ドライブ

ビーナスラインの中でも特に景色のいい区間を走る絶景ドライブルート

ビーナスラインの中でも特に景色のいい区間を走る絶景ドライブルート

中央自動車道の諏訪ICから霧ヶ峰を経て、日本屈指の高原道路・ビーナスラインの中でも特に景色のいい区間を走って白樺湖に向かうコース。霧ヶ峰から白樺湖近くの大門峠までは視界を遮る木々も少なく、車窓風景も満喫できる。このあたり一帯は6月中旬頃からレンゲツツジが見頃を迎える。霧ヶ峰富士見台と道路をはさんだ斜面もレンゲツツジの群生地なので、駐車場を起点にちょっした散策を楽しんでみよう。

初秋の高原でブナ林ハイキングやフルーツ狩りを満喫 長野県飯山市

初秋の高原でブナ林ハイキングやフルーツ狩りを満喫 長野県飯山市

なべくら高原・森の家では一年を通じてブナ林ハイキング楽しめる。飯山の秋はフルーツ狩りの季節。塩崎農園はリンゴやブドウ狩りが楽しめる観光農園で、秋が深まるにつれ収穫品種が増えていく。レストランことぶき村の菜の花せっとも楽しみたい。

北アルプスを眺めながら安曇野の田園風景の中を走る絶景ドライブルート

北アルプスを眺めながら安曇野の田園風景の中を走る絶景ドライブルート

長野自動車道の安曇野ICから安曇野の大王わさび農場に向かうショートコース。寄り先の長峰山山頂へは国道19号を北上し、明科から林道長峰線でアクセス。長峰山は標高1000mに満たない山だが、安曇野の田園風景と北アルプス中部の眺めに定評があり、市民の憩いの場としても親しまれている。近くの光城山を含んだ山域一帯はハイキングも楽しめる。長峰山山頂に通じる道は12月上旬~3月中旬冬期通行止。

山頂からの360度パノラマビューと高原を巡る絶景ドライブルート

山頂からの360度パノラマビューと高原を巡る絶景ドライブルート

長野自動車道の松本ICから美ヶ原スカイライン経由で、標高2000mの台地に牧草地が広がる美ヶ原高原を目指すコース。美ヶ原スカイラインへは浅間温泉からもアクセスできるが道が狭いので、国道254号の松本浅間カントリークラブ側からがおすすめ。思い出の丘は美ヶ原高原を後にした登山者たちが振り返って、来た道を懐かしんだことから名付けられた360度の眺めが楽しめる絶景の丘。県道62号などは11月下旬~4月中旬冬期通行止。

すいている穴場のアクセスルートで行く富士山+南アルプス絶景ドライブルート

すいている穴場のアクセスルートで行く富士山+南アルプス絶景ドライブルート

東名高速道路の大井松田ICから国道246号、小山市街から県道147号・730号を経由して山中湖に向かう、行楽シーズンでもすいているアクセスルート。小山市街から山中湖へは明神峠、三国峠越え。勾配10~18度の急な上り坂はあるが、道は比較的広くて走りやすい。神奈川と山梨の県境の三国峠を越えると急に視界が開け、梨ヶ原を経て富士山山頂まで続く奥行きのある風景を見ることができる。少し坂を下った先がパノラマ台。

箱根屈指のビューロード、箱根&芦ノ湖スカイラインを走る絶景ドライブルート

箱根屈指のビューロード、箱根&芦ノ湖スカイラインを走る絶景ドライブルート

東名高速道路の御殿場ICから長尾峠経由で箱根外輪山を走る有料道路、芦ノ湖スカイラインに入り、富士山や駿河湾を望む三国峠などに立ち寄りながら、芦ノ湖に向かうコース。このコースは三国峠のほか、御殿場の深沢東交差点近くの乙女駐車場、箱根スカイラインの箱根芦ノ湖展望公園、芦ノ湖スカイラインの杓子峠など、ビュースポットが点在する。芦ノ湖スカイラインは湖尻峠~箱根峠間は普通車620円、7~19時通行可。

