【試乗記】トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)

【試乗記】トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)
トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)

新章の幕開け

トヨタがBMWとのコラボレーションによって復活させた高性能スポーツカー「スープラ」。雨の袖ヶ浦フォレストレースウェイで試乗したそのプロトタイプは、既存のトヨタ車とは一味違う“ハンドリングマシン”となっていた。

初代、2代目とは異なるコンセプト

「スープラ」という車名は、1978年に登場した北米向け「セリカXX」に初めて使用された。セリカの派生モデルではなく独立車種となったのは、1986年にA70系が登場してからだ。
「スープラ」という車名は、1978年に登場した北米向け「セリカXX」に初めて使用された。セリカの派生モデルではなく独立車種となったのは、1986年にA70系が登場してからだ。
主査の多田哲哉氏によると、映画『ワイドスピード』の影響もあってか、「スープラ」の復活については特に北米市場が盛り上がっているという。
主査の多田哲哉氏によると、映画『ワイドスピード』の影響もあってか、「スープラ」の復活については特に北米市場が盛り上がっているという。
黒いカバーで覆われた試乗車のインストゥルメントパネルまわり。メーターには広範囲にわたり液晶モニターが使用されていた。
黒いカバーで覆われた試乗車のインストゥルメントパネルまわり。メーターには広範囲にわたり液晶モニターが使用されていた。
今回の試乗は、雨天の下、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われた。
今回の試乗は、雨天の下、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われた。
日本市場にとってのスープラの歴史は、1986年に登場したA70系にさかのぼる。トヨタは7M型3リッターターボを搭載したそれをCM上で “トヨタ3000GT”と銘打ち、かの「2000GT」との連続性を意識させた。バブルが膨らみ始めた時世も相まってか、当時のステータスシンボルだった「ソアラ」とともに順調にセールスを伸ばしていった。

その当時からスペシャリティー系のソアラに対してスポーティーなキャラ付けはなされていたものの、その志向がより端的になったのはグループAホモロゲーション用に500台限定で発売された「ターボA」の登場だろう。次いで1990年には、それこそトヨタ2000GTから20年以上続いたM系6気筒の歴史に終止符を打ち、最新設計のJZ系へとエンジンをスイッチしたことによりハイパワー化への素地(そじ)も整ったわけだ。

そして1993年に登場したA80系スープラは、バブルがはじけた頃ではありながら、財布のひもを緩めるに十分な説得力を見るからに備えていた。曲面的に抑揚の効いたボディーは、それこそバブル期の積極的設備投資のたまものだ。誰もがあぜんとさせられた後部にそびえ立つウイングは、米国からの規制緩和の圧力をバネに国内認可を取り付けた、トヨタならではのパワープレーの結果だろう。

パワーといえば、エンジンも2.5リッターの1JZから3リッターの2JZにスイッチされる。持ち前のブロックやタービンの頑丈さ、大容量インジェクターの採用など、その仕様が“おあつらえ”だったこともあり、A80系スープラはチューニングのベース車両としても人気を博した。僕自身、試乗歴の中で最も強力なパワーを持つクルマは、今もって某ショップの手がけたA80系スープラだ。“テストベンチで880ps”というそれは、真のターボパワーとはどういうものなのかをゾッとするほど味わわせてくれた。

そんなスープラは、かれこれ16年以上ぶりの復活にあたり、ボディー形状こそ2ドアハッチバックを継承しながらそのコンセプトを違えている。それすなわち、ハンドリング>パワーということだ。

「スープラ」という車名は、1978年に登場した北米向け「セリカXX」に初めて使用された。セリカの派生モデルではなく独立車種となったのは、1986年にA70系が登場してからだ。
「スープラ」という車名は、1978年に登場した北米向け「セリカXX」に初めて使用された。セリカの派生モデルではなく独立車種となったのは、1986年にA70系が登場してからだ。
主査の多田哲哉氏によると、映画『ワイドスピード』の影響もあってか、「スープラ」の復活については特に北米市場が盛り上がっているという。
主査の多田哲哉氏によると、映画『ワイドスピード』の影響もあってか、「スープラ」の復活については特に北米市場が盛り上がっているという。
黒いカバーで覆われた試乗車のインストゥルメントパネルまわり。メーターには広範囲にわたり液晶モニターが使用されていた。
黒いカバーで覆われた試乗車のインストゥルメントパネルまわり。メーターには広範囲にわたり液晶モニターが使用されていた。
今回の試乗は、雨天の下、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われた。
今回の試乗は、雨天の下、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われた。

