名車・旧車

「極上車」の1990年式トヨタ・スープラ2.0 GTツインターボ エアロトップ エレクトロニクス仕様車 ワイドボディ(GA70H型)を手に入れたオーナーが、あえて普段使いをする理由

「極上車」の1990年式トヨタ・スープラ2.0 GTツインターボ エアロトップ エレクトロニクス仕様車 ワイドボディ(GA70H型)を手に入れたオーナーが、あえて普段使いをする理由

いわゆる「70スープラ」が人生初の愛車だという38歳のオーナー。しかも、ファミリーカーとして手に入れたのが約1年前。なぜこのスープラを選んだのか?その理由とは?

すれ違う人に微笑みを。70歳のオーナーと年間2万キロをともにする1967年式フォルクスワーゲン・タイプI ビートル カブリオレ

すれ違う人に微笑みを。70歳のオーナーと年間2万キロをともにする1967年式フォルクスワーゲン・タイプI ビートル カブリオレ

70歳のオーナーが年間2万キロをともにするという、1967年式フォルクスワーゲン タイプI ビートル カブリオレ。青春時代の思い出でもあるこのクルマ、2人の息子さんに伝えたい想いとは?

昭和~平成を走り抜けた約200台のクルマがサテライト水戸に集結!「昭和のくるま大集合2019」

昭和~平成を走り抜けた約200台のクルマがサテライト水戸に集結!「昭和のくるま大集合2019」

新元号「令和」が発表になり、ついに3代前の元号となった昭和に製造されたクルマたちではありますが、参加者の熱気やクルマそのものが持つ佇まいには、いささかの変化もありません。この日も、会場には200台近い昭和と平成の世を走り抜けたクルマたちが集合しました。

昭和にデビューし、平成から令和へと語り継ぎたい名車。1990年式トヨタ・ソアラ 3.0GTリミテッド エアサスペンション仕様車(MZ21型)

昭和にデビューし、平成から令和へと語り継ぎたい名車。1990年式トヨタ・ソアラ 3.0GTリミテッド エアサスペンション仕様車(MZ21型)

58歳のオーナーが、1990年式トヨタ・ソアラ 3.0GTリミテッド エアサスペンション仕様車(MZ21型)を手に入れたのは12年前。いまだに「コンクールコンディション」ともいえるほど美しい状態を保つこのクルマへの想いとは?

高級車の新しい世界基準。~初代セルシオ~ 現存車を当時のカタログのように撮りおろす

高級車の新しい世界基準。~初代セルシオ~ 現存車を当時のカタログのように撮りおろす

クルマのカタログは、そのクルマの特長や美しさを捉えた写真が収められていて、あたかもクルマの「写真アルバム」のような一面もあるといえます。現存する旧車の“実車”をプロカメラマンが当時のカタログのイメージを生かして撮りおろした「初代セルシオ」をご覧ください。

GAZOO旧車カタログ ~現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた~

GAZOO旧車カタログ ~現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた~

当時のカタログのデザインやコピーを活かしたパロディのカタログを制作してみました。そのクルマが現役だった当時にカタログを手にした方には、どこか懐かしい感じが、初めて見る方には、そのクルマの新しい側面を見ることができると思います。

スプリンタートレノ(AE86)(1986年式) ~現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた~

スプリンタートレノ(AE86)(1986年式) ~現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた~

ガズー編集部では、現存する旧車の“実車”をプロカメラマンが撮りおろし、当時のカタログのデザインやコピーを活かしたパロディを作ってみました。第4回は、“AE86” スプリンタートレノです。過去の名車を、このために撮りおろされた写真でお楽しみください。

クラウン(MS137)(1987年式) ~現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた~

クラウン(MS137)(1987年式) ~現存車を撮影して、当時のカタログをパロディ制作してみた~

ガズー編集部では、現存する旧車の“実車”をプロカメラマンが撮りおろし、当時のカタログのデザインやコピーを活かしたパロディを作ってみました。第3回は、8代目クラウンです。過去の名車を、このために撮りおろされた写真でお楽しみください。

貴重な個体と運命の出会い。1994年式メルセデス・ベンツE320 クーペ (C124型)を愛でる若きオーナー

貴重な個体と運命の出会い。1994年式メルセデス・ベンツE320 クーペ (C124型)を愛でる若きオーナー

25歳の若きオーナーが手に入れたのは、1994年式メルセデス・ベンツE320 クーペ(C124型)。90年代のメルセデス・ベンツが好きなオーナーが一目惚れ!「ボーナイト」という珍しいボディカラーを纏ったこのクルマの魅力とは?

1~30 / 425