那須の風景と動物スポットをめぐり、渋滞も回避できる絶景ドライブルート

那須の風景と動物スポットをめぐり、渋滞も回避できる絶景ドライブルート

東北自動車道の那須ICから那須高原へのメインルート、県道17号の混雑を避けて、那須高原スマートIC(ETC搭載車のみ利用可)から県道305号経由で茶臼岳に向かうコース。県道305号は那須連峰の眺めがよく、沿道は牧草地が広がるのどかな道で、那須アルパカ牧場や那須どうぶつ王国など人気のアニマルスポットにも立ち寄れる。大丸温泉入口から那須ロープウェイまでは12月~3月20日頃冬期通行止。

知多半島で海鮮グルメを楽しむおすすめドライブルート

知多半島で海鮮グルメを楽しむおすすめドライブルート

愛知県の人気ドライブスポットが揃う知多半島を巡ります。名古屋市内から有料道路で先端まで繋がっており、ふと思い立った時に出掛ける事が出来る人気日帰りコースです。知多半島の商工業が盛んな半田市は、お酢で有名なミツカン酢が誕生したところです。さらに知多半島を最南端まで南下すると目の前に海(伊勢湾)が登場!天気のよい日は対岸の三重県まで眺める事が出来ます。シーサイドルートを走るとほどなくして、エビフライで有名な「まるは食堂」へ。

熊本・阿蘇を堪能する観光おすすめドライブルート

熊本・阿蘇を堪能する観光おすすめドライブルート

雄大な阿蘇の風景をバックに走る王道ドライブコース。阿蘇ドライブで外せない2つの絶景ロード、ミルクロードとパノラマラインを走り次ぐ。ミルクロードは北外輪山上を通る県道の愛称で、パノラマラインはカルデラ内を走る観光登山道。まずは外輪山の最高峰、大観峰から阿蘇のスケールを眺めよう。大きい阿蘇を体感したらパノラマラインで米塚、草千里ヶ浜へ。緑の大草原を楽しんだら、次は阿蘇最大のみどころ中岳火口。火口までの有料道路もあるが、駐車場に車を停めてロープウェイの利用がおすすめ。

近江八幡、永源寺のおすすめ観光ドライブルート

近江八幡、永源寺のおすすめ観光ドライブルート

名神高速竜王ICから琵琶湖方面に向かい、豊臣秀次が開いたという風情ある近江八幡を散策。このあと進路を東にとり、近江商人発祥の地のひとつとされる東近江市へ向かう。八日市を過ぎ、国道421号をさらに東へ行くと滋賀県を代表する紅葉の古寺のひとつとされる永源寺がある。長命山の中腹にある長命寺へは、ふもとから長く続く石段を利用するのが本来だが、境内の比較的近くまで車で行くことも可能。近江八幡市の八幡堀周辺の観光は、見どころが徒歩圏内に点在しているため、市営駐車場などに車を停めてから散策した方が便利。

羊蹄山~ニセコ 壮大な自然をアクティブに体感!ドライブルート

羊蹄山~ニセコ 壮大な自然をアクティブに体感!ドライブルート

羊蹄山を見渡すドライブは、北海道だからこその圧巻の走りごたえ。ニセコでは、もちろん山あり川ありのフィールドで大自然を満喫するアウトドア体験を満喫。新千歳を起点にし内陸をニセコへ向かうコースは、日帰りの条件では厳しいが、ドライブルートとしては押さえたいエリア。キャンプなど1泊できるなら、大自然のアクティビティを一日中、思う存分に楽しめる。遊びつかれた体は、立ち寄り温泉で癒やしてあげよう。

