トヨタ・パッソ モーダ 試乗インプレッション 走行編

フロント部分が広々としており、発進もアクセルペダルに軽く足を乗せているだけでスッと加速する。

路面の荒れた道路ではゴーッとした音が気になるものの、タイヤのあたりはマイルドで、シートが腰やおしりのあたりを包んでくれる感触もあり、乗り味はやさしい感覚だ。

アクセルの踏み込みによって車体が嫌に前後することもなく、同乗者にも負担は少ないだろう。
ボディの軽量化や、基本性能を補う為の強化が行われた為、先代に比べると走りを磨き上げてきた印象である。

車線変更時の姿勢の収まりもよく、スムーズに走らせることができる。
カーブが連続するような場所でも、おだやかにやさしく向きを変えていく動きをする。

ドライブのしやすさ、快適性のバランスがうまく取れた、街乗りを小粋に楽しめるクルマだ。
(解説:モータージャーナリスト・藤島知子)