BMWとのコラボがもたらした好作用

新型「スープラ」のフロントビュー。「キーンルック」や「アンダープライオリティ」といった今日のトヨタ車の“お約束”は守りつつ、前に突き出たノーズなど、既存のモデルとは趣の異なる意匠となっている。
新型「スープラ」のフロントビュー。「キーンルック」や「アンダープライオリティ」といった今日のトヨタ車の“お約束”は守りつつ、前に突き出たノーズなど、既存のモデルとは趣の異なる意匠となっている。
長めのフロントオーバーハングが目を引くサイドビュー。カムフラージュされたボディーには、「TOYOTA」ではなく「GR TOYOTA GAZOO Racing」と書かれていた。
長めのフロントオーバーハングが目を引くサイドビュー。カムフラージュされたボディーには、「TOYOTA」ではなく「GR TOYOTA GAZOO Racing」と書かれていた。
カムフラージュに紛れ込まされた「A90」の文字から見るに、次期型スープラにはA90という型式が与えられそうだ。
カムフラージュに紛れ込まされた「A90」の文字から見るに、次期型スープラにはA90という型式が与えられそうだ。
参考として、コンポーネンツを共有する「BMW Z4」のスペックを記載すると、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1864×1304mm、ホイールベースは2470mm、車重は1610kgとなっている(欧州仕様)。
参考として、コンポーネンツを共有する「BMW Z4」のスペックを記載すると、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1864×1304mm、ホイールベースは2470mm、車重は1610kgとなっている(欧州仕様)。
米国市場を中心に考えられてきたスープラは、どちらかといえば時代ごとのハイパワーストレート6を長いノーズに収め、長めのホイールベースで走らせるというスタビリティー重視のセットアップとなっていた。そこに微妙な是正が掛けられたのもA80系の特徴ではあったが、ピュアスポーツカー的な見地に立てば、それでも2+2パッケージという妥協があったわけだ。

偽装用のラッピングからしてA90系を名乗ることが明白な新型スープラは、完全な2シーターパッケージとしてホイールベースを大幅に短縮。ホイールベース/トレッド比を1.6以下のスクエアレシオとしている。これこそが「BMW Z4」との共同開発の核たるところで、その前提条件があったから新型スープラはここまで大胆なパッケージに振り切れたという見方もできるだろう。今回のプロトタイプ試乗会では、トヨタ側から新型スープラにまつわるデータは一切出てこなかったが、基本的なジオメトリーはZ4とほぼ同一であることは既に確認されている。

オープンカー前提の車台に屋根が固定されるということは、当然車両剛性の向上が望めるわけで、新型スープラのそれは静的ねじり特性において「86」の2.5倍、カーボンモノコックを用いる「レクサスLFA」よりも高い数値になっているという。そんな話ならほとんど鉄塊みたいなものではないかという気にもなるが、その話があながち眉唾でもないことはドアを開ければ目に入るサイドシルが物語る。Bピラー側に向かって斜めに駆け上がる太いそれは、乗降性をうんぬん言い始めれば設計時点でNGを食らってもおかしくない形状だ。BMWとのジョイントという政治的背景がスポーツカーの理想像を突き詰めるのに好作用をもたらしたことは、トヨタ基準においてことのほか口やかましいだろう地上高を抑えて重心高の低下につなげたことからも察せられる。その他、Z4との共通項は内装の仕立て質感やエンジン&トランスミッションのフィーリングなどにもみてとれた。

新型「スープラ」のフロントビュー。「キーンルック」や「アンダープライオリティ」といった今日のトヨタ車の“お約束”は守りつつ、前に突き出たノーズなど、既存のモデルとは趣の異なる意匠となっている。
新型「スープラ」のフロントビュー。「キーンルック」や「アンダープライオリティ」といった今日のトヨタ車の“お約束”は守りつつ、前に突き出たノーズなど、既存のモデルとは趣の異なる意匠となっている。
長めのフロントオーバーハングが目を引くサイドビュー。カムフラージュされたボディーには、「TOYOTA」ではなく「GR TOYOTA GAZOO Racing」と書かれていた。
長めのフロントオーバーハングが目を引くサイドビュー。カムフラージュされたボディーには、「TOYOTA」ではなく「GR TOYOTA GAZOO Racing」と書かれていた。
カムフラージュに紛れ込まされた「A90」の文字から見るに、次期型スープラにはA90という型式が与えられそうだ。
カムフラージュに紛れ込まされた「A90」の文字から見るに、次期型スープラにはA90という型式が与えられそうだ。
参考として、コンポーネンツを共有する「BMW Z4」のスペックを記載すると、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1864×1304mm、ホイールベースは2470mm、車重は1610kgとなっている(欧州仕様)。
参考として、コンポーネンツを共有する「BMW Z4」のスペックを記載すると、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4324×1864×1304mm、ホイールベースは2470mm、車重は1610kgとなっている(欧州仕様)。

