マツダ ニュース

マツダ、アバルト 124スパイダー のトランスミッション制御コンピュータ不具合でリコール

マツダ、アバルト 124スパイダー のトランスミッション制御コンピュータ不具合でリコール

マツダは7月18日、『ロードスター』の兄弟車であるアバルト『124スパイダー』のトランスミッション制御コンピュータに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年9月2日~2019年3月20日に製造された730台。

マツダ、首都圏ブランド発信のネットワークが完成…関東マツダ新本社リニューアル

マツダ、首都圏ブランド発信のネットワークが完成…関東マツダ新本社リニューアル

マツダの直営販売会社である関東マツダは7月17日に、本社および板橋本店(東京都板橋区)のリニューアル建設が竣工し、報道関係者に披露した。マツダの首都圏におけるブランド発信拠点でもあり、2013年に着手した都内4拠点でのネットワークが完成した。

アテンザ、デミオも海外名称に統一、ロードスターは存続…マツダの思い

アテンザ、デミオも海外名称に統一、ロードスターは存続…マツダの思い

マツダは7月4日、『アテンザ』の一部改良を機に、モデル名を海外名称である『マツダ6』に統一すると発表した。また『デミオ』についても近く予定している商品改良に合わせて同様に『マツダ2』に変える。一方、『ロードスター』に関しては国内モデル名を維持する方針。

マツダ ロードスター 3代目は、最速のスロットルレスポンスを持っていた

マツダ ロードスター 3代目は、最速のスロットルレスポンスを持っていた

初代マツダ『ロードスター』NA型が登場してから30年。2代目NB、3代目NC、現行NDと歴代モデルそれぞれに、数々のエピソードがある。そのなかでも3代目NCについて「当時、最も速かった」部分があるという。新たに商品本部主査に就任した斎藤茂樹氏が教えてくれた。

1~30 / 68