青森下北半島、本州最北端のおすすめ絶景ドライブルート

青森下北半島、本州最北端のおすすめ絶景ドライブルート

下北半島をぐるっと一周するドライブルート。八戸からは海沿いの国道338号を北上し、走りやすい快適な県道を経由して尻屋崎へ。灯台周辺では放牧された寒立馬が車道に出ることもあるので運転は慎重に。ここからは県道6号を走り、山あいの恐山へ。近くの薬研温泉で一泊したら、むつはまなすラインを経て本州最北端の大間へ。ランチは大間のマグロを堪能しよう。半島の西岸に出ると断崖絶壁の景勝地が続く。願掛岩、仏ヶ浦を走り、山あいの景色が美しい川内町からむつ市へ抜ける。ゴールの青森市内までは国道279号を南下しよう。

琵琶湖周遊、絶景おすすめドライブルート

琵琶湖周遊、絶景おすすめドライブルート

名神高速の京都東ICから西大津バイパス経由で比叡山に向かいドライブウェイを縦走。帰路は琵琶湖畔をたどる絶景ドライブ。比叡山ドライブウェイではガーデンミュージアム比叡の山上庭園から展望を楽しもう。延暦寺でお参りをしたら奥比叡ドライブウェイを走り下り琵琶湖畔の浮御堂へ。国道161号を南へ向かえば雄琴温泉の足湯で疲れを癒せる。紅葉の名所、日吉大社にも立ち寄りたい。

十勝でヒグマ観察&乗馬体験! 親子で遊ぶドライブルート

十勝でヒグマ観察&乗馬体験! 親子で遊ぶドライブルート

帯広市街の西北には大雪山系の裾野が広がり、十勝ならではの体験スポットが充実。ベアマウンテンでは、野生に近い環境でエゾヒグマを至近距離から観察。ガラス越しにヒグマと大接近する「ベア・ポイント」はその迫力に感動!乗馬で十勝の自然を堪能できるウエスタンビレッジは、初心者向けコースもあり。森の中を進み川を渡るワイルドなトレッキングコースが人気で、運がよければ野生の鹿に出会えるかも?締めはモール温泉で有名な十勝川温泉でスッキリ。親子で一緒に遊べるおすすめのルートだ。

妻籠・馬籠を巡る木曽のおすすめドライブルート

妻籠・馬籠を巡る木曽のおすすめドライブルート

石畳が敷き詰められた坂道の馬籠宿、江戸時代の宿場町風情が漂う妻籠宿。中山道の最難所といわれた木曽路に開けた2つの宿場町は、今も昔も旅人のオアシスとして賑わっている。宿場町の散策を楽しんだあとは、山間の自然にたっぷり触れ合う、夏ならではの沢渡りを体験。

富良野~旭川 お花畑とロマンチックな世界にひたるドライブルート

富良野~旭川 お花畑とロマンチックな世界にひたるドライブルート

今や定番中の定番だが、夏のラベンダー鑑賞の目的地として最も名高い、ファーム富田。2時間ほどで、総面積約15万平米の7つの花畑を鑑賞しよう。カフェでひと休みしたり、ショップではラベンダーグッズが充実し、ママも喜ぶこと間違いなし。そのあと、北海道伝統工芸村の施設のひとつ、雪の美術館へ。建物の雰囲気が映画「アナ雪」の氷の城に似ていると話題沸騰。ドレスを着てお姫様になりきった記念撮影もできるので娘さんも大満足!

南紀白浜を堪能する観光・体験おすすめドライブルート

南紀白浜を堪能する観光・体験おすすめドライブルート

関西屈指の温泉リゾート、白浜の海岸沿いをぐるりとめぐり、自然豊かな志原海岸まで足を伸ばすルート。南紀田辺インターから国道42号バイパスを走り、白浜の案内表示を目印に県道33号へ。県道34号の海岸沿いを行くと臨海湾に円月島が浮かぶ絶景が目の前に現れる。さらに県道34号を南へ走ると、白良浜や湯煙があがる源泉を経て、千畳敷、三段壁にたどり着く。白良浜の周辺に食事の店などが集まっているので立ち寄ってみるのもいい。道は高台に向かい、白浜空港を過ぎるとパンダが人気のアドベンチャーワールドの入口がある。

