モビリティ

リアルとバーチャル融合で見えないものを可視化、日産が新コネクト技術をCES 2019で発表へ

リアルとバーチャル融合で見えないものを可視化、日産が新コネクト技術をCES 2019で発表へ

日産自動車(Nissan)は、米国ラスベガスで1月7日に開幕するCES 2019で、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の世界を融合することによってドライバーに見えないものを可視化し、新たなコネクテッドカー体験を生み出す「Invisible-to-Visible(I2V)」技術を初公開する。

トヨタ、配車サービス車両向けトータルケアサービス開発…まずはグラブが運用へ

トヨタ、配車サービス車両向けトータルケアサービス開発…まずはグラブが運用へ

トヨタ自動車(Toyota)は12月18日、配車サービス事業者向けに、トヨタ販売店と配車サービス事業者が共通の情報プラットフォーム上で車両データを共有し、車両管理、保険、メンテナンスなどを一貫して行う配車サービス車両向けトータルケアサービスを開発した、と発表した。

トヨタ自動車が、世界に先駆け車両のトータルケアを実現したモビリティ・サービス・プラットフォームをグラブに提供

トヨタ自動車が、世界に先駆け車両のトータルケアを実現したモビリティ・サービス・プラットフォームをグラブに提供

トヨタ・モーター・アジア・パシフィックはグラブに対して、トヨタが提供するコネクテッドカーのインフラである「モビリティ・サービス・プラットフォーム」を軸にした車両管理、保険、整備等のトータルケアを、グラブがシンガポールで運行する配車サービス用車両1500台に対して提供していくことを明らかにした。

5Gを活用し、建機の遠隔操作による2台連携作業に成功---KDDI、大林組、NEC

5Gを活用し、建機の遠隔操作による2台連携作業に成功---KDDI、大林組、NEC

KDDI、大林組、日本電気(NEC)は、12月3日から14日まで大阪府茨木市にて建設中の安威川ダムの施工エリアの一部を使用して、次世代移動通信システム「5G」を活用し、2台の建設機械を遠隔操作により連携させる作業の実証試験を実施し、成功させた。3社が14日、発表した。

61~90 / 129