ドライブルート

瀬戸大橋、大鳴門橋を渡る 香川・徳島ドライブルート

瀬戸大橋、大鳴門橋を渡る 香川・徳島ドライブルート

本州と四国を結んだ最初の橋が瀬戸大橋。6つの橋梁を結んだ世界最長の橋を皮切りに、淡路島と四国を結ぶゴール地点の大鳴門橋を目標に、可能な限り瀬戸内の海岸線に沿ってひた走る今回のドライブルート。このルートエリアは、数多くの日本映画のロケ地に利用されているので、映画好きの人は、ぜひそのロケ地を巡り、映画を見たときの感動をオーバーラップさせて、再び映画への思いを馳せて下さいね。善通寺、ジョージ ナカシマ記念館、讃州井筒屋敷などをドライブするから、

長崎・平戸ドライブルート 南蛮文化を感じて

長崎・平戸ドライブルート 南蛮文化を感じて

安土桃山時代から江戸時代にかけて日蘭貿易港として栄えた平戸。本土と平戸を結ぶ平戸大橋を渡って、南蛮文化を色濃く残す平戸港周辺の名所を見学しよう。平戸ザビエル記念教会と寺院が重なる町なかの風景は不思議な異国情緒にあふれる。国道に沿って南下していくと平戸最古の教会宝亀教会がある。世界遺産暫定リストにも入る建物は建築学的にも貴重なもの。平戸島のほぼ中央に位置する白亜の紐差教会も美しい。生月大橋で生月島へ渡ったら西海岸を走る道へ。車のCMロケ地ともなったこの道は海沿いの景色がきれいな絶好のドライブロード。

金沢21世紀美術館から千里浜なぎさドライブウェイへ! 石川・能登ドライブルート

金沢21世紀美術館から千里浜なぎさドライブウェイへ! 石川・能登ドライブルート

「金沢21世紀美術館」からスタートし、金沢の文化を感じた後は中能登を通過して七尾を目指します。途中、「千里浜なぎさドライブウェイ」で砂浜ドライブのあとは、里山ドライブ。世界農業遺産の重要拠点「神子原」へ。海の魅力を感じるドライブコースは数あれど、能登の山の魅力を感じるコースはココだけ!海から、山から、マイナスイオンをいっぱい吸って、エコドライブを楽しもう!

全長5kmの海中道路で4島を巡る 沖縄・うるま市ドライブルート

全長5kmの海中道路で4島を巡る 沖縄・うるま市ドライブルート

世界遺産の勝連城跡や中城城跡で琉球王国初期(13~15世紀)の歴史や築城技術を見てみよう。グスク跡は急階段があるので歩きやすい靴で。屋慶名海峡展望台からは、「沖縄の瀬戸内海」の異名をとるだけある湖のように静かな水面と入り組んだ海岸線が美しい景観を見ることができる。全長約4.7kmの海中道路では、青い海の中を走る感覚がたまらない爽快ドライブ。絶景の橋・浜比嘉大橋を渡って夫婦神伝説の残る浜比嘉島へ。ノスタルジックな集落を眺めながら宮城島を抜けて赤い橋を渡れば伊計島だ。

釧路湿原を一望&カヌーからもウォッチング!周遊ドライブルート

釧路湿原を一望&カヌーからもウォッチング!周遊ドライブルート

太古の自然が息づく日本最大級の湿原、釧路湿原を周遊するルート。その魅力を展望台や遊歩道、船上から堪能しよう。湿原東側の細岡展望台は、眼下に蛇行する釧路川&遠くに阿寒連峰が見える絶景ポイント。遊歩道の入口にはビジターズラウンジがあり、湿原の情報収集や休憩に便利。塘路ネイチャーセンターでは、カヌーで釧路川を探検したり、ネイチャーウォッチングなどが楽しめる。お腹が空いたら、JR釧路駅近くにある和商市場へ。市場内の店から好みのネタを選んで自分だけの丼を作る「勝手丼」は釧路名物に。

玄界灘沿いを走り海を感じる 佐賀・唐津ドライブルート

玄界灘沿いを走り海を感じる 佐賀・唐津ドライブルート

唐津から呼子に向かって玄界灘沿いをひた走る自然いっぱいのドライブ。バイパスを抜けて唐津方面に走っていると、車道を包み込む松のトンネルが続く。ここが唐津の玄関口とされる特別名勝、虹の松原。さらに進み唐津市街に入ると、右手に街のシンボル唐津城が現れる。唐津の中心部を抜けて海沿いの国道204号を北上。半島の先端まで到着したら国の天然記念物、七ツ釜へ。豪快で美しい玄海灘の風景をたっぷりと眼に焼きつけよう。漁港として賑わう呼子に到着したら、名物のイカを食べておきたい。