ある程度の姿勢変化は許容する

スチールとアルミニウムを使用した車体は、フルカーボンの「レクサスLFA」を超える剛性を実現しているという。
スチールとアルミニウムを使用した車体は、フルカーボンの「レクサスLFA」を超える剛性を実現しているという。
タイヤサイズは、前が255/35ZR19、後ろが275/35ZR19。銘柄は「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」で、BMWのOE装着タイヤであることを示す「★」マークが付いていた。
タイヤサイズは、前が255/35ZR19、後ろが275/35ZR19。銘柄は「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」で、BMWのOE装着タイヤであることを示す「★」マークが付いていた。
走行モードは「ノーマル」と「スポーツ」の2種類、VSCの介入度合いについては「オン」「トラック」「オフ」の3種類の制御が用意されている。
走行モードは「ノーマル」と「スポーツ」の2種類、VSCの介入度合いについては「オン」「トラック」「オフ」の3種類の制御が用意されている。
ドライブトレインには2WAYの電子制御式アクティブディファレンシャルを搭載。各種センサーから得られた情報をもとに、0~100%でロック率を制御する。
ドライブトレインには2WAYの電子制御式アクティブディファレンシャルを搭載。各種センサーから得られた情報をもとに、0~100%でロック率を制御する。
クローズドコースによる試乗では、その剛性感を余すことなく確認することが……と言いたいところだが、新型スープラとの初対面はオートワイパーが高速作動するほどのヘビーウエットだった。これでは剛性うんぬんがわかるべくもない。コースに出てみればアクセルのわずかな動きに後輪がスルッ、お尻がズリッとうごめき出す。本当はVSCが抑えなければならない領域だが、その介入はべちゃべちゃの路面を差し引いてもデフォルトで想像以上に深いところまで我慢する設定となっている。このあたりでもトヨタ的……とは一線を画することがわかる。

新型スープラにはさらに車体を曲げるための2つの武器がある。ひとつはVSCのトラクションモード、もうひとつは多板クラッチを用いた電子制御機械式リアデフだ。トラクションモードはVSCの介入を遅らせてアクセルコントロールによるオーバーステアを一定量許容するもので、BMWでもM系のモデルに用いられているモードだ。リアデフは速度やヨー、舵角に応じて0~100%でロック率を制御、積極的に旋回を高めるだけでなく、直進時のスタビリティー向上にも作用しているという。

ともに低ミュー路ではその効果がやや極端に表れるため、定かなことは言えないが、総じての感想は「極端な着色はなくニュートラル傾向にまとめられているかな」というものだった。そう思わされたひとつの理由は、スープラの足まわりのセットアップにあるかもしれない。快晴の下に行われたZ4の試乗では、そのソリッドさに驚かされるとともに「これに屋根も載ってやる気満々の新型スープラは、痛々しいほどの曲がりたがりになるのではないか」と思わされた。そんな僕の見立てに反して、新型スープラのサスセットは入力に応じた姿勢変化をある程度は許容する、気持ちマイルド系にしつけられていた。そしてアクセルのワイドオープンではさく裂する340ps(個人的推定)を推進力に変えるのに、リアデフも確かにしっかり寄与している。

スチールとアルミニウムを使用した車体は、フルカーボンの「レクサスLFA」を超える剛性を実現しているという。
スチールとアルミニウムを使用した車体は、フルカーボンの「レクサスLFA」を超える剛性を実現しているという。
タイヤサイズは、前が255/35ZR19、後ろが275/35ZR19。銘柄は「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」で、BMWのOE装着タイヤであることを示す「★」マークが付いていた。
タイヤサイズは、前が255/35ZR19、後ろが275/35ZR19。銘柄は「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」で、BMWのOE装着タイヤであることを示す「★」マークが付いていた。
走行モードは「ノーマル」と「スポーツ」の2種類、VSCの介入度合いについては「オン」「トラック」「オフ」の3種類の制御が用意されている。
走行モードは「ノーマル」と「スポーツ」の2種類、VSCの介入度合いについては「オン」「トラック」「オフ」の3種類の制御が用意されている。
ドライブトレインには2WAYの電子制御式アクティブディファレンシャルを搭載。各種センサーから得られた情報をもとに、0~100%でロック率を制御する。
ドライブトレインには2WAYの電子制御式アクティブディファレンシャルを搭載。各種センサーから得られた情報をもとに、0~100%でロック率を制御する。

