍中!14年間乗り続ける元祖小型スポーツカー、トヨタ・スポーツ800
    【GAZOO愛車広場 出張撮影会】ドライブの足として現役で活躍中!14年間乗り続ける元祖小型スポーツカー、トヨタ・スポーツ800
  • 【動画】名車の音を聴く ~ トヨタ・スポーツ800
    【動画】名車の音を聴く ~ トヨタ・スポーツ800
  • Fun to Driveの原点、トヨタ・スポーツ800と暮らす喜び
    Fun to Driveの原点、トヨタ・スポーツ800と暮らす喜び

GAZOO愛車広場 出張撮影会

  • トップページ
    トップページ
  • イベントレポート
    イベントレポート

愛車広場トップ

  • 愛車広場トップへ
    愛車広場トップへ