トヨタ ニュース

トヨタ自動車、普及型予防安全パッケージ、「Toyota Safety Sense」第2世代版を2018年より導入 ― 検知機能拡充により、重大事故のカバー範囲を拡大。高度運転支援の機能も追加し、順次展開 ― ―第1世代の「Toyota Safety Sense」は、日本、北米、欧州でほぼ全ての乗用車に設定を完了―

トヨタ自動車、普及型予防安全パッケージ、「Toyota Safety Sense」第2世代版を2018年より導入 ― 検知機能拡充により、重大事故のカバー範囲を拡大。高度運転支援の機能も追加し、順次展開 ― ―第1世代の「Toyota Safety Sense」は、日本、北米、欧州でほぼ全ての乗用車に設定を完了―

トヨタ自動車(株)は、2015年に導入を開始した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、更なる事故低減への寄与を目指した第2世代システムに進化させ、2018年より順次、各車に導入する。

トヨタ、ヴォクシーならびにノアの特別仕様車を発売 ― 輝きを放つクールな仕様のヴォクシーとモノトーンでスタイリッシュな仕様のノアを設定 ―

トヨタ、ヴォクシーならびにノアの特別仕様車を発売 ― 輝きを放つクールな仕様のヴォクシーとモノトーンでスタイリッシュな仕様のノアを設定 ―

トヨタは、ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)”ならびにノア特別仕様車 Si“W×B(ダブルバイビー)”を設定し、ヴォクシーは全国のネッツ店、ノアは全国のトヨタカローラ店を通じて、11月24日に発売した。

トヨタ、ハイエースならびにレジアスエースを一部改良 ― 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備 ―

トヨタ、ハイエースならびにレジアスエースを一部改良 ― 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備 ―

トヨタは、ハイエース(バン・ワゴン・コミューター)、レジアスエース(バン)を一部改良し、ハイエースは全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット、大阪地区は大阪トヨタ)、レジアスエースは全国のネッツ店を通じて、12月1日に発売する。

トヨタ、「GR」シリーズ4車種を発売 ― 150台限定販売のヴィッツGRMNは商談申込受付を2018年4月に開始 ―

トヨタ、「GR」シリーズ4車種を発売 ― 150台限定販売のヴィッツGRMNは商談申込受付を2018年4月に開始 ―

トヨタは、ヴィッツGRMN、86GR、アクアGR SPORT、プリウスα GR SPORTの4車種を発売する。ヴィッツGRMNは150台限定の販売とし、全国のGR Garage(GRガレージ)および専用WEBサイトにて2018年4月9日より商談申込受付を開始。86GRは2017年12月18日、アクアGR SPORTは11月27日、プリウスα GR SPORTは12月1日より全国のトヨタ販売店を通じて発売する。

トヨタ、第3世代のヒューマノイドロボットT-HR3を発表 ― トルクサーボモジュールとマスター操縦システムにより、離れた場所の操縦者の動作と連動し、しなやかに全身が動くロボットを開発 ―

トヨタ、第3世代のヒューマノイドロボットT-HR3を発表 ― トルクサーボモジュールとマスター操縦システムにより、離れた場所の操縦者の動作と連動し、しなやかに全身が動くロボットを開発 ―

トヨタは、第3世代のヒューマノイドロボットT-HR3を公表した。トルク(力)を制御するトルクサーボモジュールと、全身を自在に操るマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、操縦者と同じ動きをT-HR3にさせることができる。

トヨタ、新ナビゲーションオプションを発売

トヨタ、新ナビゲーションオプションを発売

トヨタは、純正ナビゲーション(以下、ナビ)のオプションとして、「安心機能付きドライブレコーダー(一体型)」、「雨滴除去機能付きマルチビューバックガイドモニター」、「ETC2.0ユニット(ナビ連動タイプ・光ビーコン機能付)」を開発した。全国のトヨタ車両販売店、トヨタ部品共販店を通じて11月21日に発売する。

トヨタ、「ピクシス バン」をマイナーチェンジ、「ピクシス トラック」を一部改良 ―「ピクシス バン」は軽商用車初の歩行者も検知対象とする衝突回避支援システムを搭載 ―

トヨタ、「ピクシス バン」をマイナーチェンジ、「ピクシス トラック」を一部改良 ―「ピクシス バン」は軽商用車初の歩行者も検知対象とする衝突回避支援システムを搭載 ―

トヨタは、「ピクシス バン」をマイナーチェンジ、「ピクシス トラック」を一部改良し、全国のトヨタカローラ店、ネッツ店および、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあった一部のトヨタ店、トヨペット店を通じて、11月14日に発売した。

トヨタ、プリウスの特別仕様車を発売 ― サポカー特別仕様車と期間限定販売のプリウス誕生20周年記念特別仕様車を設定 ―

トヨタ、プリウスの特別仕様車を発売 ― サポカー特別仕様車と期間限定販売のプリウス誕生20周年記念特別仕様車を設定 ―

トヨタはプリウスを一部改良するとともに、2つの特別仕様車を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、11月1日に発売した。なお、特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”は、期間限定で注文を受け付ける。

【東京モーターショー2017】日本版ブラックキャブ…ジャパンタクシー[詳細画像]

【東京モーターショー2017】日本版ブラックキャブ…ジャパンタクシー[詳細画像]

『JPN TAXI』(ジャパンタクシー)は実に22年ぶりの新型タクシー車両で、これまでのセダン型からワゴン型になったのが特徴だ。低床フラットにし、大開口のリア電動スライドドアにするなど、高齢者や車いすの使用者、大柄な外国人などでも快適に乗降できるようにした。

【東京モーターショー2017】トヨタ コンセプト-愛i…新時代の“愛車”めざした[詳細画像]

【東京モーターショー2017】トヨタ コンセプト-愛i…新時代の“愛車”めざした[詳細画像]

「コンセプト-愛i」シリーズは、ドライバーをより理解し、共に成長するかけがえのないパートナーして、新しい時代の「愛車」となることを目指したコンセプトモデル。東京モーターショー2017では、3台のシリーズを展示した。

【東京モーターショー2017】トヨタ車体 LCVコンセプト…次期ハイエースか?アルファードか?[詳細画像]

【東京モーターショー2017】トヨタ車体 LCVコンセプト…次期ハイエースか?アルファードか?[詳細画像]

『LCVコンセプト』は、人に寄り添うクルマづくりへの想いをカタチにした新発想のマルチバン。今回の東京モーターショーでは、「D-カーゴ」「ビジネスラウンジ」「アスレチックツアラー」という3つのスタイルを通して、LCVの魅力を紹介する。

【東京モーターショー2017】トヨタ クラウン コンセプト「ワールドプレミアムに通用するように」

【東京モーターショー2017】トヨタ クラウン コンセプト「ワールドプレミアムに通用するように」

トヨタ自動車が東京モーターショー2017で初披露した『クラウン・コンセプト』のチーフエンジニアを務める秋山晃氏は「一番の目玉はクルマ自体の魅力アップ」とした上で、「ワールドプレミアムに通用する洗練されたデザインと走りの革新を目指した」と語る。

781~810 / 867