トヨタ 試乗記

トヨタ ハリアー 新型試乗 リニアな加速にサウンド、ガソリン車が輝いて見えた…九島辰也

トヨタ ハリアー 新型試乗 リニアな加速にサウンド、ガソリン車が輝いて見えた…九島辰也

4世代目『ハリアー』の特徴はハードウェアである。ご覧のようにデザインはキープコンセプトで、大きな変化は感じない。相変わらずスタイリングはシュッとしていて、SUVクーペ的ニュアンスが強い。都会的なイメージのあるハリアーにはぴったりだ。

【試乗記】トヨタ・ハリアー プロトタイプ

【試乗記】トヨタ・ハリアー プロトタイプ

都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。

[トヨタ RAV4 PHV 新型試乗]RAV4としてもトヨタのPHVとしても「過去最高」…島崎七生人

[トヨタ RAV4 PHV 新型試乗]RAV4としてもトヨタのPHVとしても「過去最高」…島崎七生人

2019年4月に導入された5代目『RAV4』は、「“カーライク”な市場トレンドとは一線を画すSUVのワクドキ、強いアイデンティティが支持されている」とトヨタでは分析。今回の『RAV4 PHV』は、そんなポジショニングをさらに突き抜けるモデルとする役割を担っての登場という。

【試乗記】トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)

【試乗記】トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)

トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。

【試乗記】トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)

【試乗記】トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)

全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?

【試乗記】トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)

【試乗記】トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。

【試乗記】トヨタ・グランエースG(FR/6AT)

【試乗記】トヨタ・グランエースG(FR/6AT)

トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。

ヤリス vs フィット 比較試乗 シトロエン風のフィットと、ポロ的なヤリス。走るほどに鮮明な違い…走行性能編

ヤリス vs フィット 比較試乗 シトロエン風のフィットと、ポロ的なヤリス。走るほどに鮮明な違い…走行性能編

乗れば乗るほど違いが鮮明になる。ホンダ『フィット』とトヨタ『ヤリス』は、同じセグメントであるものの、そもそものコンセプトが違うのだから当然だが、この2車は“走り”の部分においても差は大きい。

1~30 / 533