ニュース

【ダカールラリー2020】TOYOTA GAZOO Racing フェルナンド・アロンソがリヒテンバーグ400参戦で貴重な経験を蓄積

【ダカールラリー2020】TOYOTA GAZOO Racing フェルナンド・アロンソがリヒテンバーグ400参戦で貴重な経験を蓄積

フェルナンド・アロンソとマルク・コマは、9月13日(金)と14日(土)にかけて南アフリカを舞台に行われたラリーレイド、「リヒテンバーグ400」にTOYOTA GAZOO Racingのトヨタ・ハイラックスで出場し、2020年のダカールラリー参戦に向けて貴重な経験を重ねました。アロンソとコマのスペイン人コンビは、今大会への参戦に先立って実施されたナミビアとポーランドでのテストセッションを順調に終え、南アフリカ・クロスカントリーシリーズの第5戦となる今大会で、ハイラックスによる初のラリーレイド実戦出場を果たしました。

トーヨータイヤ、バハ500参戦の7選手をサポート 世界有数のオフロードレース

トーヨータイヤ、バハ500参戦の7選手をサポート 世界有数のオフロードレース

トーヨータイヤと米国タイヤ販売子会社のトーヨータイヤU.S.A.(TTC)は、9月18日から22日の5日間、メキシコで開催される第1回「SCORE バハ4000」に参戦する7選手をサポート。ピックアップ/SUV用オフロードタイヤ「オープンカントリー」シリーズを供給する。

【ダカールラリー2020】参戦準備進めるアロンソ、トヨタ・ハイラックスでの初実戦も経験

【ダカールラリー2020】参戦準備進めるアロンソ、トヨタ・ハイラックスでの初実戦も経験

1月にサウジアラビアで開催される予定のダカールラリー2020年大会出場に向けて準備を進めている、元F1王者のフェルナンド・アロンソ。9月13~14日にはトヨタ・ハイラックスによる初のラリーレイド実戦出場も果たし、貴重な経験を積んだ。

新型カローラがデビュー! 通信機能の充実やディスプレイオーディオの国内トヨタ初採用など先進のコネクティッドカーに。安全性能も大幅向上

新型カローラがデビュー! 通信機能の充実やディスプレイオーディオの国内トヨタ初採用など先進のコネクティッドカーに。安全性能も大幅向上

TOYOTAは、カローラアクシオとカローラフィールダーの後継として、9月17日に新型のカローラ(セダン)とカローラツーリング(ワゴン)を発表した。グローバルモデルと共通のプラットフォーム(TNGA)の採用、先進のToyota Safety Senseを全車に標準装備、そして国内トヨタ車初となるディスプレイオーディオと次世代DCMを全車標準搭載で最新のコネクティッド機能を実現するなど、次世代に向けたフルモデルチェンジとなっている。

積水化学工業が初出展、4つの新素材で拡販に挑む…フランクフルトモーターショー2019

積水化学工業が初出展、4つの新素材で拡販に挑む…フランクフルトモーターショー2019

積水化学工業はドイツ・フランクフルトで開催中のフランクフルトモーターショー2019に、新規制作したコンセプトカーを初出展した。同社は自動車業界のトレンドである「CASE」の発展を支援する材料の開発および拡販を基本戦略としており、その出展動向に注目が集まった。

未来のSクラスか、メルセデスベンツ ヴィジョンEQS…フランクフルトモーターショー2019[詳細画像]

未来のSクラスか、メルセデスベンツ ヴィジョンEQS…フランクフルトモーターショー2019[詳細画像]

メルセデスベンツが、フランクフルトモーターショー2019で初公開した『ヴィジョンEQS』は、EQブランド初のセダンコンセプトカーだ。「EQS」の「S」は、『Sクラス』を意味しており、将来の大型の電動高級サルーンを提示している。

61~90 / 3893