【東京モーターショー2017】ミツビシ e-エボリューション コンセプト、世界初公開へ

ミツビシ e-エボリューション コンセプト
三菱自動車は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」にて、「ミツビシ e-エボリューション コンセプト」を世界初披露する。

ミツビシ e-エボリューション コンセプトは、クロスオーバーSUVタイプの新世代ハイパフォーマンスEVだ。フロントに1機のモーターとリヤに新開発の「デュアルモーターAYC」を搭載したトリプルモーター方式の4WDシステムを採用。EVの高効率・高応答・高精度という特性を活かし、日常走行からスポーツドライビングまで全ての速度領域で、意のままの安全で快適なドライビングを実現する。

同コンセプトモデルは、車載AIがドライバーの運転をアシストする機能も搭載。数多くのセンサーで刻々と変化する道路環境や交通状況を認知し、さらにその瞬間のドライバーの操作からドライバーの意思を的確に読み取ることで、安全で快適なドライビングを提供する。また、車載AIがドライバーの運転技量を把握し、運転技量を向上させるメニューを考え、音声対話や前面大型ディスプレイ表示を使ってアドバイス。運転技量に関わらず、知らぬ間に意のままのドライビングを楽しめる一方、時にはコーチング機能を活用したドライビングを行うことで、今まで以上にクルマを乗りこなす楽しさも提供する。

さらに、来春の発売を予定している新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」(日本仕様)を日本初公開。行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン、新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィールを特長としている。

そのほか三菱自動車ブースでは、『アウトランダーPHEV』『アウトランダー』『デリカD:5』『RVR』『eKカスタム』『eKスペース カスタム』といった国内で販売する主力モデルを展示する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス