マレーシアで人気のカー用品とは!?【東京オートサロン・クアラルンプール2023】

マレーシアのリアルなカーライフを調査するべく、カー用品やカスタマイズパーツを『東京オートサロン・クアラルンプール2023』会場で調査。カスタムに関するルールなどが異なるマレーシアならではの人気商品も!

  • 東京オートサロン・クアラルンプール2023のオートバックスブース

今回の東京オートサロン・クアラルンプール2023レポートは、マレーシアの人気カーアイテム調査。

まずカスタムやチューニングに関してマレーシアでクルマ事情を調査したところ、エンジン関連はルールが厳しいようす。具体的には、後からタービンやスーパーチャージャーなどの過給器を装着するチューニングは合法だが、エンジン自体の排気量をアップしたり違うエンジンに載せ換えたりといった改造はルール的に難しいという話だった。

このあたりは、エンジンを載せ換えたハードチューンもショーやミーティング会場でよく見かける隣国タイとは異なる自動車文化と言えるだろう。

いっぽうで、エアロパーツやボディカラーなどの外装系についてはカスタムの許容範囲も広いようで、エクステリアを派手にカスタムしたクルマも多く、さらにはその延長線で『カーディテイリング』アイテムも人気が高いという。

カーディテイリングとは、いわゆる洗車やコーティングなどの愛車の美しさを保つ作業のことで、会場内のブースを見渡すと、それらに関するアイテムが非常に多い印象を受けた。
そこで今回は、東京オートサロン・クアラルンプール2023の会場で気になったカー用品やアイテムをピックアップして紹介していく。

オートバックスの人気アイテムはエンジンオイル&洗車スポンジ

  • 東京オートサロン・クアラルンプール2023のオートバックスブースの86

日本のクルマ好きなら誰しもが知っているであろう『オートバックス』だが、じつはタイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、台湾、フィリピン、フランスと、ASEAN諸国を中心にヨーロッパでもカー用品販売やメンテナンスサービスをおこなっているのだ。
マレーシアでも“AUTOBACS CAR SERVICE MALAYSIA SDN. BHD."と“G7 RETAIL MALAYSIA SDN. BHD."という合計5店舗(2023年3月現在)でサービスを展開している。

  • オートバックスのエンジンオイル 東京オートサロン・クアラルンプール2023
  • オートバックスの洗車用スポンジ 東京オートサロン・クアラルンプール2023

そんなマレーシアのオートバックスで人気商品を聞くと、定番のエンジンオイルなどの油脂類と、洗車スポンジなどのカーケアアイテムが売れているといのこと。
また、エンジンオイルや洗車スポンジなどメイド・イン・ジャパンをウリにしたオリジナル商品も販売しているそうだ。

東南アジアならではの極濃ウインドウフィルム

  • ウインドウフィルムショップ『COOL SHIELD』 東京オートサロン・クアラルンプール2023

日本ではフロントガラスと運転席および助手席のサイドガラスには、原則として着色フィルムの貼り付けが禁止となっているが、日差しの強い東南アジアでは、日本ではありえないほど色の濃いウインドウフィルムをフロントガラスなどに貼ったクルマも当たり前のように街中で見かける。
そこで、マレーシアで人気のウインドウフィルムショップ『COOL SHIELD』にウインドウフィルム事情について聞いてみた。

  • 『COOL SHIELD』のカーフィルム 東京オートサロン・クアラルンプール2023

『COOL SHIELD』では可視光線透過率(VLC)が70%/50%/20%の3種類から選べるBlack Opticというフィルムを販売・施工しており、すべてのガラスに施工するパッケージでセダン5000リンギット、SUV5800リンギット、MPV6200リンギットという価格設定。ちなみに1リンギット約31円とすると約15~20万円の計算になる。

  • 『COOL SHIELD』のQuartzカーフィルム 東京オートサロン・クアラルンプール2023

そのほか、少しお手頃なQuartzというシリーズのウインドウフィルムもあり、こちらはセダン3500リンギット、SUV4300リンギット、MPV4700リンギットで、日本円に換算すると約11~15万円。
フロントガラスを含めてすべてのガラスに施工した場合の料金とはいえ決して安い金額ではないし、もちろんもっと安価なウインドウフィルムも存在する。しかし、安全な運転と快適性に加え、内装の劣化防止のために高品質な製品を選ぶユーザーも多いそうだ。

マレーシアの人気カーディテーリングブランド『MTX MICROTEX』

  • MTX MICROTEXブース 東京オートサロン・クアラルンプール2023

DIYユーザーをターゲットにしたアイテムを取り扱うカーディテイリングブランド『MTX MICROTEX』。2007年に創業してマレーシアやフィリピンで展開してきたブランドで、現在ではインドネシアやカンボジアなどの東南アジア諸国でもアイテムを販売。誰でも手軽に、かつ美しく仕上げられることから人気を博している。

  • MTX MICROTEXの担当者 東京オートサロン・クアラルンプール2023
  • MTX MICROTEXのカーシャンプー 東京オートサロン・クアラルンプール2023
  • MTX MICROTEXのコーティング剤 東京オートサロン・クアラルンプール2023

そんなMTX MICROTEXで人気なのがカーシャンプーやコーティング剤、インテリアやホイールなどのカーケアアイテム。また、洗車時の拭き上げに使うマイクロファイバークロスも大人気という話だった。

ちなみに商品によっても異なるが、一般的なカーシャンプーやコーティング剤で30リンギット(約950円)前後という話だったので、価格的には日本とそこまで変わらない印象だ。

マレーシアでも盗難防止のためにドラレコが普及中

  • 70mai Technologyのブース 東京オートサロン・クアラルンプール2023
  • 70mai Technologyのドライブレコーダー 東京オートサロン・クアラルンプール2023
  • 70mai Technologyのドラレコ 東京オートサロン・クアラルンプール2023

日本では装着率が急激に高まってきているドライブレコーダーだが、マレーシアでも最近では普及が進んでいるとのこと。ブース出展していた中国のドライブレコーダーブランド『70mai Technology』では、1カメラタイプや2カメラタイプ、バックミラー内蔵タイプ、360度監視タイプなど、さまざまな商品が展示されていた。ちなみに70mai Technologyのドライブレコーダーは日本でも販売されている。

このようにマレーシアでは、洗車やコーティングなどでクルマを美しく保つことはもちろん、劣化を防ぐためにフィルムを施工するといった、愛車への高い美意識を肌で感じることができた。

(文:三木宏章 写真:平野 陽、三木宏章)

東京オートサロン