然別湖、旧幸福駅を巡る 北海道 十勝・帯広ドライブルート

然別湖、旧幸福駅を巡る 北海道 十勝・帯広ドライブルート

とかち帯広空港を出発し、まず「愛の国から幸福へ」のフレーズで有名な旧幸福駅へ向かう。定番みやげの切符を購入したら、十勝平野の広大な酪農風景を眺めながら然別湖へ。途中、帯広名物・豚丼や、十勝を代表するスイーツの老舗柳月スイートピアガーデンなどのグルメを味わいたい。然別湖でアクティビティを楽しんだ後、国道237号で糠平方面へ進むと、旧国鉄士幌線アーチ橋梁群が現れる。緑豊かな森と調和する北海道遺産は圧巻だ。

月山花笠ライン沿いの眺望を楽しむ 山形・鶴岡ドライブルート

月山花笠ライン沿いの眺望を楽しむ 山形・鶴岡ドライブルート

夏スキーやトレッキッグコースとして人気がある月山、真言密教の修行地とされてきた湯殿山、出羽三山の中心・羽黒山に加えて、庄内藩十四万石の城下町鶴岡を訪ねる、自然と歴史に触れるコース。スタートの月山ICからは月山花笠ライン経由が一般的だが、旧道の六十里越街道でアクセスしてもいい。道幅は広くないが、月山をはじめとする自然美に定評がある。羽黒山へは庄内柿の産地の中を走る広域農道で。羽黒山は五重塔を皮切りに三神を合祭する羽黒山神社を目指そう。ドライブの締めくくり鶴岡は、市役所駐車場などを起点に散策を。

襟裳岬を目指す 北海道おすすめ 帯広・広尾ドライブルート

襟裳岬を目指す 北海道おすすめ 帯広・広尾ドライブルート

帯広と広尾を結ぶ国道236号は「南十勝夢街道」とよばれ、サイロや牧草ロールの置かれた十勝平野らしい牧場風景が広がる。国道336号に入ると、日高山脈の断崖と大海原に挟まれた黄金道路だ。太平洋の荒波を間近に感じながら、突端の襟裳岬を目指そう。強風吹きすさぶ襟裳岬がいかにも北海道を感じさせてくれる。道中の牧場や道の駅などでは、十勝の大地が育んだミルクを使ったスイーツを味わいたい。

黒川温泉、杖立温泉を巡る 熊本・小国ドライブルート

黒川温泉、杖立温泉を巡る 熊本・小国ドライブルート

全国に知られる黒川温泉を中心に、小国郷の杖立温泉やわいた温泉など話題の温泉地をつないで走る湯巡りドライブ。どの温泉地も日帰り入浴が楽しめる施設や宿が充実しているので、各観光案内所で聞いてみよう。コース最初の杖立温泉は路地裏散策やご当地プリンが人気。コースを通して山あいの風景のなかを走る。

リアスブルーラインを走り抜ける 宮城・松島ドライブルート

リアスブルーラインを走り抜ける 宮城・松島ドライブルート

陸奥国一之宮の鹽竈神社を皮切りに、松島、リアスブルーライン経由で登米を目指すシーサイドルート。ドライブのハイライトは、日本三景の松島。瑞巌寺や五大堂はもちろん、海上から多島美をじっくりと楽しんでもいいし、10~3月なら名物のカキを味わってもいい。天気がよければ、松島四大観の一つ、大高森からの絶景もお見逃しなく。登米は藩政時代の武家屋敷や明治期築のハイカラな洋館が立ち並ぶ町。なかでも、当時の洋風学校建築を代表する教育資料館は必見だ。帰路は三陸道だが、東北道の築館ICや古川ICに向かう手もある。

花人街道を走る 北海道おすすめ 富良野・美瑛ドライブルート

花人街道を走る 北海道おすすめ 富良野・美瑛ドライブルート

富良野から美瑛を貫く国道237号、通称「花人街道」ののどかな景観は感動すら覚える必見ルート。かんのファームは、上富良野町と美瑛町をまたいだスポットで、ここ一帯はパノラマロードとよばれる。道道824号を右に折れ、少し進むと見えてくるのが、広大な面積を誇る四季彩の丘。その後、拓真館でアートを感じてみては。パッチワークの路に移動し、再び花巡りを楽しもう。茶色や黄色のカラフルな光景を眺められるぜるぶの丘・亜斗夢の丘や広大な土地にたたずむセブンスターの木を訪ねれば、美瑛の風景が心に残るはず。

