トヨタハイブリッドシステムを進化、洗練させた カムリ を評価…桂伸一【カーオブザイヤー2017-18】

トヨタ・カムリ
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの桂 伸一氏はトヨタ『カムリ』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

もう一度セダンに振り返らせる斬新な造形。室内空間を大きく広く見せるデザインも優れている。

HVでありながら、EV走行の多さに目を見張る。EVカーに対するHVカーの優位性を示しているようで、あらゆる意味でパワフルだ。

このサイズのセダンを時には【無音】で、時には力強く極めて軽快で滑らかな走行を可能にしながら、優れた環境性能であること。トヨタ・ハイブリッドシステムをより進化、洗練させた事を高く評価する。

☆☆☆

全投票点数
トヨタ『カムリ』:10点
ボルボ『XC60』:8点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:3点
スズキ『スイフト』シリーズ:2点
マツダ『CX-5』:2点

桂伸一|モータージャーナリスト/AJAJ会員
国産車全般から輸入車まで広範囲に試乗してユーザー目線、乗った雰囲気が伝えられるレポートを目指している。乗れて、語れないことには始まらない職種なので、ドライビングスキル向上も含め、幼少の頃からの憧れの職業であったレーシングドライバーを目指し、実現した。ただし、その肩書きは、近年、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間レースでのみで、と但し書きの必要だが、海外メーカーに対しては、ニュルでのレース経験というだけで、一目置かれる。それは海外メーカー首脳陣、社長はもとより開発の現場に携わる者すべてが、実に高いドライビングスキルの持ち主だから、ジャーナリストにも本物の腕が問われていることは彼らと話して実感した。

(レスポンス 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP)

[提供元:レスポンス]レスポンス