トヨタ ニュース

トヨタ自動車が、世界に先駆け車両のトータルケアを実現したモビリティ・サービス・プラットフォームをグラブに提供

トヨタ自動車が、世界に先駆け車両のトータルケアを実現したモビリティ・サービス・プラットフォームをグラブに提供

トヨタ・モーター・アジア・パシフィックはグラブに対して、トヨタが提供するコネクテッドカーのインフラである「モビリティ・サービス・プラットフォーム」を軸にした車両管理、保険、整備等のトータルケアを、グラブがシンガポールで運行する配車サービス用車両1500台に対して提供していくことを明らかにした。

カローラスポーツ のパワーアップ仕様に期待…瀬在仁志【日本カーオブザイヤー2018-19】

カローラスポーツ のパワーアップ仕様に期待…瀬在仁志【日本カーオブザイヤー2018-19】

今年の日本市場で販売される車を代表する「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」は、ボルボ『XC40』が選出された(7日、主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。選考委員の瀬在仁志氏はトヨタ『カローラスポーツ』に満点の10点を投じた。

日本の道を知っているのは クラウン…高山正寛【日本カーオブザイヤー2018-19】

日本の道を知っているのは クラウン…高山正寛【日本カーオブザイヤー2018-19】

トヨタ『クラウン』新型はクラウンを再定義した……。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの高山正寛氏はクラウンに10点を投じた。

日本のクルマ作りに貢献する カローラスポーツ…九島辰也【日本カーオブザイヤー2018-19】

日本のクルマ作りに貢献する カローラスポーツ…九島辰也【日本カーオブザイヤー2018-19】

高く評価しないわけにはいかない……。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が7日、行なわれ、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの九島辰也氏はトヨタ『カローラスポーツ』に10点を投じた。

781~810 / 1204