ダイナミックなうずしおクルーズ! 徳島・鳴門ドライブルート

ダイナミックなうずしおクルーズ! 徳島・鳴門ドライブルート

海峡に大小無数の渦が巻くダイナミックな景勝、鳴門のうず潮。このコースでは渦潮観光をメインに、海峡をはさんで向かい合う淡路島と鳴門の見どころを巡る。豪快なうず潮と大鳴門橋を目の前にする道の駅うずしおが最初の目的地。うずしおドームなないろ館は、うず潮観潮船の発着場でもある。海峡クルーズもぜひプランに入れたい。淡路島から大鳴門橋を渡り、鳴門公園内にある大塚国際美術館へ。鳴門ウチノ海総合公園では、鳴門海峡とは対照的な、穏やかなウチノ海の風景が楽しめる。

北海道最北端宗谷岬からクッチャロ湖へ向かう 稚内ドライブルート

北海道最北端宗谷岬からクッチャロ湖へ向かう 稚内ドライブルート

稚内空港から宗谷岬へ。最果ての雰囲気が漂う宗谷岬を後に周氷河期地形と呼ばれる宗谷丘陵と海を眺めながら、そのままオホーツク海沿いの国道238号を軽快に南へ。途中、道の駅さるふつ公園で休憩を。さらに南下して野鳥の宝庫・クッチャロ湖でバードウォッチングを楽しんだら、音威子府へ向かう。天北峠を越えたら音威子府まではすぐ。国道40号に合流したら、少し国道40号を稚内方面に進んでエコミュージアムおさしまセンターBIKKアトリエ3モアでアートを気軽に楽しみたい。

竹久夢二が愛した大正ロマン 伊香保・榛名ドライブルート

竹久夢二が愛した大正ロマン 伊香保・榛名ドライブルート

渋川伊香保ICから伊香保方面へは国道17号線と県道33号線を経由するルートが最短だが、あえて少し遠回りして水沢うどんで有名な水沢地区を通って行きたい。榛名山で榛名湖を眺め、榛名神社に参拝したあとは、榛名山麓にある伊香保温泉へ。市営無料駐車場に車を置いて、伊香保温泉名物の365段の石段や竹久夢二伊香保記念館など、定番の観光スポットで温泉街の雰囲気を満喫。県道33号・国道353号・県道16号を経由して一路赤城山山上の大沼を目指す。

最上川のライン下りと山形そば街道を楽しむ 山形・新庄ドライブルート

最上川のライン下りと山形そば街道を楽しむ 山形・新庄ドライブルート

日本三大急流の一つで、芭蕉の句「五月雨を あつめて早し 最上川」で知られる最上川を舟で下るのが、このコースのハイライト。風景はもちろん、船頭の舟唄とユニークなトークも楽しみ。帰路は、県道34号経由で新庄に立ち寄り、新庄ふるさと歴史センターで新庄まつりの華麗な山車を間近で見学。最上川三難所そば街道でもある国道347号を走って寒河江に向かう。お昼はコシがあって香り高い田舎そばを味わいたい。べに花の里といわれる河北町の紅花資料館で紅花文化にふれ、ドライブの締めくくりのさくらんぼ会館へ。

ニッカウヰスキーの工場を見学する 北海道・積丹半島ドライブルート

ニッカウヰスキーの工場を見学する 北海道・積丹半島ドライブルート

まず最初に訪れるのは、ニッカウヰスキー余市蒸溜所で歴史ある工場建物群やウイスキー造りの見学だ。余市からは積丹半島をぐるりと回る国道229号を神威岬へ向かう。シャコタンブルーと称される海原を車窓に半島をドライブ。奇岩が連なる海岸線や神威岬の絶景はもちろん、お食事処みさきなどで期間限定の積丹産生ウニを楽しむのもお忘れなく。時間に余裕があるならニューしゃこたん号での海中観賞を。澄んだ海が印象的だ。海岸線を抜けた後は、山間を走るニセコパノラマラインに入りニセコエリアへ。

北海道最北端を目指す 稚内ドライブルート

北海道最北端を目指す 稚内ドライブルート

北海道本島の最北端に位置する稚内は、北海道を旅する旅行者ならぜひ足跡を残したい街。旭川から250km余りの長い道のりだが、途中の見どころなどに寄りながらのドライブコースだ。旭川から名寄、音威子府などを通る国道40号を北上して一路、稚内を目指す。ところどころで休憩をはさみながら運転を。天気が良ければ、豊富町の宮の台展望台から絶景が味わえる。日にちに余裕があるなら、フェリーに乗って利尻島、礼文島に足を延ばすのがおすすめ。