普通のトヨタ車ではない

袖ヶ浦フォレストレースウェイで試乗した「スープラ」は、ウエット路面であったことを差し引いても、姿勢変化をかなり許容するクルマに感じられた。
袖ヶ浦フォレストレースウェイで試乗した「スープラ」は、ウエット路面であったことを差し引いても、姿勢変化をかなり許容するクルマに感じられた。
開発に際しては、ニュルブルクリンク北コースなどのクローズドコースだけでなく、公道で走りを煮詰めることも重視。走行テストのおよそ9割を、世界中の公道で行ったという。
開発に際しては、ニュルブルクリンク北コースなどのクローズドコースだけでなく、公道で走りを煮詰めることも重視。走行テストのおよそ9割を、世界中の公道で行ったという。
新型「スープラ」の世界初公開は、2019年の北米国際自動車ショーで行われる予定。市場投入までの間に、あと1回のアップデートを予定しているという。
新型「スープラ」の世界初公開は、2019年の北米国際自動車ショーで行われる予定。市場投入までの間に、あと1回のアップデートを予定しているという。
ただし、そこから向こうの“滑り出し”については、ちょっと注意が必要かもしれない。路面状況を差し引いて考えてもブレークのスピードは速く、慣れなければヒヤッとさせられることもあった。FRで50:50の重量配分、そしてくだんのホイールベース/トレッド比を思えばこの動きの速さは当然で、修正舵にも素早く応答するわけだが、無神経な運転に対して普通のトヨタ車ほど過保護ではないことをきちんと理解しておいた方がいいだろう。

新型スープラの生産はZ4と同じくマグナ・シュタイヤーのグラーツ工場だが、いわゆるトヨタ品質的な話についてはBMW側、工場側とも相当な折衝を重ねてきたこともあり、基本的には他のトヨタ車と同じワランティーを付与することができそうだという。販売も現時点ではすべてのトヨタ店で取り扱われる予定。そして万一の重整備についても、トヨタの側で対応できる体制が採られつつある。

モータースポーツ的な話をすれば、今、メーカーからマーケティング的に重宝されつつあるFIA−GT4クラスなどのベース車となる可能性も十分にあるだろう。さらにその周辺動向をみていると、例えばPS4ソフト『グランツーリスモSPORT』のプラットフォームを用いたeスポーツとの融合といった、新たな参加方法も考えられるかもしれない。

ともあれ、さまざまな思いを受け止める度量を備えたスポーツカーの誕生は手放しでうれしいものだ。新型スープラの詳細は2019年1月14日のデトロイトモーターショーにおいて、アンベールとともに発表される。

(文=渡辺敏史/写真=荒川正幸、トヨタ自動車/編集=堀田剛資)

袖ヶ浦フォレストレースウェイで試乗した「スープラ」は、ウエット路面であったことを差し引いても、姿勢変化をかなり許容するクルマに感じられた。
袖ヶ浦フォレストレースウェイで試乗した「スープラ」は、ウエット路面であったことを差し引いても、姿勢変化をかなり許容するクルマに感じられた。
開発に際しては、ニュルブルクリンク北コースなどのクローズドコースだけでなく、公道で走りを煮詰めることも重視。走行テストのおよそ9割を、世界中の公道で行ったという。
開発に際しては、ニュルブルクリンク北コースなどのクローズドコースだけでなく、公道で走りを煮詰めることも重視。走行テストのおよそ9割を、世界中の公道で行ったという。
新型「スープラ」の世界初公開は、2019年の北米国際自動車ショーで行われる予定。市場投入までの間に、あと1回のアップデートを予定しているという。
新型「スープラ」の世界初公開は、2019年の北米国際自動車ショーで行われる予定。市場投入までの間に、あと1回のアップデートを予定しているという。

[提供元:(株)webCG]Powered by webCG

あわせて読みたいスポーツカーの記事

  • 評論家は新型スープラ・プロトタイプをどう評するのか
    評論家は新型スープラ・プロトタイプをどう評するのか
  • 新型スープラ プロトタイプ試乗レポート
    新型スープラ プロトタイプ試乗レポート
  • TOYOTA GAZOO Racing GRスープラ スーパーGTコンセプトを東京オートサロンに出展 同時にGRシリーズの新型車両を発表
    TOYOTA GAZOO Racing GRスープラ スーパーGTコンセプトを東京オートサロンに出展 同時にGRシリーズの新型車両を発表
  • 【トヨタ スープラ プロトタイプ試乗】これはスポーツカーなのか、というほどに紳士的…岩貞るみこ
    【トヨタ スープラ プロトタイプ試乗】これはスポーツカーなのか、というほどに紳士的…岩貞るみこ

試乗記トップ

  • 試乗記トップへ
    試乗記トップへ