白川郷・五箇山を行く絶景おすすめドライブルート

白川郷・五箇山を行く絶景おすすめドライブルート

白川郷と五箇山の3つの合掌造り集落に加えて、絶景の林道も走る人気のドライブコース。最初に訪ねる白山スーパー林道は、岐阜県と石川県を結ぶ全長約33kmの有料道路。林道といっても完全舗装された道で、観光道路の趣。通り抜けずに、ふくべの大滝付近でUターンしても、迫力ある大自然は十分に満喫できるはず。白川郷に戻った後は、合掌造りの民家が数多く残る荻町合掌造り集落を散策。その後富山県内に入り、五箇山の菅沼と相倉の2つの合掌造り集落まで足をのばそう。

本栖湖周辺のおすすめ観光ドライブルート

本栖湖周辺のおすすめ観光ドライブルート

一宮御坂ICを出て国道137号、県道をすすむと30分ほどで芦川渓谷へ。ここから県道719号でさらに南下していくと、​若彦トンネルをくぐり河口湖で湖北ビューラインと呼ばれる県道21号で西湖畔を抜けて本栖湖へ。深い水色の本栖湖畔で富士山を眺めたら、本栖みちの国道300号を身延へと移動しよう。JR身延線にぶつかればすぐそこは信玄の隠湯のひとつである下部温泉だ。身延山へは富士川を渡った先の国道52号の身延道を南へ。身延トンネルの手前で左折し、県道804号に出る。久遠寺の境内は広大。

鳥取砂丘に行って、湯村温泉に浸かるおすすめドライブルート

鳥取砂丘に行って、湯村温泉に浸かるおすすめドライブルート

世界ジオパークにも認定された山陰海岸沿いを走って絶景を楽しみ、夢千代ゆかりの名湯で温泉情緒を満喫するコース。京阪神から鳥取砂丘へ向かうには、中国自動車の佐用JCTから、現在通行無料の鳥取自動車道を利用すると早くて便利。浦富海岸へ向かう国道178号線は険しい峠道となり、狭いところもあるので運転に注意が必要。湯村温泉の中心部である荒湯へは国道9号から路地に入る。温泉街を散策するなら町の入口2か所の駐車場に車を停めて歩こう。兵庫県立但馬牧場公園へは湯村温泉からのどかな道を走り高原ドライブを楽しめる。

逗子、鎌倉、湘南、江の島、茅ヶ崎 海岸線おすすめドライブデートコース

逗子、鎌倉、湘南、江の島、茅ヶ崎 海岸線おすすめドライブデートコース

今回のドライブは、ヨットハーバーで有名な逗子からスタート!南国リゾートの雰囲気と海からの心地よい潮風が体感できる逗子では、大人のリゾートライフが楽しめます。次に、クルマは風情溢れる古都「鎌倉」の「銭洗弁財天」へ。ここでは一攫千金を夢見てお金を洗う体験が定番です。鎌倉のあとは、湘南シーサイドドライブを堪能。夏は海水浴で大変賑わう海水浴場を眺めながら国道134号を西へ向かう。稲村ケ崎を過ぎたあたりから左手に江の島が。

山中湖、河口湖を楽しむ観光におすすめのドライブルート

山中湖、河口湖を楽しむ観光におすすめのドライブルート

東富士五湖道路の山中湖ICを降りたら、山中湖を眺めながら湖畔をドライブして山中湖テディベアワールドミュージアムへ。ジャンルに捉われずに集められた愛らしいテディベアがいっぱい。吹きガラスやとんぼ玉、万華鏡などの制作体験ができるクラフトの里ダラスヴィレッジは国道413号沿い。併設のバーベキューレストランのオープンテラスで富士山を眺めてバーベキューもいい。富士山を眺めながら山中湖北岸を回って国道138号に入り、東恋路交差点を右折。

781~810 / 1094