美瑛から富良野へ 「北の国から」ロケ地ドライブルート

美瑛から富良野へ 「北の国から」ロケ地ドライブルート

旭川空港から、ヨーロッパのような田園風景が広がる美瑛を抜け、北海道の中心部にある「へその町」、名作テレビドラマ『北の国から』の舞台となった富良野へ。まずは富良野駅近くにある「北の国から」資料館に訪れ、予備知識を蓄えてから麓郷の森や五郎の石の家などのロケ地を巡るのがおすすめ。放映から30年を過ぎた現在も色あせることなく、毎年多くの観光客が訪れる理由がわかるはず。存分にドラマの世界を堪能したら、ワインの製造工程の見学ができ、多様なワインも揃うふらのワイン工場へと向かおう。

日本のモアイ像を見に行こう! 宮崎ドライブルート

日本のモアイ像を見に行こう! 宮崎ドライブルート

蒼い海と空の間を走る、爽快な海岸ルートがメイン。宮崎ICからはゆったりした道幅のバイパスを通って、縁結びのご利益がある青島神社へ。境内へ向かう歩道から鬼の洗濯板と呼ばれる岩礁を見ることができる。そこから国道220号を南下。堀切峠にさしかかると前方がパッと開けて、目の前に太平洋が広がる。左に海を見ながらのドライブは開放感たっぷり。途中にある道の駅やレストランに立ち寄って、地元の味と雄大な太平洋の景色を楽しむのも一興だ。モアイが立つサンメッセ日南や鵜戸神宮など、海に面したスポットも多い。

高原のワインディングロードを走る 松山・愛媛ドライブルート

高原のワインディングロードを走る 松山・愛媛ドライブルート

愛媛と言えば瀬戸内海をはじめ海のイメージが強いかもしれませんが、実は山側にも魅力的な場所や町がいっぱいあるんです!今回は松山から陶器の町・砥部を経由して、見どころ・食べどころ・湯どころいっぱい『伊予の国・内陸部』の旅へ。山に最も分け入ればもう高知、四国カルストの雄大な景色や湧き出す温泉の恵みにも触れつつ、高原のワインディングロードを気持ちよく走ります。この地域は明治や大正、昭和初期に大きく栄えた町も多く、随所に歴史的建築物や近現代建築の巨匠たちが手がけた建物があり、

積丹半島を一望! レトロな小樽ドライブルート

積丹半島を一望! レトロな小樽ドライブルート

北海道の人気観光地である小樽を、山からも海からも楽しむルート。札樽自動車道の小樽ICを降りたらダイレクトに小樽市街に入れる。国道5号のオロロンラインを進んで奥沢十字街の交差点を左折し、小樽天狗山ロープウエイへ。標高532mの天狗山山頂付近からは、市街はもちろん、晴れた日は遠く積丹半島までが一望できる絶好のビューポイントだ。小樽市総合博物館へは、道道697号から真っ直ぐ市街を抜けて小樽運河まで出て、小樽のメインスポットの運河を眺めながら県道17号・454号で。

佐賀関の海の絶景! 大分・別府ドライブルート

佐賀関の海の絶景! 大分・別府ドライブルート

佐賀関の海と空の大きさに出合い、関あじ・関さばに舌鼓!うみたまごは見どころが多いため、じっくり見てまわりたい人は半日はみておこう。コース全体を通してアップダウンや急カーブが少ない走りやすい道が続くが、国道10号や国道197号は交通量が多いので運転は慎重に。コースのハイライト臼杵石仏は臼杵ICまで約5分とその近さもドライブ初心者にはうれしいところだ。

温泉を楽しむ 鹿児島・霧島ドライブルート

温泉を楽しむ 鹿児島・霧島ドライブルート

溝辺鹿児島空港ICを下りたら、鹿児島空港前を通って嘉例川駅へ。古い木造の駅舎は周囲の里山の風景と相まって、なんともノスタルジックな雰囲気。天降川の清流を遡るように進むと、坂本龍馬が傷を癒すために逗留した塩浸温泉にたどり着く。妻お龍と訪れたという霧島神宮に立ち寄れば、ハネムーン気分を味わえるかも。避暑地としても人気の霧島からさらに標高の高いえびの高原は、手つかずの自然が多く残る場所。火口湖を巡るトレッキングコースなどもあり、気軽に散策を楽しめる。

241~270 / 388