【東京モーターショー2017】マツダ、次世代技術と次世代デザインを一般公開へ

次世代商品コンセプトモデル
マツダは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に、次世代技術およびデザインの方向性を示すコンセプトモデル2台を出展する。

世界初公開となる次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルだ。ガソリンエンジンでの圧縮着火を世界で初めて実用化した「SKYACTIV-X」と、乗り心地や静粛性などの向上を図った次世代車両構造技術「SKYACTIV-ビークル アーキテクチャー」を採用し、全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能を実現。また、次世代デザインをコンパクトカーのフォルムに凝縮し、マツダが考える理想的なコンパクトハッチバックを目指した。

一方、次世代デザインビジョンモデルは、2012年の『CX-5』導入以来、世界中から高く評価されてきたマツダの魂動デザインの表現方法をさらに深化。次世代デザインの考え方を具現化したモデルとなる。

マツダブースではそのほか、12月に発売を予定している新型3列シートクロスオーバーSUV『CX-8』、ダークチェリー色の幌やオーバーン(赤褐色)のナッパレザーインテリアを採用した『ロードスター』の特別仕様車「レッドトップ」、『デミオ』の特別仕様車「ノーブル クリムゾン」などを展示する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス