三菱 ニュース

三菱 アウトランダー、5年間の所有コストが最も低い3列中型SUVに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』

三菱 アウトランダー、5年間の所有コストが最も低い3列中型SUVに認定…米『ケリー・ブルー・ブック』

三菱自動車の米国部門は、新車登録から5年間の維持費を調査した『ケリー・ブルー・ブック』の「2020年 5-YEAR COST TO OWNアワード」において、『アウトランダー』(Mitsubishi Outlander)が5年間の所有コストが最も低い3列シートの中型SUVに認定された、と発表した。

【三菱 eKクロススペース・eKスペース 新型】三菱らしさ=SUVテイストによる力強さ[商品担当インタビュー]

【三菱 eKクロススペース・eKスペース 新型】三菱らしさ=SUVテイストによる力強さ[商品担当インタビュー]

三菱自動車はスーパーハイト軽ワゴンの『eKクロススペース』と『eKスペース』を発表した。ハイト軽ワゴンの『eKクロス』と同様にSUVテイストを盛り込んだeKクロススペースがラインナップされたが、どのようにユーザーを差別化したのか。商品担当に話を聞いた。

【三菱 eKクロススペース・eKスペース 新型】印藤執行役「事前受注5000台目指す」

【三菱 eKクロススペース・eKスペース 新型】印藤執行役「事前受注5000台目指す」

三菱自動車は軽スーパーハイトワゴン『eKスペース』を約6年ぶりに全面改良するとともに、クロスオーバータイプの『eKクロススペース』を新設定し、3月19日に発売すると発表した。価格はeKスペースが139万9200~176万7700円、eKクロススペースが165万5500~199万1000円。

【三菱 ekクロススペース・ekスペース 新型】ギラギラ系カスタムから決別、その理由とは[デザイナーインタビュー]

【三菱 ekクロススペース・ekスペース 新型】ギラギラ系カスタムから決別、その理由とは[デザイナーインタビュー]

三菱自動車のスーパーハイト軽ワゴン、『ekクロススペース』と『ekスペース』が6日、正式発表された。これまであった『ekカスタム』は廃止され、その代わりにSUVテイストを強めたekクロススペースが加わったのが大きなトピックだ。

1~30 / 38